ファラフェルサンドの人気店 L'As Du Fallafel

メトロSaint-Paul駅から歩いて5分ほど。
おしゃれなマレ地区の中にある L'As Du Fallafelというお店。

ここではファラフェルサンドを食べられます。
ファラフェルとは、ヒヨコマメやソラマメと香辛料を混ぜて揚げた食べ物。
ベジタリアンの人でも食べられるんです!


IMG_9979[1]
13時ごろ着くと行列ができていました。

お店の中で食べると45分待ち、テイクアウトだとすぐだよ~とおじさんがテイクアウトをおススメしたので、テイクアウトにすることに。


テイクアウトの列に並ぶと、おじさんがすぐにオーダーを取りに来ます。
そしてその場でお会計を済ますと、注文が書いた紙をくれて順番がくるのを待ちます。


作っている人たちにその紙を渡すと、キッチンはすごく忙しそうなのに
「ちょっと待ってね~」と言って目の前で楽しそうに作ってくれます。

フランスではめずらしい、テキパキした仕事ぶり


わたしのは作るのに少し時間がかかってしまって、キッチンのおじさんが
「これを食べながら待っててね。」
と言って、ファラフェルを1つ手渡してくれました


ホクホクのファラフェルを味見しながら少し待つと出来上がり!
辛いソースをかけるかどうか聞かれます。


IMG_9984[1]
これがEscalope de Poulet Panéで8ユーロ

揚げた鶏肉にキャベツ、紫キャベツ、ピーマン、揚げナスが入っていて辛いソースがかかっています。
野菜もたくさん食べられてお腹いっぱいになる、ボリューミーなサンドなんです。

大きすぎて口には入らないので、プラスチックのフォークが必要です。


初めて来たけど、食べてみると人気の理由がわかる気がします。

マレ地区に行ったら是非是非寄ってみてください(゚∀゚)



お店情報
住所→32 Rue des Rosiers, 75004 Paris
電話→ 01 48 87 63 60
営業時間→日曜~木曜12:00~23:00、金曜12:00~16:00、土曜休み
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索