FC2ブログ

作曲家オッフェンバックのプレートを発見!

オペラガルニエの近くを歩いていたらこんなプレートが!

IMG_0027[1]
音楽家ジャック・オッフェンバック(1819年6月20日~1880年10月5日)ここで亡くなる。

オペレッタ 『パリの生活』『地獄のオルフェ』『美しきエレーヌ』
オペラ 『ホフマン物語』
を作曲。


IMG_0028[1]
このプレートがついていたアパートはこんな大きな扉の建物。
パリの1番中心地にあるこんな大きな建物に住んでいるのは、お金持ちばかりでしょうね。


オッフェンバックはドイツのケルンに生まれ、14歳のときチェロを学ぶためにパリへきました。
そして、革命を避けるためにドイツへ一時帰国した以外はずっとパリに住んでいました。

テアトル・フランセの指揮者となり、たくさんのオペレッタを上演して人気者になります。

オッフェンバックはたくさんの美しいメロディーを生み出したので、イタリアの作曲家ロッシーニは彼のことを「シャンゼリゼのモーツァルト」と言ったそうです。



そんな有名なオッフェンバックがここに住んでいたのかあ~。
この場所はよく通るのに全然知らなかったなあ。



パリにはこんな風に、いたるところに有名な人の名前が入ったプレートが掲げられているんです。
作曲家のプレートもたくさん!

わたしはパリに来てから、作曲家のプレートめぐりをしました。
本当にたくさんあって宝探しゲームをしているみたいで面白いんです♪



まだまだ知らない作曲家のプレートはあるはずなので、これからも探し続けないとなあ(*´v`)




オッフェンバックのプレート
住所→8 Boulevard des Capcines


こちらもどうぞ
☆『カルメン』が誕生したパリで、ビゼーゆかりの地をめぐる
☆変わり者の天才フランス作曲家、サティが住んでいたアルクイユの家へ
☆作曲家ダリウス・ミヨーが住んだ家とお墓を訪れて
☆ショパンのパリ時代に思いをはせて~ショパンが住んだ家をたどる
☆鉄道オタクの作曲家!プラハのドヴォルザーク博物館を訪ねて
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索