0が一個多い??Ovniのクラリネット特集を読んで

IMG_2592.jpg
フランスの情報を日本語で読むことができる新聞Ovni(オヴニー)。

Ovniは月に2回発行され、日本料理のレストランや、KYokoやK-Martなどアジア系食品のお店などに置いてあります。


IMG_2614.jpg
今回はなんと、一番後ろのページにクラリネットの特集が載ってる!

多くのクラリネット奏者が使っているフランスの楽器メーカー、クランポンのお話です。

クラリネットができたころの話や、工場でクラリネットを作る工程などが書かれていて、クラリネットを知らない人にもわかりやすくて面白いことが書いてあります。


ところで、この記事には1本のクラリネットの写真がドカンと載せられています。
こちらはクランポン社で1番新しいクラリネットで、「Légende(レジェンド)」という名前のモデルです。

「Légende」は日本語で「伝説」。
伝説なんて名前がつけられているだけあってお値段もお高いのですが、この新聞を良く見てみると、、


IMG_2597.jpg
『プロ用クラリネットの新製品"Légende"。
およそ60000ユーロ。』


んん?
60000ユーロ!??


60000ユーロは日本円にすると780万円くらいです。

いやいや、クラリネット1本の値段がそんなに高かったら、世の中にこんなたくさんクラリネット奏者いないでしょ笑


というこいとで、本当はおよそ6000ユーロです。
0が一個多かったっていうミスでした。


まあでも、どっちにしろ楽器は高い。

クラリネットにはいろんな仲間があって、クラリネット奏者はたいてい1番良く使うB♭クラリネットに加え、オーケストラなどで使うことの多いAクラリネットも買わなくてはいけません。

そして、人によっては低音のバスクラリネットや高音のEsクラリネットを購入する人もいます。


1本だけ買えば終わりじゃないクラリネットって、楽器屋さんにとっては嬉しいけど、奏者にしてみたら大変だよなあ、、

スポンサーサイト

日本からの贈り物

日本から荷物が届きました。

送り主は、わたしが何年か前にクラリネットを教えていた人です。
この方は、学校の先生を定年退職された後すぐにクラリネットを始めました。

今は違う先生が教えているのですが、今もずっと楽しくクラリネットを続けていらっしゃいます。


そして、フランスで暮らしているわたしのために、半年に1回くらい日本のものを送ってくださるのです!
日本の食べものなど、フランスで買うと高いものを箱に詰めてくれます。


今回送ってくれた荷物の中身は、、


IMG_2577.jpg
こちら!!!

お茶漬けやのり、味噌汁、春雨、しじみの乾燥したものなど。

少し前に、
「欲しいものは?」と聞かれ、
わたしが「ごま!!」
と答えたので、ごまをたくさん入れてくださいました。

金、白、黒の3種類もあります。
しかも、ごますり器まで!!

ごまは何にでもかけられるし、日持ちするし、健康にも良いので、あると結構便利です。

フランスで買うと高くてなかなか買えないので、送ってもらえて良かった。



日本から海外への荷物は、送れないものも結構あるので、送る前に大丈夫なのか要確認です。

そして送るときは、中に入っているものの名前と、大体の値段を書き出さなくてはいけないなどと色々大変なようです。


荷物は途中で投げられたりするので、到着したときにはダンボールはボロボロ、、、

でも荷物が届いたときは、フランスまでよく無事に着いてくれたねっていう喜びと、開けるときのわくわくと。


さあ、今日はご飯と一緒に何を食べようかなあ( ^ω^ )



こちらもどうぞ
☆日本からフランスに持ってきて良かったものランキング

パリのオペラ地区でテロ。その場所は?

