なんて親切な!

昨日、オペラ通りにある大きなスーパーMONOPRIX(モノプリ)で買い物したときの出来事です。


わたしはセルフレジで会計を済ませました。
今日買ったのは、食べ物類とMONOPRIXのエコバッグ。

新しくなった、柄入りのエコバッグを見つけたのでそれを2つ買ったんです。
エコバッグにはすべて防犯防止用のタグがついているので、レジを出る前に店員さんに取ってもらわなければいけません。

わたしは、家から持ってきた古いエコバッグに買ったものを全部詰め込んでから、新しいエコバッグのタグを取ってもらうように店員さんにお願いしました。


そこにいた女の店員さんはわたしに、
「会計が済んでいるかどうか知りたいので、レシートを見せてください」
と言いました。


わたしはレシートをバッグの奥のほうに入れてしまったので、バッグのレジの台に置いて中身をかき回しながら探しました。

そのとき、



ガッシャ--ン!!!!!



と、わたしのバッグがバランスを崩してレジの台から落ちてしまったのです。



16個入りのヨーグルトの入れ物の隅がつぶれて端っこからヨーグルトが漏れ、ジャムとハーブが入ったビンは割れて床に中身が飛び散りました。


「はああ~やっちゃった、、、」

わたしは落ち込んで片付けようとすると、近くにいた女の店員さんが来て、

「ここはわたしが片付けとくから、新しいジャムとハーブを探してきなさい」
って。


わたしは謝って、もう一度売り場に行ってジャムとハーブを持ってレジに戻りました。

わたしがレジに戻ってきたときには、店員さんがヨーグルトの端と、ヨーグルトまみれになった古いエコバッグをティッシュで包んでくれて、新しいエコバッグに全部移し替えていてくれました。


そして
「新しいジャムとハーブはお金払わなくていいよ」
って言ってくれました。

わたしが壊したのにいいんですか??


わたしはお礼を言ってから、ここはフランスなので、こんなに親切にしてくれたんだからチップをあげさなきゃ!と思い渡したら、
「そんなのいらないから行きなさい!」
と言われました。
なんかお母さんのような人だなあ。



オペラのMONOPRIXは観光客がたくさん立ち寄るところなので、わたしのこともきっとアジアからきた観光客だろうなと思われたはず。
観光客相手のフランス人店員さんは適当にやってる人も多いし、スーパーの店員さんなんて無愛想な人がたくさん。

日本だったらお客さんに親切にしなきゃいけないなんて当たり前のことだけど、フランスでは全然違います。


でもそんなわたしの思い込みを変えてくれるような、温かい嬉しい出来事でした。


IMG_0368[1]

これからもオペラのMONOPRIXで買い物しよう!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索