寒いパリに帰ります

一日だけのメッス観光も終わり、朝のバスでパリへ帰ります。

メッス観光の記事はこちらから↓
ロレーヌ地方メッスのクリスマス


ホテルからメッス駅まではバスに乗りました。一乗者1,7ユーロ。

メッス駅
メッス駅は素敵な建物。

メッス駅 周り
駅の周り。夜はここもイルミネーションがきれいそうです。

メッス駅中
メッス駅からバスターミナルまで歩いて10分ほど。
駅中を通ってバスターミナルまで抜けます。



パリまではflixbusで帰りました。
帰りも12ユーロ。

9:00に出発のバスで、時間まで休憩所でゆっくりしていたら、近くにいたおじさんに
「置いてかれないように、早めにバスの近くに行っといた方がいいよ」
と言われて、バス停を見たらもうバスが来てました。

メッス発のバスではないので、時間は正確ではないことがあるのですね。



メッスから filixbus
最後のほうにある30分の休憩でとまったところは、スーパーとちょっした飲食スペースがありました。
軽くお昼ごはんを食べてたら

雪が降ってきた!!
今年初めて雪を見ました。



パリに着いたのは13:30ごろ。


めちゃ寒い、、



そして、夜には

パリにも雪降りました!!!
しかも大粒!!


まだ11月なのにこんなに降るなんて。
これからもっと寒くなるんだろうなあ。

スポンサーサイト

フランスの格安ホテル hotel F1

フランスのいたるところにあるホテル hotel F1。
ここはとても格安で宿泊できるんです!

メッス Hotel F1

今回泊まったのは、フランスロレーヌ地方のメッスにある hotel F1。

街の中心地からは歩いて20~30分くらいのところにあります。


そのお値段は、、

3人部屋で1泊27ユーロ!!
1人9ユーロです。

普通のホテルに比べたらだいぶ安いと思います。


まずはチェックイン。

フロントには人がいる時間が限られていて、誰もいない時間にチェックインしたい場合は、外にある機械に予約番号を入れてチェックインします。

完了したら部屋へ向かいます。

メッス Hotel F1 部屋コード
各部屋の前にコードを入れるところがあって、これがカギの代わりです。


メッス Hotel F1 部屋
こちらが3人部屋。

3人部屋だと、2段ベッドでダブルベッドと一人用ベッドがついています。
部屋の中には。テレビと洗面台もあるんです。


メッス Hotel F1 トイレシャワー
トイレとシャワーは共用で、各階にたくさんあります。

普通のホテルのようなサービスはないけど、とりあえず安く寝たいだけの人にはおススメです!



こちらもどうぞ
☆街中がキラキラ☆メッスのクリスマスマーケットへ
☆フランスのメッスでサッカー観戦!メッス川島選手vsマルセイユ酒井選手
☆ロレーヌ地方メッスの観光名所をまわって


街中がキラキラ☆メッスのクリスマスマーケットへ

2017年、メッスのクリスマスマーケットに行ってきました!

メッス クリスマスマーケットマップ
こちらがマップ。

マーケットは8箇所にスタンドが集まっています。
今回は時間がなかったため全部は見れませんでしたが、歩いて全部まわれる距離にあるので、順番に歩いてみるのが良いと思います。

それぞれの場所は雰囲気が違ってどれも面白いです(^∇^)



☆Place St-Louis
Pyramide de Noël
大きなクリスマス・ピラミッド

クリスマス・ピラミッドは元々はドイツの伝統の木工民芸品なのだそうで、メッスはドイツが近いのでその影響なのでしょうか。


Marché de Noël 1

Marché de Noël 2
クリスマスツリーの飾りは種類豊富です。


Marché de Noël 3
ヨーロッパのクリスマスの定番お菓子、パンデピス。



☆Place d'armes
Marché de Noël 4
こちらのマーケットはサンテティエンヌ大聖堂の隣、観覧車のすぐ下で行われています。

サンテティエンヌ大聖堂の大きさを感じながらマーケットを楽しみます♪



☆Place de la République
メッス marché de Noël 5
キラキラの大きなツリーが目立っています!
他の場所に比べてここが一番大きくてたくさんの人でにぎわっています。


メッス marché de Noël 6

メッス marché de Noël 7
日本の国旗が!
お昼に折り紙のイベントをやっていたようです。


メッス marché de Noël 8
こちらではホットドリンクを売っています。


メッス marché de Noël 9
飲み物はこんなかわいいカップに入れてくれるんです☆
このカップは、もちろんメッスのクリスマスマーケットでしかもらえません!

カップがいらない人は、飲み終わって返却すれば1ユーロ戻ってきます



メッス 夜の通り
街全体がクリスマスなのでどこを歩いてもきれい!!

とっても楽しいメッスのクリスマスマーケットに是非行ってみてください♪


こちらもどうぞ
☆メッスの観光名所をまわる
☆フランスのメッスでサッカー観戦!メッス川島選手vsマルセイユ酒井選手

フランスのメッスでサッカー観戦!メッス川島選手vsマルセイユ酒井選手

IMG_8504.jpg

フランスロレーヌ地方メッスのスタジアムで、フランスのサッカーチームメッスVSマルセイユ戦を観てきました!


メッスのキーパーは川島選手、マルセイユには酒井選手がいて、日本人がフランスで対決するという貴重な試合でした。

わたしはそんなにサッカーに詳しいわけじゃないけど、海外で活躍している日本人を見ると、なんか元気をもらえます。

それに、サッカーのことで忙しいはずなのに語学もできてしまう2人のことを本当にすごいなと尊敬します。


スタジアムに向かう途中で、ホテルの前に人が群がっているのを発見。
よく見るとマルセイユのチームのバス!

4つ星ホテルの前で少し待っていると、選手たちが出てきた!!

メッス ホテルから出てくる酒井
マルセイユで活躍中の酒井選手!
間近で見ることができてラッキー♪

彼らがバスで行ってしまうのを見送った後、わたしたちも同じ場所に向かって歩き始めます。


メッス スタジアム
メッスのスタジアムに到着!


メッス スタジアム グッズ売り場
こちらがメッスのチームのグッズ売り場です。


メッス スタジアム中
このときの気温は4度。雨が降る中での試合でした。


メッスVSマルセイユ
プログラムをもらいました。

今の順位はマルセイユは4位で、メッスはダントツで最下位。結構な差ができています。
でもここはメッスなので、地元の応援で盛り上げます。

メッスVSマルセイユ試合
さあ、試合開始です!


わたしたちの席はメッスの応援席だったのですが、すぐ隣はマルセイユの席。
マルセイユの応援団はいつも激しく応援しているようで、今回も爆竹を鳴らしまくったり、花火をあげたりやりたい放題。

マルセイユ応援団
隣から爆発音とともに煙が、、


そんなところを見て、メッス側の応援団も黙ってはいません。

メッス応援団
マルセイユの応援席のほうにメッスの応援団たちが文句を言いにきました。

そんな前に来られたらわたしたち試合観れないんですけど、、
気持ちはわかるけど、とりあえず試合観たほうがいいんじゃないかな笑


結局マルセイユVSメッスが3対0でマルセイユの勝利。

酒井選手のすばらしいアシストで入った点があって、酒井選手は今日のベスト11の中の1人に入ったそうです。


すごく寒かったけど、やっぱり生で観る試合はいいですね!


