FC2ブログ
  • イタリアでラーメンって言ったらどんなのが出てくるんだろう?まさかパスタじゃないよね??笑なんて考えながらイタリアのミラノにあるラーメン屋さんCASA RAMENへ行ってきました!こちらがCASA RAMENです。昼の閉店ギリギリの時間に行くと、女性客が1人食べているのみでガラガラでした。店内は落ち着いています。日本語が書いてあるちょうちん。メニューは、キムチや豆腐、バーガーなどといったサイドメニューと、ラーメンが5種類... 続きを読む
  • イタリアを代表するロマン派作曲家ジュセッペ・ヴェルディが建てた、音楽家憩いの家(Casa di Riposa per Musicisti)というのがミラノにあります。ここは音楽家のための老人施設で、現在はここに15人ほどの退職した音楽家の先生と、音楽を勉強中の15人ほどの若者が一緒に練習したりご飯を食べたりしているのだそうです。ここで、退職した音楽家は次世代を担う若者に指導し交流することで活気をもらえ、勉強中の若者は大先輩から音楽... 続きを読む
  • イタリアの北西にあるチンクエテッレに行ってきました!海のそばにかわいい村が5つあって、村の中を歩いて回るのも楽しいし、遠くからカラフルな家の集まりを見れば、そのかわいさと素敵な景色ににうっとり、、トレッキングコースというのもあって、山の中をハイキングすることだってできるんです♪チンクエテッレは日本人にはまだあまり知られていなくて、日本のガイドブックなどには載っていないこともありますが、ヨーロッパの人... 続きを読む
  • 初めてイタリアへ行ってきました!今回はイタリアの北側だけの旅行でしたが、それでもフランスと全然違うなあと感じたところがたくさんあって文化の違いを感じました。そんな、わたしが感じたフランスとイタリアの違いを書いてみたいと思います!イタリア人は時間にルーズフランスに住んでいてフランス人って本当に時間守らないよなあ、、って思ったことがたくさんあったし、当のフランス人たちも自分たちは時間にルーズだってこと... 続きを読む
  • 2018年は日仏交流160周年!ということで、それを記念してさまざまなイベントが主に日本とフランスで行われます。フィルハーモニー・ド・パリで行われるシーズン2018/2019のイベントの中には日本週間というのがあります。この週間は2回あって、1回目は2018年10月12~15日。2回目は2019年2月6~10日。この期間には、文楽、雅楽、舞踊、能、狂言などの日本の伝統芸能をパリで観ることができるんです。そしてその中でもとっても人気の... 続きを読む
  • レッスンを受けに学校へ。今日のレッスンでは、まだ今までみてもらったことがなかった曲、Pierre Revel(ピエール・ルヴェル)作曲の『Fantasie(ファンタジー)』のレッスンを受けました。ルヴェルはフランスの作曲家で、1901年にNattages(今はParves et Nattages)という町で生まれ、1984年に亡くなりました。CNSM(パリ音楽院)の作曲の先生で、オルガニストでもありました。驚いたことが、ルヴェルの生涯などの情報をネットで調べた... 続きを読む
  • 2018年度春季の仏検2級をパリ会場で受けてきました!仏検は実用フランス語技能能力試験のことで、1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級とあって、試験は1年に2回(春季と秋季)実施されます。季によって受けられる級が違い、パリ受験は3級以上しか受けられません。1次試験は筆記試験とリスニング、準2級以上から実施される2次試験は面接です。今日の会場はこちらの14区にあるパリ・デカルト大学。必要な物は受験票、筆記用具、身分... 続きを読む
  • フランスが誇るオーケストラ、パリ管弦楽団。このコンサートは、本拠地であるPhilharmonie de Paris(フィルハーモニー・ド・パリ)で聴くことができます。パリ管の定期演奏会はたいてい水曜日と木曜日の20:30から。席はカテゴリー1~6まであって、値段は10~50ユーロです。定期演奏会以外のコンサートもたくさんあるので、フィルハーモニー・ド・パリのロビーに置いてあるこんなシーズンプログラムで見ることができます。もちろん... 続きを読む
  • パリ管のコンサートを聴きに行ってきました!今日のプログラムは○交響的幻想曲《影のない女》 /リヒャルト・シュトラウス○ヴァイオリン協奏曲外2番 /カロル・シマノフスキ○交響的舞曲 /セルゲイ・ラフマニノフ指揮者:Karina Canellakis(カリーナ・カネラキス)ソロヴァイオリン:Nicola Benedetti(ニコラ・ベネデッティ)今日の指揮者は女性!カリーナ・カネラキスはアメリカ人指揮者で、これまで数々のオーケストラを指揮し、2019 ... 続きを読む
