FC2ブログ

ウェーバー作曲の『クラリネット協奏曲第2番』

今週から新学期が始まり、レッスンが始まりました。


IMG_0937[1]
新学期最初のレッスンでやった曲は、ウェーバー作曲の『クラリネット協奏曲第2番』

この曲はドイツの作曲家、カール・マリア・フォン・ウェーバーが書いたクラリネット協奏曲の2曲目です。



ウェーバーはクラリネットのための曲をいくつか書いているのですが、それは当時クラリネットの名手だったハインリヒ・ヨーゼフ・ベールマンと出会ったからなのです。

ベールマンのクラリネットの美しさに感動したウェーバーは、彼のために『クラリネット小協奏曲』をたった2週間で書き、ミュンヘンの宮廷管弦楽団とベールマンのソロで初演されました。

これを聴いたバイエルン国王マクシミリアン1世は大いに感動!
ウェーバーはさらに2曲のクラリネット協奏曲を書くように命じられ、『クラリネット協奏曲第1番、2番』が出来上がったのです。


その後はさらに『クラリネット五重奏』も書かれ、1813年のベールマンの誕生日に3楽章までが贈られ、1815年のベールマンの聖名祝日に第4楽章が贈られ、その年に初演されました。

そんな互いに尊敬し合った2人の音楽家の出会いによってできた曲たちなのです。



今週レッスンしてもらった協奏曲2番は、ものすごいきれいな曲で、その旋律の美しさにうっとりしてしまいます。

短調である協奏曲1番とは反対に、2番は長調。
クラリネットの広い音域を幅広く使い、名人芸が盛り込まれた華やかな曲です。


ソロの始まりは、最初の1音から一気に3オクターブ下の2音目へ跳躍!
これを美しく演奏するのは本当に難しいし、付点のタッカタッカのリズムがたくさん出てくるし、細かいアーティキュレーションをはっきり吹くのは難しいし、、

とりあえず課題がいっぱいです(;_;)
スポンサーサイト

コメント

Yozakura

ウェーバーのピアノ小協奏曲を思い出しました
初めまして
 ネット伝いに漂着した者です。冒頭に紹介されています「クラリネット協奏曲の楽譜の頭書」ですが、以下の翻訳で宜しいでしょうか?

*****
曲名:クラリネットと管弦楽のために作曲された協奏曲第二番(変ホ長調)
指定楽器:B管のクラリネット
作曲者:マリア・カルロス・フォン・ウェーバー
編集者:ギュンター・ハウスヴァルトの校訂編集による
*****

 この日の記事の途中に登場します「クラリネット小協奏曲」の表記に、ふと、その昔50年ほど前に聞いた「ウェ-バーのピアノ小協奏曲」の旋律と曲想が蘇りました。
 長編仕様の本格的な協奏曲よりも寧ろ、こうした「曲想の発生と、インスピレーションの具現化を重視し、作曲者の感情の高揚とその再現を優先した中篇的協奏曲」が、ウェーバーには適していた模様ですね。
 著名な動画共有サイトにて、お奨めの「クラリネット小協奏曲」を探してみます。どうぞ、留学生活をお楽しみ下さい。

YukihaCL

Re: ウェーバーのピアノ小協奏曲を思い出しました

Yozakura様、始めまして。
記事を読んでくださり、コメントまでしてくださりありがとうございます。

ウェーバーの曲はどれも素敵ですよね。
ありがとうございます。楽しみながら留学生活をおくれるよう頑張ります。
非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索