雷の日のコンサート

IMG_2182[1]

今日は室内楽の学内コンサートでした!


開演は19時。
コンサートの2時間前くらいから雷がピカッと光ってはゴロゴロ鳴り、、雨も降り始めました。

電車が動いているか心配でしたが、電車は止まらず無事に学校に到着!
ふぅ~、これだけで一安心笑

少しだけリハーサルをした後すぐに本番でした。


今日演奏した曲は、フランスの作曲家モーリス・エマニュエル作曲の『クラリネット、フルート、ピアノのためのソナタ』

モーリス・エマニュエルは民謡やオリエントの音楽に興味をもっていたので、その感じがところどころに出てくる曲です。
きれいだけど、ちょっと違う世界にいるような面白い曲だなあと思います♪


この曲をコンサートで演奏するのは初めてだったのですが、最近はなかなか3人の予定が合わずあんまり合わせができなくてちょっと不安でした。

まあでも、本番では大きな失敗はなく、悪くもなく良くもなく、、という感じでした。


再来週は試験でまたこの曲を演奏するので、次回はもっとこの曲の面白さを出せるようにならないと!



全員の演奏が終わってさあ帰ろうと、駅に行くと次の電車はなんと1時間後!!

IMG_2180[1]
木が線路の上に倒れてる!
さっきまでの嵐でこうなっちゃったんだろうなあ。

これじゃあ電車も通れないか、、
あきらめて遠回りで帰りました。


雷が鳴るってことは、夏がすぐそこまで近づいているんでしょうか(*´v`)


こちらもどうぞ
☆素敵なホールで室内楽のコンサート♪
☆学校で行われたセレモニーで演奏♪
☆学内コンサート♪
スポンサーサイト

え、ピアノそこなの??

IMG_2116[1]
今日は音楽院で、吹奏楽とオーケストラの小さなコンサートでした。

今回わたしが参加したのはオーケストラで、曲はベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番1楽章。


オーケストラは子供と少しの先生が混ざっていて、ピアニストはこの学校の学生。

クラリネットが足りなかったので、わたしとフランス人の男の子が先生に頼まれて参加しました。



先週1回リハーサルして、今日の午後にリハーサルをしてから夜本番という感じでした。
>>先週のリハーサルの様子はこちらから

この音楽院のホールはそんなに大きくないのにどこにピアノを置くんだろう?と思いながら、舞台のセッティングが終わると、

IMG_2126[1]
こんな感じに。

え?伴奏者??
なんて思うような隅っこにピアノは置かれました。

ピアノが主役のはずなのに、、


ピアニスト本人以外そんなことは気にせず、リハーサルが始まります。

協奏曲のリハーサルをやるときは、普通ならソリストとオーケストラとのバランスを見たり、お互いのタイミングを合わせたりするはずなのに、今回のオーケストラは子供ばかりなのでピアニストがいるのに、オーケストラのみの練習がメイン


ピアノが始まると先生が、「そこは大丈夫だから次に行こう。」
なんて言って、オーケストラが大事なところばかりの練習でした。


オーケストラができてないのは確かだけど、それなら先に別でもっと練習しとくべきだよな。

オーケストラは小学生くらいの子たちばかりなのに、先週の練習に半分くらいの人しか来なくて、今日のリハーサルだけに参加した人ばかりとか、みんなプロじゃん笑



そして本番。
ピアニストは素敵な演奏を聴かせてくれました!
ブラボー!!

ここからまたおかしなことが起こります。


ピアニストが一回お辞儀して、そのまま客席に降ります。

そして、指揮者の先生はオーケストラにお辞儀させ、ファゴットのちっちゃな男の子を指揮者の隣に呼んで大きな拍手をもらいます。

ファゴットは目立つのに良く頑張ったねって。

ピアニストは客席から拍手。
それでコンサート終了。


え!!ソリスト呼ばないの?
普通ならソリストを呼んでもう一回拍手もらうでしょ!
ピアノ協奏曲なんだから、主役はピアニスト。

まさかのファゴットコンサートになって終わりました。


指揮者の先生がちょっと変わった人だったので、こんなコンサートになりました。

まあ、子供の親たちが喜んだから良かったのかな、、



こちらもどうぞ
☆素敵なホールで室内楽のコンサート♪
☆学校で行われたセレモニーで演奏♪
☆学内コンサート♪
☆楽器始めたてのちっちゃい子から、親も先生も、学長まで参加しちゃったコンサート

『レクイエム』のコンサート2日目

昨日に引き続き、2日目のコンサートはVellevueという町の教会で行われました。

昨日のコンサートのお話はこちらから


IMG_1475[1]
Vellevue駅を出てすぐのところにあります。


IMG_1476[1]
小さいけれど素敵な教会です。


今日も朝から雪が降っていてものすごく寒い中での本番でした。

15時からリハーサルが始まったのですが、その前からずっと教会の警報アラームが鳴りっぱなし、、
おそらく雪が降っているから。

パリやその郊外あたりではそんなに雪が降ることがないので、アラームもびっくりして鳴っちゃっているようです。
そして、そのアラームの消し方がみんなわからない。


アラームが鳴ったままリハーサルが始まります。

いやいや、アラームと一緒に『レクイエム』やるっておかしいでしょ笑
気にしないでって言われても気になっちゃう、、


少しすると、アラームを止められる人が現れたようで、音はピタッと止まりました。
みんなが喜んで拍手すると、またアラームと同じ音が鳴り始めます。


みんな一瞬、

え?



