• レッスンを受けに学校へ。今日のレッスンでは、まだ今までみてもらったことがなかった曲、Pierre Revel(ピエール・ルヴェル)作曲の『Fantasie(ファンタジー)』のレッスンを受けました。ルヴェルはフランスの作曲家で、1901年にNattages(今はParves et Nattages)という町で生まれ、1984年に亡くなりました。CNSM(パリ音楽院)の作曲の先生で、オルガニストでもありました。驚いたことが、ルヴェルの生涯などの情報をネットで調べた... 続きを読む
  • わたしはフランスに音楽留学をしているのですが、前からドイツにも少し興味がありました。ドイツには素晴らしいクラリネット奏者がたくさんいて、レベルの高い学校もたくさんあって、フランスと同じようにクラリネットを学ぶ環境がとても良い国だと思います。そんなドイツの音楽講習会に一度参加してみたいなと思っていて、今年思い切って応募してみました!その講習会のクラリネットの先生は、ウィーンフィルの首席クラリネッティ... 続きを読む
  • クラリネットのマウスピース(口にくわえる部分)とリード(振動して音源となる部分)を固定する部分をリガチャーといいます。リガチャーにはいろんな種類があって、形はもちろん色の違いによっても音が変わり、奏者が好きなものを選びます。わたしが今使っているリガチャーはシルバースタインという種類で、1年前に購入したものです。こんな立派なケースに入っていました。これに使用されている紐のような部分は、NASAの火星探査機に... 続きを読む
  • 先週は祝日だったので、2週間ぶりのレッスンに行ってきました。今日からレッスンを始めた曲は、ロシアの作曲家エディソン・デニソフが書いた『クラリネット・ソナタ』です。デニソフは1929年、放射線の専門家である物理学者の家庭に生まれ、彼の親はあの有名なアメリカの発明家エディソンにあやかって、その名前を子供の苗字につけてしまい、エディソン・デニソフとなりました。デニソフは最初は数学を専攻して博士号も取得したの... 続きを読む
  • クラリネットのレッスンを受けに学校へ。この日はストライキで、RER A線は本数が少なくて満員電車に押し込まれます。楽器のリュックが電車のドアにはさまれそうになるくらいギリギリでしたが、なんとか電車に乗り込めました。エッフェル塔を横目に見ながら、学校まで歩きます。2日前に試験が終わったばかりで、今日のレッスンまでに新しい曲を練習できる時間があまりなかったので、エチュード(練習曲)を2曲見てもらいました。小さ... 続きを読む

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索