こちらもどうぞ
☆ロレーヌ地方メッスの観光名所をまわって
☆街中がキラキラ☆メッスのクリスマスマーケットへ

ロレーヌ地方メッスの観光名所をまわって

メッス 橋から2

フランスのロレーヌ地方、Metz(メッス)に行ってきました!

目次
■パリからメッスへ
■まずは腹ごしらえ
■メッスの観光名所
■メッスのおススメのお店



パリからメッスへ

今回使ったのはISI Lines。片道12ユーロのバスです。
パリのメトロ3番終点駅Gallieniのバスセンターを7:00に出発して、11:40にMetz到着。

バスはトイレつき。
バスの中で食べることはできないので、乗るときに食べ物は持って入るなと言われます。

バス 休憩
途中30分の休憩でサービスエリアのようなところにとまります。
ここには小さい建物があって、軽食を売っていました。


メッス バスターミナル
メッスのバスターミナルに到着!



まずは腹ごしらえ

バスターミナルからメッスの中心地へは歩いて15分ほど。


La cloche
La clocheというレストランに入りました。

La loche 店内
クリスマス気分が高まる、おしゃれな店内。


Cloche ワイン
ワインはcoucheroyを飲みました(1杯6,2ユーロ)
ワインには全然詳しくないので細かいことはわかりませんが、あっさりしていてすごく飲みやすい味でした。


メニュー。ちょっとぶれちゃった、、
La cloche メニュー1

La cloche メニュー2

La cloche メニュー3




キッシュとテリーヌ
前菜にはキッシュロレーヌと田舎のテリーヌを3人で。キッシュ6,90ユーロ、テリーヌ7,10ユーロ


assiette lorraine
assiette lorraine(ロレーヌ地方の盛り合わせ)13,80ユーロ

tartiflette au blue de gex
tartiflette au blue de gex(この地方のブルーチーズのタルトフレット)14,80ユーロ

tartiflette au munster
tartiflette au munster(この近くにあるムンスターという街のチーズのタルトフレット)15,20ユーロ

チーズは結構くせがあるので、日本人だと苦手な人も多いかもしれません。
どれもすごく美味しかったのですが、多量のじゃがいもとチーズでお腹はパンパン。


お店情報
La cloche
住所→37 Place de Chambre 57000 Metz France
電話→03 87 36 04 23




メッスの観光名所
cathédrqle St-Etienne(サンテティエンヌ大聖堂)

正面から見るとそんなに大きく感じないけど、横から見ると結構大きくて圧倒されました。

メッス 観覧車
隣には観覧車。
ものすごいスピードで回転していました。それじゃ一周なんてあっという間に終わっちゃうじゃん笑



Temple neuf(タンプル・ヌフ)
Temple neuf 後ろから

Temple Neuf
門が紫色なのが不思議な感じ。


Théâtre(オペラ座)
メッス オペラ座
フランスで現在使われているオペラ座の中で一番古いそうです。


Centre Pompidou Metz(ポンピドゥーセンター・メッス)
メッス ポンピドゥーセンター
日本人建築家の坂茂氏が設計に携わったそうです。
今、ちょうど日本のイベントをやっていて、建物の上には日本の旗もついていました。


今回は、クリスマスマーケットやサッカー観戦があったので観光名所は前を通ったくらいですが、サンテティエンヌ大聖堂の中のステンドグラスはものすごいきれいだそうで、ポンピドゥーセンターの日本のイベントも面白そうで、是非メッスに行ったら中まで見てみるのをおススメします!

メッス 教会

メッス 橋から

メッス 橋から2
橋からの景色は特に素敵でした!


おまけ
メッス 変な標識
こんな標識を見つけました。
車爆発??全然意味がわかりません。

メッス ここからスタジアムまで走ると
ここからスタジアムまで、走って15分だそうです笑



メッスのおススメのお店

メッスの街には素敵なお店がたくさん!
かわいかったり美味しそうだったり、、
見るだけでも楽しいし、ついつい色々買いたくなっちゃいます。

寄ったお店をいくつか紹介します。

La fromagerie du grand cerf
Beurre-œufs-fromages
バターと卵とチーズのお店。
この地方のものが買えます。

Beurre-œufs-fromages 店内
お店の人にお願いすると、好きな量をカットしてくれます。

Bourre-œufs-fromages 店内2
お昼に食べたBlue de gexがありました。

Bourre-oeufs-fromages 店内3
こんなどろどろのも。


お店情報
La fromagerie du grand cerf
住所→bis 2 rue du grand cerf 57000 Metz France
電話→ 09 86 67 89 37


Bourguignon

お菓子のお店。

Bourguignon 店内
かわいい店内。

Bourguignon 店内2





BOUCHERIE CHARCUTERIE TRAITEUR REMY
メッス 肉屋Remy
お肉屋さんです。

メッス 肉屋さん
見たことないソーセージがたくさん!
1位の賞をもらってます。

お店情報
BOUCHERIE CHARCUTERIE TRAITEUR REMY
住所→12 rue du Palais Metz France
電話→03 87 75 14 23



メッスの素敵な街を色々見てまわれた一日でした(*^_^*)
明日の朝にはバスでパリに帰ります。

帰りはこちらから↓
寒いパリに帰ります


こちらもどうぞ
☆街中がキラキラ☆メッスのクリスマスマーケットへ
☆フランスのメッスでサッカー観戦!メッス川島選手vsマルセイユ酒井選手

意味不明な請求

先日一通の手紙が届きました。

そこには、
「あなたの家にはテレビがあるので138ユーロ、たくさんお給料をもらっているので307ユーロ、合計445ユーロを納めなさい。」
と書いてありました。


???


まず、わたしの家にはテレビはない。
つなぐためのケーブルの穴さえないんだから見ることなんてできないし。

そして給料は、わたしは学生ビザなんだから月に600ユーロまでしか働けないしそんなにたくさん稼げるわけがない。



意味わからん、、

それで抗議をするためにCentre des finances publiquesという、お金に関する役所のようなところに行ってきました。



メトロ6番と8番のDaumesnilから歩いて10分くらいのところ。
Centre des finances publiques

Centre des finances publiques の時間
午後は13時からだと思っていたのですが、プレートを見たら13時半からでした。
13時5分過ぎくらいに着いたらもう2.3人待っていました。




入口が開いたのが13時35分。
こういうちゃんとした役所でも時間通りには始まらないところがフランス。


中には、2つカウンターがあって順番に話を聞いてくれます。
お金の話ばかりなので一人一人が長い!



壁には色々注意書きが貼ってあるのですが、その中で
「殴ってはいけません」
ってのがありました。

お金の話になると、思うようにいかなくて殴ってしまう人もいるのかあ、、
怖いわ~




わたしは3番目だったのですぐに順番がきました。
一緒にきてくれたフランス人がフランス語で事情を説明してくれます。


テレビがない件は、紙に名前や住所などを書いてサインしたらすぐ終わり。
給料の件は、真っ白な紙を渡されて、これに給料はそんなにもらってないですっていう手紙をここで書きなさいって。


手紙を書く?

