フランス音楽留学にかかる費用って?

フランスに音楽留学してみて、どのくらいのお金がかかっているのかまとめてみました。もちろん、人によって全然違うのでこれはわたしの場合です!


目次
■生活費
■学費
■交通費
■保険
■フランス語
■楽器にかかるお金
■飛行機代



生活費

IMG_9584[1]


家賃 845ユーロ/月(住宅補助アロカ210ユーロが返ってきます)
わたしが今住んでいるところは、同じ楽器をやっていた知り合いの方から引き継がせていただいているのですが、大きい駅から徒歩1分ほどのとても便利な場所にありながら、広くて楽器を練習できるとても良いところなので、少し家賃は高めになっています。

パリの家賃は、学生が1人暮らしするくらいなら500~1000ユーロくらいだと思います。もちろんシェアすればもっと安いです。


そして、音楽留学する人が家を決める上で一番気になるのは、やっぱり音を出せるかどうかではないでしょうか?

フランスの場合、音を出しても良い部屋、ダメな部屋というのは特に決まっておらず、音を出してみて苦情がこなければOK

今まで音を出しても何も苦情が来なかった部屋でも、ご近所さんが変わったら苦情がきてしまい、今までは良かったのに~なんてこともあるようです。


家探しは大変ですが、知り合いづてや、ovni(オヴニー)や jimomo(ジモモ)の掲示板などでも日本語で色々出ているので見てみると候補が増えると思います。



住宅補助って?
フランスにも、社会保障制度のようなものがありアロカシオン(Allocation)と言われます。

これは、家によって受けられるところと受けられないところがあり、収入や家賃によってもらえる値段は変わってきます。
ワーキングホリデービザだともらうことはできず、学生は収入が4800€以下でないともらえません。


アロカは申請がとても大変で、家の契約書やら大家さんのサインやら学生証明書、出生証明書など、CAFというところに提出しなければいけない書類がたくさんあります。

そしてそれが全部OKになってからも実際にお金をもらえるのはまた数ヶ月先だったり、、
さらに、ビザの期限が切れそうになったら停まってしまったりもします。



EDF(電気代) 20~40ユーロ/2ヶ月
うちの場合、2ヶ月ごとに手紙で請求がきます。
EDFは家賃に含まれている家もあります。


家のwifi 36.99ユーロ/月
ネットの会社はいろいろありますが、うちの建物全体がOrangeと契約しているため、わたしもOrangeと契約しています。
パスワードを入力すれば、部屋の中でネットが使い放題。
wifi代は家賃に含まれている家もあります。


携帯(電話、SMSのみ) 12.5ユーロ/月
携帯の契約の仕方は本当に人によってさまざま。たくさんのプランがあります。

わたしの場合、日本からもってっきた空っぽのi Phoneをwifiがあるところだけで使っています。
電話やSMSは、別の小さい携帯にチャージして使います。

ネットをしょっちゅう使いたい人にはあまりおススメできませんが、、


食費 100~200ユーロ/月(週4で夜はバイト先のまかないを食べています)
食費はわたしの場合、バイト先で夜ご飯を食べることも多いのであまりかからないほうだと思います。

フランスは、ものによってかかる税金の割合が違うのですが、作ってある食べ物だと税金が高くて、材料だけだと安いそうです。
なので、まだ調理されていない野菜などはとても安く手に入ります。


☆学費

ムードン音楽院 練習室

私立 3000~4000ユーロくらい/年
その他 200~1500ユーロくらい/年

音楽院の学費はもちろん日本より何倍も何倍も安い!!

フランスの音楽院(Conservatoire)はCNSM(国立高等音楽院)、CRR(地方音楽院)、CRD(県立音楽院)、エコールノルマルなどの私立音楽院があって、学校によって学費は違うし、親の収入によっても、住んでいる場所によっても違ってきます。

わたしの通っているムードン音楽院は、1年目250ユーロ弱、2年目600ユーロ弱、3年目950ユーロと、年々値上がりしました。



☆交通費
NAVIGO 37.6ユーロ/月(バイト先から半額出してもらっています)

tgv-la-sncf-veut-des-trains-sans-conducteurs-d-ici-2022.jpg

わたしは年間のNAVIGOを月払いしていて、月75.2ユーロ口座から引かれます。
バイト先が半額支給してくれるので、半分の値段でパリのゾーン5までは電車、バス、トラムなど乗り放題です。

NAVIGOについての詳しい情報はこちらから↓
パリで公共交通機関を使うならNAVIGOが必須



☆保険

住宅保険 10ユーロ/月
わたしはLCL銀行で口座を開いたので、住宅保険もLCL銀行で加入しました。保険は色々な種類があるので、自分の好きなところで入ったら良いと思います。


健康保険  200~300ユーロ/年
健康保険は、最初の3ヶ月は日本で海外保険に入ってテスト生ビザのカバーをしていましたが、その後はフランスのものに加入しました。
こっちで入るほうが断然安い!!




IMG_0554.jpg

フランス語をフランスで習うなら、個人レッスンか語学学校に通うかが一般的かと思います。
どちらが良いかは人それぞれ。

個人レッスン 
メリット→自分のレベルに合わせて教えてもらえるし、質問もしやすい。日程も先生と自由に決められる。
デメリット→同じようにフランス語を勉強する友達ができにくい。値段が高い。

わたしの場合、、
フランスに来てすぐ、日本語が話せるフランス人の先生に個人レッスンを受けていました。
→1レッスン1時間20ユーロ

語学学校
メリット→違う国の友達がたくさんできて、同じレベルで会話ができる。
デメリット→クラスのレベルについていけなくなったり、簡単すぎたりすることも。少しでも休んでしまうとわからなくなってしまう。

わたしの場合、、
1年目の4ヶ月間は週20時間の語学学校に通っていました。
→月200~250ユーロくらい。

2年目は1年間、週1回1時間半の語学学校の授業に登録しました。
→1年で175ユーロ



☆楽器にかかるお金

クラリネット

楽器→日本より安い
楽譜→日本よりも安いものが多い
リード→日本より少し高い

楽器系のものは日本と同じくらいのお金がかかるんじゃないかなと思います。
楽譜屋さんや楽器屋さんでは、学割で安くしてくれるところも多いので、レジで学生であることを伝えると良いです!

↓パリの楽器屋さんはこちらから
Musique et Art

↓中古の楽譜屋さんはこちらから
Arioso


コンサートのチケット
フランスのコンサートのチケットは安い!
パリ管を聴くのも上手く買えば10ユーロで買えるし、オペラを観るにも立ち見なら5ユーロで見れちゃいます。

↓パリ管の当日券の買い方が書いてあります
パリ管のコンサート♪

↓オペラを5ユーロで見られる立ち見席の買い方
5ユーロでオペラを観るには



楽器の修理、調整
日本より修理代が高い店もあるし、そのお店で楽器を買ったら修理はいつでも無料!なんてお店もあります。

↓パリでクラリネットを修理してもらえるお店はこちらから
○Cyrille Mercadier Clarinets
○l'olifant


音楽講習会
ヨーロッパでは、たくさんの音楽講習会が開かれています。
参加すれば、1週間や2週間などの期間で習いたい先生にレッスンしてもらうことができます。

費用はそれぞれ違いますが、大体1期間1000ユーロくらい。

音楽講習会についてはこちらから↓
フランスの音楽講習会に行ってみよう♪~わたしの体験談より


☆飛行機代 10万円くらい

IMG_7985[1]

飛行機の会社や予約のタイミング、乗る時期などによって値段は大きく変化します。
日本からの往復を買うより、フランスからの往復を買うほうが安いです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索