リスボンのベレン地区にある世界遺産をたずねて

ポルトガルの首都リスボンのベレン地区。
ここには、大航海時代を代表する歴史的な建物が建てられています。

リスボンの世界遺産を一気に見れちゃいます。



目次
■ベレン地区への行き方
■ジェロニモス修道院
■発見のモニュメント
■ベレンの塔
■レトロな市電に乗って




ベレン地区への行き方
メトログリーンラインの終点カイス・ド・ソドレ(Cais do Sodré)駅から、列車、バス、市電があります。

列車→カスカイス行きベレン駅で下車
バス→714番、728番
市電→E15


今回は行きは728番のバスで、帰りは市電に乗りました。

IMG_1028[1]
6.3ユーロの1日乗車券が使用可能です。


QRRN0526[1]
この道路の真ん中にバス停があります。

バスは30分ほど揺られて、海を見ながらベレン地区に向かいます。





ジェロニモス修道院
JAOS4935[1]

ヴァスコ・ダ・ガマによるインド航路開拓やエンリケ航海王子の偉業を称えて、マヌエル1世によって1502年に着工され、19世紀にようやく完成した修道院です。
大航海時代の富をつぎ込んで作られました。
完成までには1世紀もかかりましたが、「ポルトガルが誇るマヌエル様式建築の最高傑作」とも言われるそうです。

1983年に世界遺産に登録されました。


中はとても素敵なのだそうですが、中まで見る時間がなかったのが残念でした(;_;)


ジェロニモス修道院秘伝の味パステル・デ・ナタを食べたいならこちらから↓
ポルトガルで1番おいしいパステル・デ・ナタを食べに行こう!




発見のモニュメント
IMG_1102.jpg

最初は、ポルトガルで開催された1940年の国際博覧会の象徴として造られましたが、その後1960年に、大航海時代を築いた需要人物のひとり、エンリケ航海王子の500回忌を記念してコンクリートで再度造られました。


IMG_1114.jpg
中にはリスボンの歴史が展示してあり、エレベーターで屋上まで上れるのだそうです。


IMG_1110.jpg
エンリケ王子を先頭に、アフォンソ5世、ヴァスコ・ダ・ガマ、ペドロ・アルヴァレス・カブラル、マゼラン、フランシスコ・ザビエルなど世界史の授業で出てきた名前の大物たちの像が並んでいます。

GGSD4995[1]



IMG_1113.jpg
モニュメントの前の広場には、1960年に南アフリカ共和国から贈呈された、世界地図と各地の発見年号が記されたモザイクがあります。

ここには日本が発見されたのは1541年となっていて、これはポルトガル船が豊後に漂着した年なのだそうです。


IMG_1042[1]
隣には船がたくさん停まっています。

IMG_1109.jpg
4月25日橋も見えます。




ベレンの塔

DOJR0712[1]

WBQS8463[1]

ベレンの塔はマヌエル1世の命で1515年に着工され、1520年に完成しました。
ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して、テージョ川を行きかう船を監視する要塞として造られ、後には税関や灯台としても使われました。
1983年に世界遺産に登録されました。


IMG_1123.jpg
近くにはこんな飛行機が置いてあって、歴史博物館もあります。




レトロな市電乗って

IMG_1059.jpg
帰りは市電に乗りました。
乗った市電は写真の番号とは違います。



IMG_1074[1]
リスボンの市電はとっても古くて味があります。
まるで昔にタイムスリップしたような内装で、ガタンゴトンと揺れながら進みます。


市電は道路の線路の上を走るのですが、途中でなんと、線路上に駐車してしまっている車があって進めなくなってしまいました。

運転手さんはクラクションを鳴らしまくります。

「ビィwwwwwwwwww」


やっと車の持ち主が出てきたと思ったら、何も言わずに車に乗って逃げて行ったようです。

市電はゆっくりだし狭いし不便なこともありますが、リスボンにきたらやっぱり乗ってみたいですよね。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索