緑に囲まれながら好きなように時間を過ごせる!パリ6区のリュクサンブール公園へ

IMG_2411.jpg

6区にあるリュクサンブール公園
この季節花がきれいに咲き誇るこの公園は、市民の憩いの場として、観光地としてたくさんの人でにぎわっています。


わたしは、パリに住み始めて数ヶ月のころこの近くに住んでいたことがあって、朝のまだ早い時間によくこの公園にお散歩をしていました。

広くて素敵な公園は毎日歩いても飽きず、木々の間を抜けながら、朝の新鮮な空気を吸って、、


引っ越して今の家に住んでからは、リュクサンブール公園に行く機会はなかったのですが、せっかく花がきれいに咲くこの季節なので、久しぶりに行ってきました!



RER B線のLuxembourg駅を降りれば目の前にあります。

IMG_2409.jpg
公園の中心。向こう側にはエッフェル塔が見えます。
黄色の花がきれいに咲いている周りでは、たくさんの人が椅子に座ってその景色を楽しんでいます。

太陽の光を浴びながら、ボーっとしている人、会話を楽しんでいる人、読書している人など、時間の過ごし方は人それぞれ。


IMG_2416.jpg
水の上に浮いているのはたくさんのヨット。
いろんな国のイニシャルと旗がついているんです!


IMG_2414.jpg
ありました、日本です!



リュクサンブール公園にはテニスコートや子供の遊び場もあります。
そして子供はポニーに乗ることができるんです!

IMG_2417.jpg
お母さんたちに見守られながら、乗馬を楽しむ子供たち。


IMG_2427.jpg
こちらは「マリー・ド・メディシスの泉」。
マリー・ド・メディシスとは、このリュクサンブール公園を造るよう命じたフランス王妃です。
中央に彼女の紋章がかたどられています。



IMG_2422.jpg
中央の宮殿は、今はフランス元老院の議事堂として使われています。

中を見学することはできませんが、内装はマリー王妃が幼い頃過ごしたフィレンツェのメディチ家の居城ピッティ宮殿をモチーフとしているのだそうです。


IMG_2418.jpg
公園内には、有名人の彫刻がたくさんあります。
ベートーヴェンのもあったようですが、見つけられませんでした、、



公園内には緑がいっぱいで、彫刻や泉を見ながらのお散歩は最高です(*’U`*)

天気が良い日は、子供から大人まで楽しめるリュクサンブール公園に行ってみては?


こちらもどうぞ
☆パリ12区にこんな素敵な散歩道が!プロームナードプランテを歩いてみよう
☆ベルシー公園を走る
スポンサーサイト

ソー公園の桜はどうなった?

IMG_2310.jpg

先週ソー公園(Parc de Sceaux)でお花見をした時はまだ2分咲きくらいでした。
>>先週の桜の様子はこちらから


せっかくなので、満開になったソー公園の桜を見ておきたいと思いもう一度行ってきました。
今週は先週に比べて一気に10℃くらい上がったので、桜もびっくりしてるかなあ。


ソー公園に行くためにはRER B線のLa Croix de Berny駅で降りるのですが、間違えて2つ前の駅Bourg la-Reine駅で降りてしまいました。

まあでも、この駅からでも歩いて行けることがわかったのでお散歩がてら30分ほど歩くことに。


初めて歩く道でしたが、平和な住宅街っていう感じでした。

途中でこんなのを発見!!