よくわからないけど、フランス人が丁寧なフランス語で書いてくれました。
今回は一緒に来てくれたから良かったけど、もしわたしひとりだったら今すぐ手紙をフランス語で書けとか絶対無理だった、、


その手紙を渡したら終了!!!
今度、家に支払額0ユーロっていう手紙が届くそうです。
良かったあ(-∀-)


Centre des finances publiques の中
たまたま早めに着いたから30分くらいで終われたけど、すごい行列ができてたので、もしちょっとでも遅かったらものすごい時間がかかるところでした。



トイレが道路に
帰り道、道路にトイレが落ちていました。
あー今日もフランスを感じます。




パリでこってりラーメンを食べるなら

先週行けなかったので今日は2週間ぶりのレッスン。
前の人がお休みだったのでいつもは1時間のレッスンが1時間半に!

その後、ピアノとフルートと室内楽の合わせもやって帰宅。


今日は寒いし、帰ってからご飯作る気にもなれなかったのでラーメンを食べに行くことにしました。



こってりらーめんなりたけ。
日本にはたくさんお店がありますが、パリはこの一店だけです。


席数が少ないこともあり、お店の外にはいつも行列ができています。
日本人にもフランス人にも大人気のお店です。


ラーメンは醤油と味噌があります。

醤油ラーメン味玉入り。

味噌ラーメン味玉入り。


名前の通りスープはこってりで脂がたっくさん入っています。

見た目はすごく脂ギトギトでこんなの食べれないんじゃない?って思うかもしれませんが、これが食べるとハマるんです

そりゃ毎日食べるとかは無理だけど、たまになんか刺激が欲しい時にものすごく食べたくなる味。


替え玉はないので、たくさん食べたいなら最初から大盛りを頼まなくてはいけません。

一回大盛りを食べたことがあるのですが、ぱっと見は全然いけるじゃん!と思うのですが、食べてみたらものすごい胃にどっしりくる、、
注文する時はよく考えてからの方が良いかもです。



体も温まったし、お腹もいっぱい!
美味しかったなあ(о´∀`о)




お店情報
こってりらーめんなりたけ
住所→31 rue des Petits Champs 75001 Paris, FRANCE
電話→+33 (0)1 42 86 03 83


こちらもどうぞ
☆パリでおいしいうどんを食べたいなら
☆パリで初めてできたラーメン屋さん
☆パリの一風堂2号店


ヨーロッパのラーメン屋さんのお話です!
☆バルセロナのラーメンはどんな味?
☆ポルトガルでラーメンを食べる。ROとKOKORO RAMEN BARへ
☆店長は日本人。エクス=アン=プロヴァンスのレストラン「なると」

5ユーロでオペラを見る

今日は一日お休み。
L'Opéra de la Bastille(オペラ・バスティーユ)にオペラを観に行くことにしました。

オペラ・バスティーユ

今日は14:30開演で、ヤナーチェク作曲の『死の家から』が上演されました。


オペラはたくさん観たいけど、普通にチケットを買うと高くて手が届かない、、

なのでわたしはいつも立見席を買います。
立見席なら、なんと5ユーロでオペラを観れちゃうんです!


ただ、立見席というのは当日販売でものすごく人気なので、早めに行かないとすぐに売り切れてしまいます

>>5ユーロの立ち見席の買い方はこちらをどうぞ


オペラ オケピットと舞台

立見席は一番上の階の左右の一番奥にあるので、そこからだと舞台が全然見えません。
なので見えやすい位置を他に探したり、満席でなければ空いている席に座ったりします

フランス人は開演のギリギリに来る人も多いので、始まる直前までは席に狙いをつけて待ちます。
誰も座らないことがわかったらその席に座れるんです。

今日は席がたくさん空いていたので、真ん中辺りに座れてラッキー☆



オペラ 指揮者挨拶

今日のクラリネット1番は、去年今年と講習会で教えてもらったAlexandre先生!!
クラリネットのソロがたくさんあって聴きどころ満載でした。

先生は本当にすごすぎる、、
ずっと聴いていたいよ。

初めての即興

今日は即興のアトリエを受けに学校まで行ってきました。

ムードンの道
朝は暗かった空も、ムードンに着くころには青空が見えていました。



先生はサックスとドラムの2人。
本当はもっと受ける生徒はいたはずなのに、結局参加したのはクラリネットの日本人3人とコントラバスの男の人だけでした。

即興とかもちろんやったことないし和音とかリズムとか全然知識ない、、
というか、今日何をするのかも全くわからないままとりあえず学校に来ました。



先生は
「今日は3時間、譜面台も楽譜も使わないよ」って。

まず最初の課題は
「自分が2分間だと思う時間で、好きなように楽器を吹いてみて」



これが、いつもは楽譜に書いてある通りに吹こうとすることしかやってないからものすごく難しい!

こういう時、今までにやった曲や聴いたことのある曲とかのイメージが自然に出て来るんだと思う。
だからもっともっとたくさんの色んな曲にふれなきゃいけないなあ



その後は
♪リズムをいろんなレパートリーに変える
♪決められた拍の中で好きなように吹く
♪相手を聞きながらそれぞれ好きなように吹いて合奏

というのをやりました。

今まで全くやったこのないことばっかり。
しかも、こういうの自分の苦手な分野なのでものすごく苦戦。

さらに、周りはみんなフランス生活が長くてフランス語の理解が速いのに、わたしだけフランス語を理解するのが遅くて置いてきぼり、、

こういう時が、フランス語ができないとダメな時ですね。



即興なんて難しくて全然できないしできるようになるなんて思わないけど、これからの自分の演奏につながることを信じて頑張りたいと思います(;_;)

パリからモンサンミッシェルまで片道27ユーロの切符

モンサンミッシェル イメージ
年末年始に、日本からパリに友達が遊びに来ます。
その子は前からずっとモンサンミッシェルに行ってみたかったようで、今度の旅行中に日帰りで一緒に行くことになりました。



さあ、どうやって行こう?


行きかたは色々あります。

バスツアーだけでも色々あって、送迎のみ、ガイド付き、ご飯つき、近郊の田舎観光つきなどなど。
バスツアーだと、ピンきりだけど大体100ユーロ前後


バスツアーを使ったことのある友達に聞いてみるとプランによっては、

「観光時間がほとんどなくてお土産もダッシュで買ったよ」とか
「朝の集合時間が早すぎて、寝坊して乗り遅れそうだった」とか
「座ってるだけで着いたし、ゆっくり観光できて良かったよ」とか

人によってさまざまでした。


わたしは3年前パリに友達と旅行に来たとき、電車TGVを使って自分たちで行ったことがあるのですが、
出発の前日に、明日行こう!と決めて、当日窓口でTGVの切符を買いました。

たしか往復で200ユーロくらい。

そのときは値段の相場を全然知らず、どうしてもそのとき行きたかったので、旅行者らしく高級な切符を買いました。




色々悩んで、フランス人に相談してみました。

そしたらなんとSNCFのサイトで、パリからモンサンミッシェルまで片道27ユーロでいける切符を見つけてくれました!!
往復でも54ユーロだから他と比べると全然安い!

しかも自由に行動できるし、好きなものを食べられる。



買い方は
https://www.oui.sncfのサイトを開き、Menu→rechercher→trainと進みます。
DépartにParis、ArrivéeにMont-Saint-Michel、viaのところにvilledieu les poelesと入力して、日にちを選んでRechercher!

