リスボンのベレン地区にある世界遺産をたずねて

ポルトガルの首都リスボンのベレン地区。
ここには、大航海時代を代表する歴史的な建物が建てられています。

リスボンの世界遺産を一気に見れちゃいます。



目次
■ベレン地区への行き方
■ジェロニモス修道院
■発見のモニュメント
■ベレンの塔
■レトロな市電に乗って




ベレン地区への行き方
メトログリーンラインの終点カイス・ド・ソドレ(Cais do Sodré)駅から、列車、バス、市電があります。

列車→カスカイス行きベレン駅で下車
バス→714番、728番
市電→E15


今回は行きは728番のバスで、帰りは市電に乗りました。

IMG_1028[1]
6.3ユーロの1日乗車券が使用可能です。


QRRN0526[1]
この道路の真ん中にバス停があります。

バスは30分ほど揺られて、海を見ながらベレン地区に向かいます。





ジェロニモス修道院
JAOS4935[1]

ヴァスコ・ダ・ガマによるインド航路開拓やエンリケ航海王子の偉業を称えて、マヌエル1世によって1502年に着工され、19世紀にようやく完成した修道院です。
大航海時代の富をつぎ込んで作られました。
完成までには1世紀もかかりましたが、「ポルトガルが誇るマヌエル様式建築の最高傑作」とも言われるそうです。

1983年に世界遺産に登録されました。


中はとても素敵なのだそうですが、中まで見る時間がなかったのが残念でした(;_;)


ジェロニモス修道院秘伝の味パステル・デ・ナタを食べたいならこちらから↓
ポルトガルで1番おいしいパステル・デ・ナタを食べに行こう!




発見のモニュメント
IMG_1102.jpg

最初は、ポルトガルで開催された1940年の国際博覧会の象徴として造られましたが、その後1960年に、大航海時代を築いた需要人物のひとり、エンリケ航海王子の500回忌を記念してコンクリートで再度造られました。


IMG_1114.jpg
中にはリスボンの歴史が展示してあり、エレベーターで屋上まで上れるのだそうです。


IMG_1110.jpg
エンリケ王子を先頭に、アフォンソ5世、ヴァスコ・ダ・ガマ、ペドロ・アルヴァレス・カブラル、マゼラン、フランシスコ・ザビエルなど世界史の授業で出てきた名前の大物たちの像が並んでいます。

GGSD4995[1]



IMG_1113.jpg
モニュメントの前の広場には、1960年に南アフリカ共和国から贈呈された、世界地図と各地の発見年号が記されたモザイクがあります。

ここには日本が発見されたのは1541年となっていて、これはポルトガル船が豊後に漂着した年なのだそうです。


IMG_1042[1]
隣には船がたくさん停まっています。

IMG_1109.jpg
4月25日橋も見えます。




ベレンの塔

DOJR0712[1]

WBQS8463[1]

ベレンの塔はマヌエル1世の命で1515年に着工され、1520年に完成しました。
ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して、テージョ川を行きかう船を監視する要塞として造られ、後には税関や灯台としても使われました。
1983年に世界遺産に登録されました。


IMG_1123.jpg
近くにはこんな飛行機が置いてあって、歴史博物館もあります。




レトロな市電乗って

IMG_1059.jpg
帰りは市電に乗りました。
乗った市電は写真の番号とは違います。



IMG_1074[1]
リスボンの市電はとっても古くて味があります。
まるで昔にタイムスリップしたような内装で、ガタンゴトンと揺れながら進みます。


市電は道路の線路の上を走るのですが、途中でなんと、線路上に駐車してしまっている車があって進めなくなってしまいました。

運転手さんはクラクションを鳴らしまくります。

「ビィwwwwwwwwww」


やっと車の持ち主が出てきたと思ったら、何も言わずに車に乗って逃げて行ったようです。

市電はゆっくりだし狭いし不便なこともありますが、リスボンにきたらやっぱり乗ってみたいですよね。




スポンサーサイト

ポルトガルで1番おいしいパステル・デ・ナタを食べに行こう!

ポルトガルの伝統菓子「パステル・デ・ナタ」というエッグタルトがあります。
ポルトガルではパン屋さんやケーキ屋さん、スーパーや駅などどこでも見かけます。



ポルトガルで一番おいしいパステル・デ・ナタが食べられるのはどこかというと、、


リスボンにあるパステイス デ ベレン(Pasteis de Belém)というお店!!