IMG_2271.jpg
せ、戦車??
本物が歩道の脇に置いてありました。


IMG_2274.jpg
顔はシャルル・ド・ゴール元大統領。

彼の言葉が書いてあります。
世界の自由とフランスのすばらしさが繋がっている

世界の自由はフランスのおかげですという意味だそうで、さすがフランス人笑



公園が近づいてきます。

IMG_2276.jpg
こんな一直線の緑の歩道を歩いていきます。



さあ、ソー公園に到着!!
ソー公園はすごく広くて、今回は先週とは別の桜の場所からは少し遠い入口から入りました。

IMG_2281.jpg

IMG_2286.jpg
公園の中はこんな素敵な景色が広がります。
植物の手入れとか大変そうだよなあ。


IMG_2283.jpg
結婚式をしているカップルが!
良い天気で良かったなあ。末永くお幸せに



IMG_2285.jpg
どこまでも続く左右対称。


IMG_2308.jpg
水の上を泳いでいるのは鴨の親子!
5匹兄弟でした。

IMG_2312.jpg
どっちかがパパかなあ。



IMG_2314.jpg
湖の脇ではバトミントンをやっている人も。
ネットも持参とかはりきってるなあ。


さてさて、いよいよ桜の場所へ!
先週2分咲きだった桜はどうなっているかな、、、



IMG_2296.jpg
おお!!満開だあ!!!


IMG_2294.jpg


IMG_2291.jpg
もう先週のような蕾は全然なく、みんなしっかり花開いています。



IMG_2297.jpg
この日の花見客は中国人が多く、どこからも中国語が聞こえてくるっていう感じでした。
先週はいっぱい日本人がいたのにどうしたのかなあ。


ということで、2018年のソー公園の桜の見ごろは、4月21日ごろということでした。
桜は気温によって毎年咲く時期が違うから、行ってみてのお楽しみですよね!


ソー公園の桜さんたち、また来年会いましょうヾ(o´∀`o)ノ


パリ12区にこんな素敵な散歩道が!プロームナードプランテを歩いてみよう

IMG_2131.jpg

わたしが住んでいるパリの12区には、バスティーユからヴァンセンヌの森に続くプロムナードプランテという緑いっぱいの4.5キロの散歩道があります。

ここは昔国鉄の高架橋だったのですが、1986年にパリ市が買い取り、Philippe MathieuxとJacques Vergelyという2人の建築家によって素敵な散歩道となりました。


今週、来週はヴァカンスで学校はお休み。
とっても良いお天気だったので、Gare de Lyonからヴァンセンヌの森まで3キロちょっとのプロムナードプランテを歩いてみることに。


IMG_2109.jpg
この上がプロムナードプランテです。
Gare de Lyon駅からすぐ近く。

IMG_2110.jpg
途中から上れる場所はたくさんあり、こんな看板があるので階段を探して上へ上ります。



IMG_2125.jpg
上へ上るとびっくり!
下からは全然わからなかったのに、こんな場所があるなんて!

IMG_2127.jpg

IMG_2143.jpg
太陽に当たって大きく花開いています。

IMG_2119.jpg

IMG_2138.jpg
大きな声で歌う鳥。
遠くの仲間と会話してるようでした。

IMG_2147.jpg

IMG_2130.jpg
周りのお家もまたステキ。



Gare de Lyonとヴァンセンヌの森の中間辺りにある、ルイイ‐ポール・ペルナン庭園(Jardin de Reuilly‐Paul Pernin)に到着!

IMG_2199.jpg

IMG_2211.jpg

IMG_2209.jpg



ここの公園でフランス人がすることは、、、


IMG_2203.jpg
日焼け!!!
水着姿の人たちがたくさん、太陽の方を向いて寝そべっています。
フランス人は焼けたい人多いよなあ。


さて、ちょっと疲れたのでひと休みすることに。

売店でソフトクリームを発見。
日本ではソフトクリームなんてどこでも置いてあるけど、パリではけっこう珍しいんじゃないかな。

IMG_2225.jpg
店員さんは作るのに慣れてないから、こんなにソフトの巻き方が下手くそ笑


さあ、ヴァンセンヌの森までまた歩きます。

IMG_2220.jpg
満開の桜の道を通ります。


IMG_2232.jpg
こんなトンネルも。

IMG_2238.jpg
中は不思議な世界。


IMG_2252.jpg
ドラマの撮影をやっている場所もありました。



さあ、ヴァンセンヌの森に到着!!