後は、そのまま進んで予約。クレジットカードでの支払いとなります。
※日にちによっては、ヴァカンスなどで購入できない日もあります。まずは、買えるかどうかをサイトで検索してみることをお勧めします。

当日は、eチケットを持っていき、電車の中とバスに乗る前に見せればOK!


プランは

★行き
7:38 PARI MONTPARNASSE 3 VAUGIRARD

   電車2時間51分

10:29 VILLEDIEU LES POELES

   乗り換え10分

10:39 VILLEDIEU LES POELES

   バス45分

11:24 MONT SAINT MICHEL



★帰り
18:06 MONT SAINT MICHEL

  バス45分

18:51 VILLEDIEU LES POELES

  乗り換え15分

19:06 VILLEDIEU LES POELES

  電車2時間59分

22:05 PARI MONTPARNASSE 3 VAUGIRARD



モンサンミッシェルでの滞在時間は6時間半くらいあるからちょっと長めかもしれないけど、
後悔せずに見れるし、もしかしたら夜景も一緒に見れちゃうかもしれない!


1月頭に海のそばとかものすごい寒そうだけど、きれいな景色を見れるのはすごく楽しみ(*´∀`人 ♪

>>モンサンミッシェルに実際に行っってきました!

日本の本をパリで買うと

ジュンク堂 パリ店
パリのジュンク堂です。
ここでは日本の本が売られています。

数ヶ月前に中を改装をして、とてもきれいになりました。
1階には一般的な本、地下には漫画や、文房具、日本のキャラクターのグッズなども置いてあります。



今日は、地球の歩き方のロシア編を買いました。
来年ロシアに行ってみたいと思っているんです♪
地球の歩き方 ロシア
この本のお値段なのですが、本に書いてある定価は本体1900円+税
そして、レジで払ったのは31,50ユーロ

約2倍のお値段ですね。

本にはユーロの値札はついていなくて、日本円しか書いていないので、値段の計算方法はあまりよくわからないのですが、いつも大体倍位の値段だなと思ってレジに持って行きます。




わたしがここで買い物するのは大体ガイドブックを買うときが多いです。

わたしは旅行するのが大好き!
ヨーロッパは日本のような島国と違って、国同士がとても近くにあるので簡単に海外旅行ができてしまいます。
フランスにいる今だからこそ、知らない世界を色々見ておくのは良い経験だなと思います。

そして、そんな旅行に出かける前にはその場所のことを予習しておくのはすごく大事だと思います。

旅行から帰ってきてから、
「ここも行っておけばよかった!」
「こんなのあったなんて知らなかった!」
なんてなるともったいないので。


少々高くてもガイドブックを先に手に入れてしまいます。
それにガイドブックを見て、ここに行ってみたいなあとか思うだけでもテンションが上がりますヽ(≧∀≦)ノ




ジュンク堂にはポイントカードがあります。
ジュンク堂のポイントカード
全部たまると10ユーロ引きだそうなのですが、たまるまでは結構遠い道のり、、
カードの期限が1年なのにも注意です。




さあて、来年のロシアに向けてじっくり予習しなきゃ。



お店情報
パリ ジュンク堂書店
住所→18 Rue des Pyramides, 75001 Paris, France
電話→ +33 1 42 60 89 12
営業時間→10:00~20:00(日曜、祝日休み)

貴重な再会

先日は、熱が出たり呼吸が浅くなったり色々とありましたが、やっと今日からまたクラリネットを吹けるようになりました!

普段は当たり前に毎日吹いているのに、いざ吹けなくなるとなぜかものすごく吹きたくなるもので、、


今日の夜にOlivier先生からメッセージがきました。
「体調は大丈夫なの??」って。

先生優しい!!


元気で楽器を吹けることは本当にありがたいことですね。





話は変わって昨日のことなのですが、
バイト先に一人の日本人の女の人がきて、わたしに声をかけてくれました。

「去年、ここのお店に食べにきてあなたに接客してもらったのよ。」
って。


でも、たくさんのお客さんの接客をしているから、わたしは去年のことは全然覚えていない、、
ただ、声をかけてくれたのはすごく嬉しくて。



「去年のあなたは、まだフランスにきたばかりで何もわからないって言ってたわ。
そのころはすごく疲れていたようだけど、今はすごく生き生きしていて、変わったわね。

と言われました。




自分では気づかないけれど、フランスで生活していることで少しずつ何か変わっていっているのかな?

音楽はもちろん、フランスの音楽を少しでも自分のものにしたいといつも思っているけど、もしかしたら普段の自分もフランスの雰囲気に少しずつ馴染んでいっているのかな?


まあでも、フランスで驚くことや、フランス人の理解できない行動なんて山ほどあるし笑






これから良くなるか悪くなるかはわからないけど、このフランス生活で自分が少しでも成長できたら良いと願って、、
そして、人との出会いを大事にしていけたら良いです(*´v`)





その方が日本のお菓子をくださいました!
柿の種とキットカット
少しの時間だったけど、再会できたことと声をかけてくれたことにに感謝です♪


フランスの家庭のクリスマスツリーって?

11月ももう後半。
ヨーロッパの大イベント、クリスマスが近づいてきました!


日本ではどちらかというと、クリスマスよりお正月の方が大事にされますよね?
でもヨーロッパでは、もちろん宗教の関係もあってクリスマスは盛大に祝われます!

そんな盛大なクリスマスの模様はこれからクリスマスにかけて少しずつ書いていくことにして、今日は家にクリスマスツリーを飾ったのでそのお話を。





フランスの家庭では、みんな家にクリスマスツリーを飾るのは普通だそうです。
そして、クリスマスプレゼントはみんなツリーの下に
クリスマスの朝起きたら家族全員分のプレゼントがツリー下にあるんだそうです。

日本だとサンタクロースは枕元にプレゼントを置いていくっていうのが多いんじゃないですかね?




ツリーは本物の木を買って飾る家も多いそうで、クリスマスが近づくと色々なところでツリー用の木を売っているのを見かけます。
本物の木はだんだん木のくずが落ちてきてしまうので、下に新聞紙などをひいてから飾るそうです。


フランス人の子たちは、自分の家のツリーを写真にとって、

「ほらっ、今年のうちのツリーはこれだよ!きれいでしょ!」とか、
「この飾りは僕のお母さんの手作りなんだあ」とか
言っているのをたくさん聞きます。




うちのクリスマスツリー
去年買った、うちのクリスマスツリー☆
この木は作り物ですが、部屋のサイズにはぴったりな大きさです。

白いボールの飾りは、クリスマスに雪が降ったらいいねってことで白いものに。
パリではめったに雪が降ることがないので、ホワイトクリスマスにはなかなかなりませんが。



クリスマスに向けて来週くらいからMarché de Noël(クリスマスマーケット)が始まるので、そちらもまた載せていきます!


こちらもどうぞ
☆お昼のクリスマスマーケット
☆大人も楽しいCalendrier de l'Avent!