1837年創業で、すぐ近くに建っているジェロニモス修道院から伝えられた、昔ながらのパルテル・デ・ナタの作り方を今でも守っているお店です。
とても人気店で、客さんの列が耐えないそうです。

学校のクラリネットの先生も「リスボンに行くならパステイス デ ベレンのパルテル・デ・ナタだけは食べておいで!」なんて言っていたので、並ぶのは覚悟で行ってみることにしました。



USUS9980[1]
着きました、パステイス デ ベレンです。


NMVB6617[1]
これがうわさのナタですね!



14時ごろ着くと、外に列ができていました。
今日の朝は台風のような大雨と風で、観光客はもしかしたらいつもより少ないかなあ、なんて思っていたのですがそれでもたくさんの人が集まっていました。

それほどおいしいんですね、このお店のナタは!



期待をしながら中へ入りました。

列はテイクアウトと中で食べる人のための2つあって、テイクアウトの列は外、中で食べたい人は店の奥にまた違う列があります。


どちらも列は長いですが、中で座って食べるのでも、席数はたくさんあるしお客さんの回転が早いので意外とすぐに順番が回ってきます。
しかも、中で注文するときに包んでくださいってお願いすれば、テイクアウトもできちゃうんです。


LJLV8390[1]
テイクアウトはこんな感じです。


FIVW2258[1]
お店の中はこんな風に広くて、壁のアズレージョがきれいなんです。


列に並んで、30分ほどで座れました。
店員さんたちはみんな忙しそう、、


AHNO7777[1]
メニューです。

ナタ以外のものもありますが、やっぱりここまで来たんだからうわさのナタをしっかり味わいたいですね。



ポルトガルで一番おいしいナタがこちら!!!



IMG_1035[1]
う~ん、おいしそう♪

アズレージョ柄のカップで飲み物がくるのがまた良いですね。

さあ、いただきます!




おおおおお!!!!!
うっっま!!!!!


外のパイ皮は400度の高熱で焼いているそうで、まるで揚げ物のようでカリッカリ。
中は、なめらかで甘すぎないクリームがたっぷり入っていてとろけるようなおいしさ。


テーブルにはシナモンと粉砂糖が置いてあるので、好きなようにかけられます。
かけた方がおいしいなあ。


いやあ、うわさには聞いていたけどこんなにもおいしいのかあ。
食べてよかった。


しかも1つ1.1ユーロで食べられるとか、こんな有名なものがそんなに安くていいのかな?


食べるまで待ったけど、おいしすぎたのでそれでも全然満足!!



甘い物好きには、リスボン旅行でここははずせませんね(*^_^*)





お店情報
住所→Rua de Belem, 84-88 1300-085 LISBOA
営業時間→8:00~23:00



↓おいしいナタを食べた後は、すぐ近くにある世界遺産を見に行こう!
リスボンのベレン地区にある世界遺産をたずねて

丘の上にある素敵な教会、絶景を見たいならブラガのボン・ジェズス教会には行って損なし!

ポルトから日帰りで行けるブラガという町。
ここの中心から少し離れた海抜400mの丘の上に、とっても素敵な教会が建っているんです。


ブラガの中心からは、バスで20分ほど。

2番のバスが教会の下に着くようですが、わたしたちは違うバス(たしか88番)に乗ったので、教会の上にあるバス停で降りて、上から降りていくことになってしまいました。

教会を見たときの、はっっとした気持ちを味わうためには、やっぱり下から上って行く方が正解ですね。


バスはくねくねと山を上っていきます。バスの運転手さんはこんなところでもなれているので運転が上手。


IMG_0826[1]
着きました。ここが上の入口です。




さあ、その素敵な教会というのがこれです!!



IMG_1023.jpg
わあお!!このすごい迫力!!