IMG_2262.jpg

IMG_2267.jpg

IMG_2269.jpg

ヴァカンス中ということもあってか子供連れの家族なんかが多くて、木の下でゆっくりしている人やカヌーを楽している人など、楽しみ方いろいろでした。

先週は街でコートを着ている人ばかりだったのに、この日は暑かったのでキャミソール姿の人をたくさん見かけました。
フランス人は本当に極端だよなあ。



いかがでしたでしょうか??
今回はプロムナードプランテの途中からしか歩いていませんが、端っこのバスティーユから歩き始めてみたらまたもっと違う景色が楽しめると思います!

パリを歩いているのに、パリじゃないような景色。
是非、暖かいこの時期に歩いてみてください(* ´ ▽ ` *)



こちらもどうぞ
☆緑に囲まれながら好きなように時間を過ごせる!パリ6区のリュクサンブール公園へ

ソー公園の桜、何分咲き?

2018年4月15日、ソー公園にお花見をしに行ってきました。

一昨年ソー公園に行ったは4月17日は満開でした。
でも今年はいつごろがいいのか全然わからず、この日に花見イベントがあるということで行ってきました。


RER B線 La Croix de Berny駅で降りてソー公園へ。
駅を出るとたくさんの日本人がソー公園に向かっていました。


広いソー公園の中で桜が集まっているのは一部の場所で、入口から入ってずっとまっすぐ。ピンクの桜が左側に見えたら左に曲がって、そこ一体が桜ゾーンになっています。


桜ゾーンに到着すると、、、



IMG_1855[1]
ほとんど蕾!!!
2分咲きくらいかな。


IMG_1865[1]
ちょっと咲いていてこんな感じ。



IMG_1871[1]
今日のイベントは和太鼓と阿波踊りだったようで、準備がされていました。
この日が満開の予定だったんだろうなあ。



IMG_1868[1]
桜が全然咲いていなくても花見をする人はたっくさん!
桜は蕾でもみんな楽しんでいるようなので、まあいっか。

そして、やっぱり今年もコスプレしてくるフランス人は何人かいて、赤や青や白などのすごい色の髪の毛の人や、武士ピーターパンドラゴンボールの格好をしている人たち、怪獣の着ぐるみの中に入っている人など、日本では見かけない花見の仕方ですね。



ということで、この日はお花見には早かったようです。
ソー公園の桜は毎年大体4月中旬ごろが見ごろなのですが、今年はまだ寒いから遅めなのかなあ。

でも来週は一気に気温が10℃くらい上がるので、来週あたりが見ごろだと思います!
雨で散らないことを祈りながら。


また来週あたりチラッと覗きに来れたらいいな♪

>>次の週にまたソー公園に行ってきました!

パリとセーヌ川が一望できちゃうSaint Germain-en-Laye(サン・ジェルマン・アン・レー)へ

良いお天気だったので、パリの郊外にあるSaint Germain-en-Laye(サン・ジェルマン・アン・レー)にお散歩をしに行ってきました。



目次
■サン・ジェルマン・アン・レーってどこにある?
■サン・ジェルマン・アン・レー城
■公園
■サン・ジェルマン教会
■ドビュッシーの生家
■サン・ジェルマン・アン・レーの街並み




○サン・ジェルマン・アン・レーってどこにある?

IMG_0424[1]
サン・ジェルマン・アン・レーはパリの西側にあります。
パリの中心からRER A線に乗って20~30分ほど。終点です。


RER A線は途中から地上を走るので、電車の中からの景色はとても良いんです。
静かな郊外に住む人たちの大きくて素敵なお家たちが見えたり、セーヌ川の上を通る時の眺めは最高!