日曜日でもやってる診療所

昨日の夜から苦しくて、呼吸がいつもの半分もできないくらい、、
横になるともっと苦しくて、眠いのに全然寝られませんでした。



病院に行って薬がほしいよ!!
と思ったけど今日は日曜日。
日曜日は普通の病院はどこもお休みです。


でも、苦しすぎて明日まで待てない、、
日曜日もやっていて、日本語が通じるお医者さんもいるというアメリカン・ホスピタルに電話してみました。


電話をかけると、フランス語の音声案内が流れます。
希望のお医者さんの名前を入力したりすると、そのお医者さんにつなげてくれます。

しかし忙しいのか、「少々お待ちください」から、なかなかつながらない。
そして最後には切れてしまいました。

何でだろう?
その後何度かかけてみましたが、結局つながらずあきらめました。




でもやっぱり今日お医者さんに診てもらいたいよな、、
日本語がしゃべれるフランス人にお願いしたら、日曜日に開いている診療所を見つけてくれました。
通訳としてついてきてくれるということで安心。



診療所はメトロ9番線にあるCharonneという駅から歩いて数分のところ。
家からだと普通なら15分ほどで行けます。

でも今日は歩くだけでも息切れして、階段の昇り降りは苦しすぎてものすごい時間がかかりました。
普段階段でこんなに酸素を使ってたなんて知らなかった!!


AZOT先生の診療所の入口プレート診療所に着きました。
今回はこのプレートの右下のAxelle AZOT先生に診てもらいます。

待合室で少し待ってから、診療の部屋へ。

AZOT先生には前も診てもらったことがあるけど、とっても優しくて、明るい女の先生。
先生は、今日はキスマークがたくさんついたセーターを着て登場しました。

そして、この先生のお部屋がかわいくて、まっピンクなんです!
壁も置いてあるものも、ピンクピンクピンク!!

こここそ写真撮りたかったけど、このときはそんなこと言ってる場合じゃなかった笑



診察してもらったら、この症状が出るのは湿度と気温の関係なんだって。
最近同じ症状の患者さんが多いんだとか。

診察料は44.06ユーロ。保険に入っているので後でいくらか返ってきます。


薬の紙をもらって薬局に薬を買いにいきます。
NATIONの薬局今日は日曜日で開いている薬局は限られていたのですが、運よく近くのNATIONの駅の近くに開いている薬局がありました。

薬たちこれだけ薬を買って8ユーロくらい。
右が水と一緒に飲み込む錠剤で、真ん中が水に溶かして飲む大きな錠剤、左は鼻に射すスプレーです。


家にたどり着いて、薬を飲んで寝ました。
明日のクラリネットのレッスンと室内楽の合わせ、火曜日の室内楽のレッスンはお休みにしました。



あー早くクラリネット吹きたいよ。


Dr Axelle AZOT
住所→99 Rue de Charonne, 75011 Paris
料金→月曜~土曜25ユーロ 日曜、祝日45ユーロ
時間はネット予約にて 月曜~金曜の14:30~17:30は予約なしでもOK

パリのノートルダム大聖堂が舞台になったデイズニー



パリのノートルダム大聖堂。
観光客に大人気のパリの観光スポットです。


このノートルダム大聖堂が舞台となったディズニー。
それがノートルダムの鐘!!
フランス語だとLe BOSSU de NOTRE DAMEといいます。

15世紀のパリのノートルダム大聖堂が舞台になったお話なのです。


Bossuは本当は「せむし男」っていう意味なのですが、日本ではこの言葉が放送コードに引っかかるということで、全然違う言葉になってるそうです。


ノートルダムの鐘DVD1
こっちが1で。

ノートルダムの鐘 DVD2
こっちは2。

ディズニーだと子供向けの簡単なフランス語を聞けるので勉強になるし、パリのノートルダムでのお話ってのが気になってBOOK OFFで買っちゃいました。


原作はヴィクトル・ユーゴー

あらすじは、
容姿は醜いが優しい心を持っているカジモドは、ノートルダムから出ることを許されていませんでした。

しかしある日、外で行われている道化の祭りを見ると、言いつけを破ってお祭りに参加してしまいます。

そこで出会った美しいジプシーの踊り子に恋に落ちてしまい、、

というところから始まります。



今回はフランス語で見たのですが、映像を見てるだけでも分かりやすいので、フランス語の勉強にもおススメの映画です。


そしてこの映画を見ていると、もう一度実際にノートルダム大聖堂を見たくなってしまいます。

ただ、今のノートルダム大聖堂は中に入るだけなら無料ですが、カジモドがいる上の部分に登るにはお金がかかるので要注意を、、


こちらもどうぞ
☆大ヒットしたフランス映画「最強のふたり」
☆日本より一足お先に観てきました!ミュージカル映画『The Greatest Showman』
☆ヴァイオリンの先生のストーリー、映画「La Mélodie」

風邪をひいたら

風邪をひきました。
のどは痛いし、鼻水と咳は止まらない。

クラリネットを練習しても、息を吸えないし、耳がボーっとするし。




レモン飴
家のすぐそばのスーパーで、Ricolaのレモン飴を買ってきました。
砂糖は使われておらず、レモンバームっていうハーブが入っていてのどに良い!

Ricolaはスイスのハーブを使った飴で、種類はいろいろあって、それぞれにいろんな種類のハーブが入っているんです。
飴をなめると、のどの痛みがだいぶ和らぎます。




レモンと蜂蜜
やっぱり風邪に良いのはレモンと蜂蜜!
紅茶に入れてビタミンCを摂取します。




青リンゴ
風邪をひくと、果物が食べたくなります。
青りんご2個買いました。
どこの店でも、青りんごは赤よりちょっと安いかな。




風邪をひいていて出かけるときは、日本なら大体マスクをしますよね?
まだひいてなくても予防のためにつける人もたくさんいます。

でも、フランスではマスクをつけている人はほとんどいない!!
マスクをつけていると不審者のように思われたりする
とか。


だからフランスではマスク自体全然売ってないんです。


日本から持ってきた薬を飲んで、
日本の友達にもらったマスクをつけて寝ます。



早く治らないかなあ。

ヴァイオリンの先生のストーリー、映画「La Mélodie」



13区にある、mk2という映画館に映画を観にいきました。
mk2はいろんなところにあります。


中はこんな感じ。

手前にチケット販売機があって、奥にはポップコーンなどを売っているお店があります。


この販売機でチケットを買います。


わたしは学校に通っているので学生券で7.9ユーロ


今回観たのはこのLA MÉLODIE

13時40分から始まるやつを見にいったのですが、遅刻してしまいダッシュ。
結局着いたのは開始時間から15分後でした。



急いで扉を開けると、、




あれ??
何も流れていない。
宣伝すら流れていません。

しかも、お客さんは1人だけ!!

