FC2ブログ

フランスでクレープを食べる日!2月2日はla Chandeleur(シャンドルール)

フランスで2月2日はChandeleur(シャンドルール)と言われ、クレープを食べる習慣があります。
Chandeleurはchandelle (ろうそく)が由来になった言葉だそうです。


時はローマ時代。
クリスマスから40日後のこの日、聖マリアは教会でお清めを受けました。
それから人々は2月2日に、教会にろうそくを持ってお祝いするようになりました。

ろうそくの光、、、
「光」と「キリスト」は強い関わりをもつそうです。


でも、どうしてこの日にクレープを食べるようになったかというと

○1年で冬の種まきが始まるこの時期に、豊作を願って食べたから。
○エルサレムからローマにやってきた巡礼者たちが空腹だったため、今のクレープのようなものを与えたから。
○丸くて黄金色のクレープはまるで太陽(光)のようであるから。

など、いろいろな説があるんだそうです。


クレープを焼くときは、左手にコインを持って右手でフライパンを持ってきれいにひっくり返せたらその年は幸運に恵まれるんだそうです。

でも片手でひっくり返すなんて、なかなかできないでしょ、、


IMG_0577.jpg
クレープ完成!!


まあ、おいしければいっか♪なんて、、、



フランスで新年に食べる、ガレットデロワのお話はこちらから↓
☆公現祭の日に食べるガレットデロワ
☆ピカルディー名物【ガトーバチュ】を知っていますか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索