セーヌ川を渡るときは細い橋の上を通るので、まるで浮いているみたい。ロープウエイに乗っているような気持ちよさです。



○サン・ジェルマン・アン・レー城
駅から出るとすぐに、大きなお城が見えます。

IMG_0651.jpg

IMG_0658.jpg

このお城は、12世紀に最初の城壁が築かれましたが焼失してしまい、今のお城は16世紀にフランソワ1世が再建したそうです。

お城の中は今、国立考古博物館となっていて、ヨーロッパ唯一の先史時代の博物館なんだそうです。


IMG_0679.jpg
裏側は今工事中のようですね。



○公園
お城の隣には大きくて素敵な公園があります。

IMG_0659.jpg

IMG_0662.jpg

IMG_0664.jpg
今日は風が冷たく寒かったので人が全然いませんが、温かい日はここでお散歩したり、ピクニックしたり、日向ぼっこをしに来る人たちでいっぱいです。


IMG_0667.jpg
そして、公園の端から見渡す景色は最高です!

IMG_0666.jpg
電車で通ってきたのが、真ん中に見える橋です。


サン・ジェルマン・アン・レーは高いところにあるので、セーヌ川と一緒にパリの方面が見渡せちゃいます。
わたしはここの景色が大好きで、パリに住み始めてから何度かここを訪れています(* ´ ▽ ` *)



ところで、フランス人はピクニックが大好き
フランスにはたくさんの大きな公園があって、ピクニックにぴったりな場所がたくさんあります。


ピクニックにもっていくものは?
日本だとおにぎりが入ったお弁当なんかが多いんじゃないでしょうか?

フランス人は、やっぱりバケットのサンドイッチがメイン。
間にはチーズやハムをはさんで、、

そして、甘いものが大好きなフランス人は、ピクニックに家で焼いたクレープを持っていくことも多いんだとか!

IMG_0415[1]
今日はフランス人風にやってみました(≧∪≦)



○サン・ジェルマン教会
IMG_0674.jpg
駅から出てすぐのところにあります。

中には入っていませんが、絵がたくさんあり、落ち着いていて素敵な内装のようです。



○ドビュッシーの生家
IMG_0687.jpg

フランスの作曲家クロード・ドビュッシーは1862年に、サン・ジェルマン・アン・レーで生まれました。
彼が2歳まで住んでいた建物の2階が、ドビュッシー記念館となっています。


IMG_0685.jpg

IMG_0688.jpg



IMG_0686.jpg
1階は観光案内所となっていて、観光客が入ろうとしていますが中の人が出てきて何か話しています。


近づいてみると、、、



中が工事中!!!!


実はわたし、3年前に1度ここの中を見学し、その後もう一度見たくて何度か訪れています。
しかし、いつも閉まってる!!


開いているはずの時間に行っても「今日は開いていません」なんて言われて、なかなかあいているタイミングに行けない。運が悪い、、
まあ、無料でやっているからしょうがないのかな。

でもまた来よう!フランスを代表する作曲家のゆかりのものをフランスにいる間にもう一度しっかり見ておきたい!


ドビュッシーの生家
住所→38 Rue au Pain, 78100 Saint-Germain-en-Laye
時間→火~金曜14:00~17:30、土曜14:00~18:00、日、月曜休み



○サン・ジェルマン・アン・レーの街並み

IMG_0683.jpg

IMG_0681.jpg

サン・ジェルマン・アン・レーは、街を歩くだけでも楽しい♪
かわいいお店がたくさん並んでいて、ふらっと立ち寄りたくなってしまいます。



サン・ジェルマン・アン・レーはパリからすぐに行けちゃう素敵な場所。
都会のパリに少し疲れてしまったら、ちょっと郊外に足をのばしてみるのも楽しいです(*´v`)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


プロフィール

YukihaCL

Author:YukihaCL
2015年9月からフランスで音楽留学してます。
趣味は旅行!
フランスでの生活、文化など現地からの情報を少しでもお伝えできたらと思います。

最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリー
お客様
検索
リンク