これ、本当に始まるのか??
と心配になりましたが、10分くらいたってやっと始まりました。

これがフランスです。
時間なんてあってないようなもの笑



LA MÉLODIEの話は、ヴァイオリン奏者が小学校でヴァイオリンの先生となり、初めてヴァイオリンを手にし、なかなか言うことを聞かない子供たちを教えていくというもの。

前に子供にクラリネットを教えたことがあるわたしにとっては、共感できる部分もあったり。

映画の中では、素敵な音楽をたくさん聞けました。


ちゃんと全部見れて良かったあ。



こちらもどうぞ
☆大ヒットしたフランス映画「最強のふたり」
☆パリのノートルダム大聖堂が舞台になったデイズニー
☆日本より一足お先に観てきました!ミュージカル映画『The Greatest Showman』


Meudonからの帰り道

水曜日の夜は吹奏楽のお手伝い。
今日はクラリネットとサックスだけのセクション練習でした。


終わるのは20時。
夏の20時はまだ全然明るいけど、秋はもう真っ暗。

Meudon駅で15分に1本の電車を待ちます。
人が全然いない。


電車がきました。


小さいけど、電車の窓からエッフェル塔が見えます。


帰りのメトロの中のこと。

黒人でやんちゃそうな少年2人がメトロの中でタバコを吸っていました。

隣のおじさんが2人を注意するとケンカになります。すごい叫び声で言い合って、近くの人たちから大注目。


それでも言うことを聞かない2人。

すると近くにいた美人なお姉さんが、
「ここは公共の場なんだからタバコは周りの人の迷惑でしょ!!」

と一発叫ぶと、2人は諦めて静かになりました。


やっぱりどこでも女は強いなあ笑

木星と金星大接近

木星と金星が地球に大接近すると聞いて、日が昇る前からスタンバイしました。

橋から日が昇る前のセーヌ川
家の近くのBercy隣にある、セーヌ川にかかる橋から見ます。
こっち側は北方面。

昨日はものすごい大雨で、セーヌ川が氾濫する危険があると言われていましたが、大丈夫でした。
気温は低かったし、川の上だったので風が吹くとめちゃ寒い、、



南東の低い位置に、日が昇って少し明るくなる7時ごろ良く見えるということでした。
日が昇る前のセーヌ川 南側
こっちが南側。




少し明るくなった空
日が少しずつ昇ってきて、空が明るくなってきました。

わたしは、朝の時間のだんだん明るくなっていくグラデーションの空が大好き!
何度見ても飽きません。

日が昇ってきたけど、やっぱりパリは明るいし、ここからだと南東の下のほうにはちょうど木がたくさんあって見えないかもなあ、、とあきらめ始めたとき



キラッ



ってすごく強く光る星が現れました。

雲が移動すると、近くにもう一つの星も出てきました。



そのころには、わたしの古いiPhoneは寒すぎて電源が入らなくなっていたので写真は撮れませんでしたが、、
まあ、肉眼で見るのが一番いいよなあ。



次地球にもっと大接近するのは50年後だって。
おばあちゃんになってるわ、、

フランスの祝日Armistice de 1918はどんな日?

今日はフランスの祝日Armistice de 1918。
この日は1918年の11月11日に第一次世界大戦が終わったことを記念して祝日になっています。



エッフェル塔にはフランスの国旗が!!
ここで式典が行われます。



凱旋門の周りには警察がたくさんいて、通行止めになっているんです。

なので道を渡りたくても渡れず、ぐるーっとものすごい遠回りをしなければなりません、、




音楽隊の人たち!!
式典での演奏とかすごい迫力なんだろうなあ。

すごく聴きたかったけど、残念ながらこの後予定があったので聴けませんでした(;_;)




式典が終わった後は通行止めが解除されていつものシャンゼリゼ通りに戻ります。



こちらもどうぞ
☆かわいいチョコレートを食べちゃおう!フランスのイースター
☆フランスでクレープを食べる日!2月2日はla Chandeleur(シャンドルール)
☆公現祭の日に食べるガレットデロワ
☆5月8日は戦勝記念日

ベルギーとの国境のすぐ近く、活気あふれるフランスのリールを観光

IMG_4453.jpg

フランスの北の端っこ、ベルギーとの国境近くにあるリールという町。
素敵な建物がたくさんあって、たくさんの人でにぎわっています。

そんなリールを観光してきました!



目次
■シャングリラのチューリップ(les Tulipes de Shangri-la)
■Pl. Général de Gaulle(ド・ゴール広場)
■商工会議所の時計塔
■オペラ座
■サン・モーリス教会(Eglise Saint Maurice)
■PAUL本店
■MEERT



○シャングリラのチューリップ(les Tulipes de Shangri-la)
IMG_4458.jpg
Lille Europe駅の駅前にある、日本人芸術家の草間彌生の作品です。
2004年にリールがヨーロッパ文化都市として多くの芸術作品が街中に展示された時に造られました。

『シャングリラのチューリップ』という名前は、イギリスの作家ジェームズ・ヒルトンの小説『失われた地平線』に登場する理想郷のにちなんでつけられたそうです。



○Pl. Général de Gaulle(ド・ゴール広場)
IMG_4450.jpg
ユネスコ世界遺産にも指定された美しい広場です。グラン・プラスとも言われます。
リールはシャルル・ド・ゴールが生まれた場所であることから、この名前がつけられました。


IMG_4452.jpg
右端の女神像は、1792年のリール包囲戦の勝利を記念して建てられたものです。
元はパリの凱旋門の上に飾られる予定だったのですが、最終的にリールに寄贈されることになり、リールの歴史上大事な像としてここに飾られました。

そして、右端にあるのが旧証券取引所。

IMG_4456.jpg
旧証券取引所の真ん中では、ちょうどダンスパーティが行われていました。



○商工会議所の時計塔
IMG_4457.jpg
1924~1932年にかけて造られ、ユネスコ世界遺産に登録されました。
高さは104mあって、リールシンボル的存在です。



○オペラ座
IMG_4447.jpg
1907~1913年にかけて造られた新しい劇場です。



○サン・モーリス教会(Eglise Saint Maurice)
IMG_4411.jpg
古くて大きな教会です。



○PAUL本店
PAUL本店
パリにたくさんあるパン屋さん、PAULの本店がリールにあります。



○MEERT
MEERT
こちらはゴーフルで有名なサロン・ド・テMEERTです。
>>MEERTの詳しいお話はこちらから


リールは建物が素敵なので町を歩くだけでも楽しいし、ショップもたくさんあるので買い物も楽しめる町なんです(゚∀゚)



こちらもどうぞ
☆サッカー日本代表VSブラジル代表。国際親善試合を観戦しにリールへ!


リール在住者もおススメする!フランスのリールに行ったら行くべき場所は老舗サロン・ド・テMéert

MEERT
フランスの北の町、リールにあるMéert。
創業1761年という、250年以上の歴史がある老舗なんです。

このお店の名物は「ゴーフル」
なぜかというと、1849年にMichael Paulus Gislinus Méertというベルギー人が、マダガスカルのバニラを使ったバタークリームをはさんだゴーフルを売り出しました。

すると、あのシャルル・ド・ゴール大統領も気に入ってしまいよく食べていたのだそうです。
そして、このお店のゴーフルで有名になり、お店の名前はゴーフルを作ったMéertさんからとられました。


さあ、中に入ってみましょう!

このリールのお店は、ケーキやチョコレートを販売している場所と、サロン・ド・テとが分かれています。

まずはケーキ売り場。

MEERTの中2

MEERTの中3
ケーキはかわいいもくておいしそうなものばかりで、どれもこれも食べたくなっちゃいます。



そしてチョコレート売り場。

MEERTの中1

MEERTの中4
お土産にもぴったり!