先日の5月12日21時ごろ、パリのオペラ地区でナイフを持った男が通行人5人を襲撃する事件が起きました。

29歳のフランス人男性1人が死亡、54歳の女性と34歳の男性が重症、26歳女性と31歳男性が軽症を負いました。
犯人は駆けつけた警察によって刺殺されました。


この事件が起こった場所なのですが、アジア系のお店が集まる地区で、近くには日本食レストランもたくさんあります。

IMG_2110[1]
地図だとこの星がある辺り。
左上には観光名所のオペラ座があります。


IMG_1946[1]
このブックオフの前の通りだったそうです。
わたしがバイトしている日本食レストランからも歩いて2、3分ほどの場所。

この辺りはよく通る場所なので、考えただけでとても怖いです。

翌日の日曜日には、普段たくさんの人がいるオペラの辺りは、いつもの半分くらいの人しか歩いていませんでした。



最近は暖かくなってきて、パリには観光客がたくさん。
この良い季節には観光名所に足を運びたくなりますが、人が集まる場所はやっぱり危ないのでお気をつけください。

パリでデモ。マックなど放火、約100人を逮捕!?

2018年5月1日、メーデー。
パリでは大きなデモが行われました。

場所はAusterlitz駅の辺り。
わたしが住んでいるところから歩いて15分くらいのところです。

どうなったのかというと、、


IMG_2020[1]
マック放火。(写真:Paris Dépêchesより)


IMG_2023[1]
車炎上。(写真:The Local.frより)


IMG_2024[1]
黒い服にマスクをつけた人たち。(写真:The Local.frより)


ひぇwwww
近くでこんなことが行われていたなんて、こわっ!


結局、約1200人がデモに参加し、約200人が取り押さえられ、約100人が逮捕されました。
軽いけが人が数人で済んだことがまだ良かった。



では、どうしてこうなったかというと、

マクロン大統領の労働改革が気に食わないから。
4月から始まっているSNCFのストライキも無視されてるし。


そんなマクロン大統領。このデモが行われていたとき何をしていたのかというと、、、


オーストラリアでヴァカンス!!!

素敵な休日を過ごされていたのですね。



これから、フランスの政治が上手くいってくれると良いのですが。
でも、いつ何が起こるかわからないので注意が必要ですね( ノД`)

「私たち、新婚旅行中なんです!」

IMG_2283.jpg


わたしは日本食のレストランでバイトしているのですが、最近多いのが新婚旅行中のカップル
パリを何日か観光してから、他の国にも行ったり、人気のモンサンミッシェルに行ったり、、

花の都パリなんても言われ、おしゃれで歴史のある街並みは、やっぱりハネムーンにはぴったりなのでしょうか。

フランスは他の大きなヨーロッパの国とも隣り合わせなので、他の国に足を伸ばすことができるのは良いですよね!


海外ハネムーン人気旅行先ランキングでは、フランスは大体5位以内には入っているようです。



そんな素敵なハネムーン中に、日本食を食べにくる人は結構多いんです!
店の外に行列ができている時でさえも、並んで待ってる、、

せっかくの海外旅行、時間もお金も思い出も、日本食につぎ込んじゃっていいの??
なんて最初は思いました。



でも、日本食を食べに来たハネムーン中のカップルの話を聞くと、

フランス料理に飽きちゃって。
日本食が恋しくなったんです!
やっぱり日本人に会うと落ち着きますね~
って。



確かにわたしが初めてフランスに来たときは、到着後数時間で持ってきたサトウのご飯開けちゃったよなあ笑
わたしは元々、ご飯よりパン派だったはずなのに。

日本で日本食とともに過ごしてきたから、勝手に体が日本食を欲しがっちゃうんでしょうか。



まあでも、新婚旅行中、海外で日本食を食べちゃいましたあ!っていうのもまた2人の思い出に残るんだろうなあ。


最近は毎日のように青空が広がる良い季節のパリ。

たくさんのカップルの、思い出に残る素敵なハネムーンが出来上がることを願って(* ´ ▽ ` *)


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


プロフィール

YukihaCL

Author:YukihaCL
2015年9月からフランスで音楽留学してます。
趣味は旅行!
フランスでの生活、文化など現地からの情報を少しでもお伝えできたらと思います。

最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリー
お客様
検索
リンク