フランス映画「最強のふたり」

日本で公開されたフランス語映画の中で歴代一位のヒット作となった「Les intouchables (最強のふたり)」。
この間ネットで初めて見ました。

最強のふたり
いやあ、めっちゃいい!!!


体が不自由なお金持ちフィリップと、その彼を介護する貧乏なドリス。
最初はぎこちなかったけど、どんどん仲が深まって一生の友達になるふたり。

笑いもあり感動もありの素敵な話でした。
このお話は実話を元に作ったそうで、モデルとなった二人も最後に出てきました。



今回はフランス語に日本語字幕をつけて見たのですが、フランス語でしか言い表せないような表現も出てきました。

例えばお話の中で
「Il s'est levé du mauvais pied.(彼は悪い足で起きた)」は日本語字幕で「彼は機嫌が悪い」となっていて。

なんでそうなるの?って感じですよね。

それはフランス人の考え方で、ベッドから起きて最初に床に着くほうの足はいつも決まっているのに、それと反対の足から起きてしまった→機嫌が悪い
になるそうです。

大体、日本だと昔は畳に布団を敷いて寝るのが普通だったから、きっとそんな表現あるわけないよなあ。



舞台がパリということで、

あ!この場所どこだっけ??
え!ここ見たことある!!

みたいなところがいろいろ出てきました。
素敵な風景を観察するのもおもしろいです。


おススメです(*´v`)


こちらもどうぞ
☆パリのノートルダム大聖堂が舞台になったデイズニー
☆日本より一足お先に観てきました!ミュージカル映画『The Greatest Showman』
☆ヴァイオリンの先生のストーリー、映画「La Mélodie」

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索