MEERTの中5
お店の外もかわいく飾ってあります。



そして、サロン・ド・テ。
中には席を待つ人たちの列ができていました。

少し待つと案内してくれました。
中はとってもかわいくて、女子が大好きな内装です。


では、さっそくゴーフルを注文しちゃいます。
込んでいたので注文したものが来るのに時間はかかりましたが、ちゃんときました。


MEERTのウィンナーコーヒーとゴーフル
こちらがその有名なゴーフルです!
ゴーフルにはお店の名前が入っています。
一緒にウインナーコーヒーも。

お味は、、、

うまっ!!
小さくて薄いけど甘さが口の中に広がって、何枚でも食べてしまいたくなる味。
シャルル・ド・ゴールさんはこの味に惚れてしまったんだなあ。


リールに行ったら是非寄ってみてください(* ´ ▽ ` *)


お店情報
MEERT
27 Rue Esquermoise, 59800 Lille
03 20 57 07 44
月曜14:00~19:30、火~土曜9:00~22:00、日曜9:00~18:00



こちらもどうぞ
☆ベルギーとの国境のすぐ近く、活気あふれるフランスのリールを観光
☆サッカー日本代表VSブラジル代表。国際親善試合を観戦しにリールへ!

サッカー日本代表VSブラジル代表。国際親善試合を観戦しにリールへ!

フランスの北の方にあるLille(リール)という街で、サッカーの日本代表対ブラジル代表の親善試合が行われるということで、観に行ってきました!

初めての生のサッカーにドキドキ☆



今回はパリからリールまでTGVを使いました。
パリのGare de Nord(北駅)からLille Europeまでは1時間ほどで着いてしまうんです。
そこから歩いて2つ目の駅Lille Flandresに行ってメトロに乗ります。

リールにはLille EuropeとLille Flandresという、大きい駅が2つあるので要注意です。


スタジアム到着!

リールのサッカー場
今日試合が行われるのは、ここStade Pierre-Mauroy(スタッド・ピエール=モーロワ)です。変わった形のスタジアムです。

試合を観にきた日本人とブラジル人たちがたくさスタジアムに向かっています。


今日は13時キックオフ。
この辺りは田舎なので周りにレストランなどがたくさんありませんが、スタジアムのすぐ近くにひとつだけいろんな店が集まったショッピングセンターのような大きな建物があります。
中にはカフェなどがあり、きれいなトイレもあります。

ここで軽く食べてからスタジアムへ。



わたしたちはゴールの真後ろ前から7番目の席でした。日本サポーターの応援席です。

お客さんが入る前
ここのスタジアムには5万人入るそうです。


KABUKI BOYS
KABUKI BOYSの前にブラジル人。笑


試合前の練習
試合前の練習が始まります。
やばい!選手たちがめちゃ近い!!!


国歌
国家が流れて試合開始です。


Naymar
今話題のイケメンブラジル人ネイマール!!彼が何かするだけでキャーキャー歓声が上がります。


PK
今回は2回PKがありました。
ネイマールVS川島選手。
1回入れられて1回止めました。
いつもテレビでしか見ていないのに、こんなに近くで見れるなんて、、

ボールがこっちまで飛んできそうでちょっと怖かったですが迫力満点!



試合後
1対3で負けてしまいましたが、生で観るのはとっても面白かったです!!


また生でサッカーを観たくなってしまいました(´∀`*)
ということでまた日本代表戦を観に行ってきました>>こんなに間近で観れるなんて!サッカー日本VSウクライナ戦



こちらもどうぞ
☆リール在住者もおススメする!フランスのリールに行ったら行くべき場所は老舗サロン・ド・テMéert
☆ベルギーとの国境のすぐ近く、活気あふれるフランスのリールを観光

先生のコンサート

学校に、先生が出演するコンサートを聴きに行きました。



今日のプログラム。


メゾソプラノの人と、Archimusicのメンバー
オーボエ、バスクラリネット、クラリネット、サックス、トランペット、パーカッション、コントラバス、バソン
での演奏でした。


こんな楽器の組み合わせの演奏は初めて聴いたし、ジャズは普段あまり聴かないので新鮮な感じで良かったです!


それぞれの楽器の良さが生かされていて、とても面白いコンサートでした。



ジャズなんて絶対難しいけど、いつかやってみたいなあ、、


DOPのボディソープの不思議な香り

ちょっと気になって買ってみたDOPのボディソープ。

DOP マドレーヌ
最近使い始めたマドレーヌの香り。


パッケージにはかわいいマドレーヌの絵がついています。
使ってみると、これがめっっっっっちゃマドレーヌの香り!!!

しかも香り持続性が強い!
一日中とまではいかないけど、ずっと自分の体からマドレーヌの香りがしてきます。
マドレーヌをつけて歩いてるみたい、、、



DOP レモンケーキ
一緒に買ったレモンケーキの香り。

まだ使ってはいないけどふたを開けるとやっぱりものすごいレモンケーキの香りが。




DOPの種類は他にもあって


DOPの種類2


コーラグミ
りんごあめ
パンデピス(香料入りのパン)
マシュマロ
田舎のはちみつ
いちごタルト
かつてのキャラメル
真のマドレーヌ




こんだけ色々出てるんだから買う人も多いのかなあ。



面白いから色々試してみたいけど、ちょっと怖いよな、、

お好み焼きを作り置き

料理をするのがあまり好きではないわたし。

普段はバイト先のまかないがメインで過ごしていて、野菜など栄養のある食べ物を食べるのはなかなか難しい、、
野菜を買ってもすぐ腐らせてしまうし、毎日料理をするのは面倒だし。




そこで、日本から持ってきたお好み焼き粉を使って、お好み焼きを作り置きすることにしました。

一袋500gで、10枚くらいできます。
何度も作るのは面倒なので全部一気に焼いちゃいます、、



お好み焼きは日本の食べ物ですが、中身はフランスのものを使わないといけないので、普通のお好み焼きとは少し変わってきます。
スーパーで買ってきたキャベツ。
フランスのキャベツはめちゃ厚くてかたいんです。
だから、切るのに一苦労、、


日本で売っている薄切り豚肉の代わりに、このサラミのでっかいやつみたいなお肉を使いました。

見た目は日本の薄切り豚肉のようだけど、フランスではこのままおつまみとして食べたり、サラダに入れたりして食べるようです。


あとは、もやしと卵を入れて焼きます。
マヨネーズと、日本から持ってきたお好み焼きソースと鰹節をかけて出来上がり!!


お肉はやっぱり味が全然違うけど、キャベツやもやしは日本の感じになりました。




残った分は全部冷凍庫へ。
これから少しずつ食べなきゃなあ。

パリで公共交通機関を使うならNAVIGOが必須

パリに住んだり、数日間パリを観光したいときは、NAVIGOというICカードを買ったほうがお得!