  • 紅茶と言えばイギリスを思い浮かべる方が多いかと思いますが、もちろんフランスの紅茶もあります!素晴らしいフランスブランドの紅茶は色々ありますが、お高いので普段はなかなか飲むことはできません。(日本へのお土産にはとっても良いと思います!)ですが、わたしのような庶民でも、普段から飲めるようなお手ごろ価格のフランスの紅茶があります。今回はそんなスーパーで買える、リーズナブルなフランスの紅茶を2種類ご紹介した... 続きを読む
  • モーツァルトが最初の交響曲を作曲した家がロンドンにあります。家の前の通りには『モーツァルトテラス』のプレートが。モーツァルトは1764年4月に、父と姉とともに演奏旅行でイギリスにきました。少しの間は別の場所に宿泊していたのですが、父の体調が良くなかったので7月にここに引越しました。この場所は今は都会ですが、その頃は田舎だったので、父はリフレッシュできたのでした。モーツァルトはここで2曲の交響曲を書きます... 続きを読む
  • 昨日の夜、日本食レストランでバイト中のことです。入口に1番近いカウンターの席に、1組のカップル(おそらくパリ旅行中)が座って食べていました。そこへ1人の男の人が入ってきて、ちょうどその2人の隣のカウンター席が1人分空いていたので、彼をその席へ案内しました。その時間は店が込み始める時間で、わたしたちは料理を運んだりオーダーをとったり、どんどん入ってくるお客さんの相手をするのに精一杯。少しして、さっき1人で... 続きを読む
  • わたしはフランスに音楽留学をしているのですが、前からドイツにも少し興味がありました。ドイツには素晴らしいクラリネット奏者がたくさんいて、レベルの高い学校もたくさんあって、フランスと同じようにクラリネットを学ぶ環境がとても良い国だと思います。そんなドイツの音楽講習会に一度参加してみたいなと思っていて、今年思い切って応募してみました!その講習会のクラリネットの先生は、ウィーンフィルの首席クラリネッティ... 続きを読む
  • クラリネットのマウスピース(口にくわえる部分)とリード(振動して音源となる部分)を固定する部分をリガチャーといいます。リガチャーにはいろんな種類があって、形はもちろん色の違いによっても音が変わり、奏者が好きなものを選びます。わたしが今使っているリガチャーはシルバースタインという種類で、1年前に購入したものです。こんな立派なケースに入っていました。これに使用されている紐のような部分は、NASAの火星探査機に... 続きを読む
  • スーパーに並んでいたFeed.を初めて買ってみました!これ1本で1食分に置き換えることができるんです。栄養がバランスよく入っていて、お腹もいっぱいになるんだそうで。これの良いところは、○ヴィーガンの人でも大丈夫○グルテンフリー○ラクターゼ(乳糖)が入っていない○遺伝子組み換え食品が入っていない○ナッツ類が入っていない○食物繊維が豊富という、体に良いものがたくさん入っていて、アレルギーやヴィーガンの人にも優しい... 続きを読む
  • 今日は室内楽の試験。1年間一緒にやってきたチームでの集大成です。審査員は他の学校からきた先生3人。この学校の室内楽の先生は審査はしませんが、客席で聴いています。それぞれのチームが、準備してきた曲を順番に演奏します。わたしたちは最後から2番目で、直前に少しリハーサルをして本番でした。わたしたちが演奏したのは2週間前にも学内コンサートで演奏した、モーリス・エマニュエル作曲の『フルート、クラリネット、ピアノ... 続きを読む
  • バロック音楽の重要な作曲家ヘンデル。彼はドイツで生まれ、イギリスに帰化し亡くなるまでロンドンで暮らしました。そんな彼が住んでいた家が、博物館としてロンドンに残っているんです♪こちらがその博物館で、ヘンデルが住んでいた家です。家の表にはプレートがありますが、入るのは裏側の入口からになっています。ヘンデルは1723年から亡くなる1759年までの間、ここに住んでいました。ここで『水上の音楽』、『メサイア』などの... 続きを読む
  • フランスの南にある小さな町ヴィトロル(Vitrolles)。サロン=ド=プロヴァンス、エクス=アン=プロヴァンス、マルセイユの三都市をつないだ三角形の真ん中にあります。面積が小さくて店などの数も少なく、公共交通機関があまりないので車持ちじゃないと生活が難しい。観光地ではないので、見どころも少ない、、そんなヴィトロルの1番の見どころがこちら!Le Rocherといいます。ヴィトロルは5世紀ごろでき、人々は野蛮人の侵略から... 続きを読む
  • 毎年開催されるサッカーU-23(23歳以下)のトゥーロン国際大会。フランスの南東部で試合が行われ、決勝はトゥーロンで行われます。ここでは、将来ワールドカップやオリンピックに出場するような、未来のスター選手たちが活躍するのです。今回、南フランスのヴィトロルという町で行われた、日本代表U-21VSポルトガル代表U-19の試合を観にいってきました!ここがSNCFのGare de Vitrolles-Aéroport-Marseille-Provence駅。遠くに海が見... 続きを読む

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索