ってなりましたが、みんなその犯人がすぐにわかりました。

オルガンの先生が、同じ音を弾いてみんなを驚かせようと遊んでいたのです笑
それにまたみんなで拍手。

フランス人はほんと、こういう冗談が大好きだよなあ。


まあ色々ありましたが、リハーサルを終えて17時開演。
今日も満席、立ち見ありのたくさんのお客さんでした。

クラリネットの先生、Olivierも聴きに来てくれて、始まる前に「頑張ってね。」ってメッセージを送ってくれました。


本番は、寒くて音程が下がってしまうのを上げるのに必死。
でも、子供たちが昨日よりさらに一生懸命歌っていたので、パワーをもらえました。


終わった後は、先生に感想を聞けました。
ソロのところをもう少し強く、ソリスティックに吹いた方が良いって。

オーケストラはたくさんの人と一緒に演奏するので、いろんな楽器とのバランスや音程など色々考えなくてはいけないから、本当に難しい。
もっともっといろんなことをこれから経験して勉強していけたらいいな。


今回は、モーツァルトの『レクイエム』っていう、大きくて大事な曲を演奏できる機会をもらえて本当に良かったと思います。



さて、明日はクラリネットのクラス発表会。
良いリードがないのにいつも通り吹けるか心配、、

天使のような歌声を聴きながら

今日はパリの南の郊外、Antonyという街でモーツァルトの『レクイエム』のコンサート。
Antony駅を出てすぐのところにある建物の中の教会で行われました。

今日は17時リハーサル開始、20時半からの本番。
午後からすごい雪が降ってきたのでどうなることやらと思っていましたが、積もらなかったおかげで電車も止まらず、なんとか開催することができたようです。


IMG_1468[1]
教会はまだ新しそうで、きれいなところでした。


IMG_1467[1]
奥に大きなパイプオルガンがあります。



今回の演奏者は、オーケストラがムードン音楽院の生徒と先生、歌のソリストは学生、そして合唱は多分どこかの合唱団で、小学校低学年くらいの子から中学生くらいまでの子供たちと少し大人が入っていました。

その子供たちの歌声がとってもきれいで、もちろん上手い子も音がはずれている子もいろんな子がいましたが、みんな一生懸命に歌っていてとってもかわいくてきれいな声でした。

特に、ちっちゃい男の子が出す高い声って本当に透き通って天使みたい!



今日のリハーサルでは、1曲全部一通りやりました。
先生たちは本番直前、本番の日しか練習に参加しないので今日やっと全員そろっての練習です。

クラリネット以外の管楽器はみんな先生だったのですごく緊張しましたが、先生たちのパワーは本当にすごすぎて昨日までとは全然違うものに。


『レクイエム』は全部通すと1時間弱あるので、子供たちはヘトヘト。
先生がリハーサルの途中で子供たちに、
「みんな、疲れてないか??」と聞くと

疲れた!!!
って正直に返してきたのが面白かったです笑


リハーサル後は軽食をもらえて、ビュッフェ形式でハムやチーズ、パンにパスタなどを食べて本番に備えます。


本番は、今日はすごい雪が降ったにも関わらず、ほぼ満席のすごいたくさんのお客さんが聴きに来てくれました。
曲の最後には、会場のお客さんは大満足だったようで、みんな立ち上がって拍手。

音程がリハーサルよりも上手く合わなかったり、と色々反省点がありますが、なんとか無事に終えることができました。



明日は同じ曲をBellevueの教会でコンサートです。
明日は今日の反省を生かして、もっと良くなるように頑張らなきゃ!


コンサート2日目のお話はこちらから↓
☆『レクイエム』のコンサート2日目
練習のときのお話はこちらから↓
☆モーツァルトの『レクイエム』のオーケストラ練習

学内コンサート♪

IMG_0285[1]

先週、雪で中止になった学内コンサート。

今日も夕方から、ちらちらと雪が降ってきたのですが、それでもなんとか開催することができました!


ただ、雪のため、お客さんはめちゃ少ない
先生や生徒を合わせて20人弱。
とってもアットホームなコンサートになりました。

まあ、この前みたいにたくさん雪が降って電車やバスがが動かなったら困る、、ってみんな思ってるだろうからしょうがない。
雪の日はコンサートなんて聴きに行ってる場合じゃないよな笑



今日は、ピアノソロに、ヴァイオリンドュオに、わたしたちのフルート、クラリネット、ピアノのトリオがありました。


わたしたちはまた、Guillaume Connesson作曲のTechno‐Pradeを演奏。
この曲をコンサートで演奏するのは今回で2回目です。

テンポはまだまだ本物にはたどり着かないけれど、前回よりは3人がだいぶ合うようになりました!
もっともっとテクニックをつけて、いつかこのテンポでもう一回やりたいな。


この曲をやっている間、作曲者のGuillaume Connessonの曲を色々聴いていたら面白い曲がいっぱいあったので、いつか違う曲にもチャレンジしてみたいと思います。




さあ、明日のレッスンを乗り越えればヴァカンスだあ!頑張ろう((∩^Д^∩))
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


プロフィール

YukihaCL

Author:YukihaCL
2015年9月からフランスで音楽留学してます。
趣味は旅行!
フランスでの生活、文化など現地からの情報を少しでもお伝えできたらと思います。

最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリー
お客様
検索
リンク