丘の傾斜を使って、こんな風に教会を建ててしまうなんて、、
今までみたことのない感じ。

教会は1784年から1811年にかけて建てられ、ブラガの建築家カルロス・アマランテが作ったものです。



IMG_0869[1]
ブラガの街並みが見渡せちゃいます。この日は、雨でしたが、それでもよく見渡せました。



階段は、下が五感の階段、上が三徳の階段と呼ばれています。

IMG_0880[1]
ここから五感の階段です。
見たまんまでわかりやすくて面白かったです。


IMG_0879[1]
【視覚の泉】


IMG_0878[2]
【聴覚の泉】


IMG_0877[1]
【嗅覚の泉】


IMG_0876[1]
【味覚の泉】


IMG_0875[1]
【錯覚の泉】



そして、三徳の階段を上ります。信仰・希望・博愛を表しているんだそうです。

IMG_0874[1]


IMG_0873[1]


セマナ サンタというイースター前の1週間には、たくさんの巡礼者が膝をついて祈りをささげながら階段を上っていくのだそうです。




上に上って振り返ると、、



IMG_1011_20180304195023adb.jpg
はあ~なんて素敵なんだあ!
思わずため息が出てしまう景色。


IMG_0849[1]


IMG_0998.jpg


IMG_1000.jpg
上はこんな感じになっています。


IMG_0870[1]


IMG_0834[1]
教会の前のモーゼス広場は、ポルトガル庭園建築の中で最も美しいもののひとつなんだとか。


IMG_0871[1]
そして、教会の前に立っている像は、キリスト教の処刑に携わった8人だそうです。


教会の中もとっても素敵でした。

IMG_1239[1]


IMG_1240[1]








帰りは2番のバスに乗ります。

IMG_0883[1]
教会からバス停へ降りていく道は森の中。礼拝堂が点々と建っています。


IMG_0886[1]
森を抜けると、こんな門のようなものが。
本当は最初ここから入るんだったのですね。



IMG_0893[1]
2番のバスが来ました。


IMG_0891[1]
帰りのバスの時刻表はこちら。





冬に行くととても寒くて天気が悪いことも多いですが、それでも行って良かったあ!とても満足できる場所でした(´∀`*)





ボン・ジェズス教会
住所→Bom Jesus do Monte - Tenoes 4700 Braga



ブラガのおしゃれなカフェはこちら↓
ポルトガルのブラガに着いたら、おしゃれカフェTibias de Bragaでまずは一服

ポルトガルのブラガに着いたら、おしゃれカフェTibias de Bragaでまずは一服

HBCQ7269[1]
ポルトから電車で約1時間。ブラガという町にやってきました。



IMG_0785[1]
旧市街地の入口には、アルコ・ダ・ポルタ・ノヴァという鳥居のようなものががあります。

そのすぐ近くの青い建物、これがTibias de Bragaというカフェです。



IMG_0974.jpg
今日は寒いのでテラス席はやっていませんでしたが、温かい日に外でカフェしたら最高だろうなあ。



IMG_0978.jpg
とってもかわいい店内。


MSRZ5946[1]


IMG_0976.jpg
おいしそうなケーキたちが並んでいます♪

ポルトガルに来て思うのですが、ポルトガルではものに値段をつけていないお店が多いなと思いました。

ここもケーキには値段が何も書いていなくて、いくらかわからないいまま食べたいケーキとコーヒーを注文。



少し待つと出てきましたよ、おいしそうなケーキたちが(*≧∪≦)


IMG_0982.jpg
わあお!


WZVN0410[1]
これは、中にカスタードクリームが入ったドーナッツのようなもの。ふわっふわです。
シナモンがかかっているのがまた良いですね。


MLDZ7523[1]
こちらも中にクリームが入っていて、チョコがかかっています。
サクサクでうまっ。


店員さんはとっても親切。

お客さんは、朝のひと時を新聞を読みながらコーヒーとケーキでゆったり過ごしているような人がちらほらいるだけで、とても静かな空間でした。


ただ、途中で急に修学旅行中のような中学生くらいの団体が先生と一緒に入ってきて、店内は一気に満席に。
ものすごくうるさくなって、行儀が悪い子達もいて残念、、、

何で修学旅行でこんなおしゃれなカフェにくるんだ、、謎すぎる。

でも普段は、雰囲気の良い素敵なカフェだと思います。



そして、驚きなのがお会計の値段。

IMG_0795[1]
アメリカンコーヒーが0.75ユーロに、ホットチョコが1.5ユーロ、そしてケーキは1つ0.75ユーロ!!?

安っ!!


もしパリで同じだけ注文したらこの3倍くらいの値段かなあ。
いやあ、ポルトガルっていいなあ。



ポルトガルのブラガに行く機会がありましたら、是非Tibias de Bragaで一服してみてください♪





お店情報
Tibias de Braga
住所→Conde de Agrolongo 30, 4700-210 Braga, Portugal
電話→ +351 253 035 625
営業時間→7:30~21:00


ポルトを旅行するなららここがおススメ!ポルトの見どころ

ポルトガルの第2の都市ポルトへ行ってきました!