今日はそんなNAVIGOについて説明したいと思います。


目次
■NAVIGOとは
■NAVGOの作り方
■1週間、1ヶ月分のチャージの値段
■1年分のNAVIGO
■学生定期imagineR
■切符の値段




☆NAVIGOとは
日本でいうSuicaとかPasmo、Manacaのようなもので、ICカードに1週間、1ヶ月、1年分などをチャージすればそのゾーン内は電車でもバスでもトラムでも乗り放題というものです。改札でかざすだけで通れます。

IMG_0182[1]
こうやって番号や顔写真が入っています。




☆NAVIGOの作り方
NAVIGOは駅の窓口で作ってもらえます。
証明写真を一枚持っていって、本体の値段5ユーロを払ったら完成!
そこでチャージしたい分を言えばチャージしてくれます。

チャージが切れたら、機械で好きな期間を選んでチャージすればOK。




☆1週間、1か月分のチャージの値段

(2018年現在) 
ゾーン 1週間    1ヶ月
1-5  22,80 € 75,20 €
2-3  20,85 € 68,60 €
3-4  20,20 € 66,80 €
4-5  19,85 € 65.20 €
    
           
1週間分だと、月曜始まりになってしまうので要注意!
例えば、土曜日に1週間分をチャージしてしまうと次の日日曜日までしか使えないということです。      
1か月分は、1日始まりです。



☆1年分のNAVIGO
1年分のNAVIGOは買える駅が限られています。

1年分の値段はゾーン1~5で827,20ユーロ+登録料7,6ユーロ
11か月分の値段でもう1か月分がついてくるという感じ。

支払いは一括払いか分割払いか選べて、分割払いだと毎月75,20ユーロが自動的に口座から引かれて、やめたい時は言えば途中でもやめることが出来るそうです。

1年分を買いたいときは銀行のRIBとID(身分証明書)をお忘れなく!!



☆学生定期imagineR

NAVIGO imagine R

25歳までの学生imagineRという学生用NAVIGOを買うことができます。
これは1年間で350ユーロでゾーン1~5まで乗り放題のちょーお得なものです!


作り方は、まず駅で登録用紙をもらって、名前、住所、学校名、銀行のRIBの番号などを家で記入します。
入っている封筒に、登録用紙、学生証明書や滞在許可証のコピーなど書いてあるものを全部入れて郵便で送ると何週間か後に家に郵送してくれます。

届くまでに意外と時間がかかるので、届くまでは普通に切符か、チャージ式のNAVIGOを買わなくてはいけません。



☆切符の値段
切符を買うと値段はこんな感じです。
切符は機械で購入できます。

NAVIGOの値段1
1乗車1,9ユーロ。
まとめ買いするともう少しお得になります。

下が空港までのお値段。
パリからシャルルドゴール
バス→12ユーロ 電車→10,3ユーロ

パリからロワシー空港
バス→8,3ユーロ 電車→12,1ユーロ


NAVIGOの値段2
観光客用に、1日~5日乗車券もあります。12歳までが子供料金なようです。
ゾーン1から3までか、ゾーン1から5までかで料金が違います。



ちなみに料金を払わないで乗ると
パリにはよく、無理やり改札を通ったり飛び越えたりして、お金を払わないで乗ろうとする人がいます。

たまに、駅の改札を出る前辺りに駅員さんたちが立っていて、ちゃんとお金を払っているかチェックされます。
持っている切符やNAVIGOをわたせば機械で情報を読み取ってくれます。

そこでお金を払っていないことがバレると罰金を払わなければなりません
切符を持っていても、ちゃんと改札を通していないとダメなので要注意です。



NAVIGOはICに情報が入っているので、なくしてもケースの値段だけ払えばまた再発行できるんです。

ピッっとすればパリ中行けちゃうNAVIGOは便利♪


こちらもどうぞ
☆Orlyvalには気をつけて!

再びフランスへ

2週間半は早いもので、フランスへ戻る日がやってきました。

今回は久しぶりにたくさんの人と再会できたし、フランスではなかなか食べられない色んなものを食べられたし、コンサートにも出演させていただくことができて本当に良い時間でした。
次回帰るときはもっとパワーアップして帰れるようこれから頑張らないと!




帰りもルフトハンザでフランクフルト乗り換えでした。

セントレア 屋上
飛行機の窓からお見送りの人たちが見えます。
少し目立つ服を着ててくれれば意外としっかり見えます。

飛行機から日本の海
いってきます!!海がきれいだなあ。



機内食メニュー
今回の機内食はこんな感じ。

ルフトハンザ おつまみ
まずはおつまみと飲み物。中はクラッカーみたいなお菓子です。


ルフトハンザ 昼食
11時50分発の飛行機だったので、昼食が出ます。
鶏つくねやひじきご飯、細まきなど日本の味が楽しめました。

ルフトハンザ 軽食
そして軽食にはおにぎり!!

ルフトハンザ 夕食
フランクフルトに着く2時間前くらいには夕食が出ます。
豚のしょうが焼き!!



ドイツの紅葉
もうすぐ着陸です。色づき始めた紅葉がきれい♪


予定時刻より30分ほど遅れて到着。荷物検査などをやっていたら意外と時間なくてすぐに次の飛行機に乗り継ぎます。

飛行機から 夕暮れ
夕暮れの時間で、空がきれいなグラデーションになっています。


予定通りの時間にシャルルドゴールに到着!!


でも、家に帰るまでのRER B線が途中で止まってしまって、電車の中で結構待ちました。
あ~、フランスに戻ってきたなあ


こちらもどうぞ
☆ルフトハンザでパリから日本へ!

百花百草コンサート


IMG_0398[1]

百花百草で行われたジョイントコンサート。

今日はクラリネット3人とピアノ2人っていう、同じ大学卒業&院生のメンバー。
1人ずつソロをやって、ピアノ連弾がありクラリネットトリオがありっていうコンサートでした。


百花百草は日本らしい建物です。

大きな窓からは素敵な庭園が見えます。
お客様にはこの素敵な景色を見ながら演奏を聴いていただくのです。


お庭はハロウィン仕様になってます。


色んな方に聴きにきていただいて、無事に終えることができました。
とても良いメンバーと一緒にできて楽しかった!

フランスにいる間は大学時代のメンバーと一緒に演奏することはできないけれど、こうやって1年に1回一緒に演奏会に出演させてもらえるのはとっても嬉しい!

大学にいたころを思い出して懐かしいし、1年ぶりに会ったはずなのにそんなことを感じさせないくらいに話が尽きない。


これからもそんな仲間たちと一緒に演奏できるよう、フランスの学校で頑張らないと!

香嵐渓の紅葉

大学で同じクラリネットを専攻していた友達と、香嵐渓に紅葉を見に行きました。

紅葉の見ごろにはちょっと早いと知りながらも、日本にいる間に見たかったので行ってしまいました。




まだ緑のところが多いですが、赤みがかったところもちらほら。

時期が少し早かったので人が少なくてゆっくり見て回れました。




焼きたて五平餅。
五平餅って全国共通の食べ物だと思っていたけど、意外と知らない日本人が多くてびっくり。
こんなにおいしい食べ物を知らないとは、、



ともきりきの芸。
お猿さんの芸をやっていました。お猿さんが竹馬に乗ったり、逆立ちしたり、、
ツッコミやボケまでやっていてすごく賢い!



お昼ご飯は刀削麺っていう、中国料理を食べました。
このお店は人気なようで、行列ができていました。

刀削麺ってのは、文字通り刀で削った麺。お店の中では、生地を削ってお鍋に入れていました。麺はめちゃ太い!



短い時間でしたが自然を見て気分転換できました!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


プロフィール

YukihaCL

Author:YukihaCL
2015年9月からフランスで音楽留学してます。
趣味は旅行!
フランスでの生活、文化など現地からの情報を少しでもお伝えできたらと思います。

最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリー
お客様
検索
リンク