フランステスト生ビザ、学生ビザのとり方

わたしがフランスに音楽留学するために取ったビザは、テスト生ビザと学生ビザです。
この2つのビザについて書いていきます。


目次
○テスト生ビザとは?
○テスト生ビザのとり方
○学生ビザとは?
○日本での学生ビザのとり方
○テスト生ビザを学生ビザに切り替える





テスト生ビザとは?
IMG_0560.jpg

テスト生ビザは割と最近できたのですが、フランスに着いて3ヶ月以内に学校の入学試験を受けて、もし合格したらその証明書を持って手続きすれば、学生ビザに切り替えてそのままフランスに滞在できるというビザです。

不合格なら3ヶ月以内にフランスから出なければいけません。



テスト生ビザのとり方
Campus Franceのホームページでまずは自分のアカウントを作ります。

必要事項を入力します。
志望動機は英語かフランス語で書かなければいけないので、最初にしっかり考えておいたほうが良いです。


フランス大使館へ行くための予約をとります。
予約の日にちと時間は選べますが、出国までの日にちまでに家にビザが届くような日程にします。

予約の日に必要書類を持ってフランス大使館へ。


必要書類は、在日フランス大使館のホームページのテスト生用ビザのところに詳しく書いてあります。


☆テスト生ビザの必要書類

●短期ビザ申請書
●証明写真1枚
●パスポート
●60ユーロ相当の日本円の現金
●日本以外の国籍の場合、有効な日本の「在留カード」または「外国人登録証明書」
●留学先の入学テストの登録証明書(テストの日程が明記されたもの)
●1 カ月あたり最低 615 ユーロの経済証明
●フランス入国日からテストの結果が出るまでの住居証明
●90日をカバーする海外医療傷害保険
●ビザを送ってもらう場合は封筒



わたしが1番大変だったのが、学校が作る入学テストの登録証明書を用意することでした。
これがなければビザの申請はできないのに、フランスはやることが遅いので証明書をなかなか出してくれません。

出国するまでにビザが手元にくるような日にちで大使館の予約をとらなければいけないのに、大使館に行く日に登録証明書がなければビザの申請さえできない、、

わたしの場合はそのときフランスにいた先輩がたまたま、わたしが受ける学校の学長と知り合いだったので、学長に直接頼んでもらって送ってもらい、なんとか大使館予約の日までに登録証明書をゲットすることができました。



大使館の人は厳しいので色々細かくチェックされます。書類のコピーを持っていくのも忘れずに!

大使館でOKが出れば、直接取りに行くか送ってもらうかで、ビザつきのパスポートを受け取って出国できます。



学生ビザとは?
IMG_0563.jpg

フランスの学校に通っている人のための1年間有効なビザです。

学生ビザをとるには
●テスト生ビザを持っている場合→フランスにそのまま滞在して学生ビザへの切り替えをする
日本に帰る必要がないので飛行機代がかかりません。

●試験が終わってから一度日本へ帰る
試験が終わった後のヴァカンス中などに一度日本へ帰って学生ビザをとります。
飛行機代はかかるけど、必要書類は全部そろっているはずなので、大使館の予約を上手くとってビザができるのをを待つだけ。

●エコールノルマルに仮登録する
エコールノルマルはネットで仮登録できるそうなので、出国前に学生ビザがとれちゃうんです。
登録料は高めですが。

●語学学校に登録する
語学学校で学生ビザがとれますが、学校によってとれるところととれないところとありあます。
ビザをとるためなら決まった期間以上の登録が必要なので、最初にしっかり確認しておくことをお勧めします。



日本での学生ビザのとり方
テスト生ビザと同じように、Campus Franceでアカウントを作り、必要事項を入力して大使館の予約をとります。
大使館のホームページの学生ビザ・3ヶ月以上のところに書かれている必要書類を持って大使館へ。


☆学生ビザ必要書類

●長期ビザ申請書
●証明写真1枚
●パスポート
●60ユーロ相当の日本円の現金
●日本以外の国籍の場合、有効な日本の「在留カード」または「外国人登録証明書」
●留学先の仮登録または登録証明書。3 カ月以上の登録証明。
●1ヶ月あたり最低615ユーロの経済証明
●移民局(OFII)提出用フォーム
ビザを送ってもらう場合は封筒



テスト生ビザと大きく変わるのは、移民局(OFII)提出用フォームが必要なことでしょうか。
わたしは日本で学生ビザをとっていないので、詳しいことはわかりませんが大使館のページで印刷ができます。



テスト生ビザを学生ビザに切り替える
学校の試験に合格したら、3ヶ月以内に学生ビザに切り替えなければ不法滞在になってしまいます。

学生ビザをもらうために、パリに住んでいる場合はクリニャンクールにある警視庁に行きます。
住んでいる地区によって場所もやり方も違うので要確認です。


ここで必要書類を提出し、学校名や志望動機などを書いたりします。

この必要書類を集めるのがまたまた大変なんです!
出生証明書を日本大使館にもらいに行かなくちゃいけないし、学校の在学証明書はなかなか作ってもらえないし、、


最後に移民局OFIIの日程をもらい、その日に健康診断を受けに行きます。
健康診断は並ぶのでけっこう時間がかかります。

最初の仮滞在許可書はたしか郵送で届いたような気がします。2年前のことなのではっきりは覚えていませんが。、、


そして本物のの滞在許可書を指定された日に警視庁へ取りに行ったらおしまい。


ここまでも本当に大変なのですが、これからまた1年に一度ビザを更新するのもまた大変なのです(T_T)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索