ポルトは今ポルトガルの商工業の中心として栄えています。

昔々ローマ帝国が衰退してから、西ゴードの時代、そして8世紀にイスラム教徒が支配します。
そして11世紀、イスラム教徒から国土を取り戻したフランス人貴族は、その報酬としてドウロ川とミーニョ川に挟まれた地域をもらいました。

彼はポルトガルにフランスのブドウの苗を持ち込んだのだそうです。

その息子が国土をさらに南に広げ、いまのポルトガルができあがりました。


ポルトはポルトガル発祥の地であり、フランスとも関わりが強いようですね。



さあ、そんなポルトの見どころをお伝えしたいと思います。


目次
■ドン・ルイス1世橋
■レロ・エ・イルマオン
■ボリャオン市場
■カテドラル
■ボルサ宮
■サン・ベント駅
■トリンダーデ教会
■サント・イルデフォンソ教会
■アルマス礼拝堂
■カルモ教会
■グレゴリゴス教会
■サンフランシスコ教会





☆ドン・ルイス1世橋
IMHN6856[1]
ポルトのシンボル!これを見ずには帰れません。

ドン・ルイス1世橋について詳しく知りたい方はこちらから



☆レロ・エ・イルマオン
LTYN7991[1]
イギリスの新聞で「世界の美しい書店」に選ばれた本屋さんです。
中はまるでハリーポッターの世界。

レロ・エ・イルマオンについて詳しく知りたい方はこちらから



☆ボリャオン市場
XIJE3868[1]
食べ物はもちろん、お土産にぴったりのかわいいコルク製品や、飲み比べができる小さなポートワインなど、安くて面白いものがたくさんあります。

ボリャオン市場の詳しく知りたい方はこちらから



☆カテドラル
BESO4432[1]
12世紀に建てられ、17~18世紀に改修されました。
中には入っていませんが、17世紀に作られた銀細工の祭壇や18世紀の美しいアズレージョがあるそうです。



☆ボルサ宮
KXDR9140[1]
商業組合の建物として1834年に建てられ、最近まで証券取引所として使用されていたようです。

まだ2月終わりなのにチューリップが咲いていました。
太陽の光を浴びながらベンチでゆっくりしている人がちらほら。




ここからは、ポルトガルのアズレージョを楽しめる場所の紹介です。


☆サン・ベント駅
ATXZ1862[1]
ポルトの歴史が描かれたアズレージョが駅いっぱいに飾られています。



☆トリンダーデ教会
NDHE9581[1]

IMG_0450[1]



☆サント・イルデフォンソ教会
FGQE0591[1]
ポルトガルを代表するアスレージョ画家ジョルジュ・コラコの作品です。
後ろにクレーンがあるのがなんとも残念、、



☆アルマス礼拝堂
KPHX3388[1]
メトロ、ボリャオン駅を出てすぐに見えます。
アズレージョが、これでもかあ!ってくらいに飾られていてきれいな外観です。



☆カルモ教会
VFES4765[1]


☆グレゴリゴス教会
IRUI1477[1]

ALAW9120[1]
18世紀に建てられた、ポルトで一番高い塔がある教会です。



☆サンフランシスコ教会
LAFD5884[1]




いかがでしたでしょうか?
ポルトの見どころはまだまだあるし、おいしいものもたくさんあって楽しみ方いろいろです!

実際に行ってみると、また新しい発見があると思います。
是非行ってみてください(゚∀゚)




ポルトから日帰りで行けるブラガのお話はこちらから↓
丘の上にある素敵な教会、絶景を見たいならブラガのボン・ジェズス教会には行って損なし!

ポルトガル航空のお話はこちらから↓
ポルトガル航空を使ってみました!パリ~ポルトガル

ポルトガルのラーメン屋さんのお話はこちらから↓
ポルトガルでラーメンを食べる。ROとKOKORO RAMEN BARへ



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


プロフィール

YukihaCL

Author:YukihaCL
2015年9月からフランスで音楽留学してます。
趣味は旅行!
フランスでの生活、文化など現地からの情報を少しでもお伝えできたらと思います。

最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリー
お客様
検索
リンク