作曲家ダリウス・ミヨーが住んだ家とお墓を訪れて

フランス6人組のひとりであるダリウス・ミヨー(1892~1974)は、エクス=アン=プロヴァンスで育ちました。

ミヨーはユダヤ人家庭に生まれ、父は商館をとりしきるかたわら地元の音楽協会の中心人物を務め、母はかつてパリで声楽を学んでいました。

1909年にパリ音楽院に入学するまでは、南フランスのエクス=アン=プロヴァンスで暮らしていて、そのときのお家が今も残っていたので訪れてきました。


IMG_1245.jpg
こちらがミヨーが住んでいたお家です。


おうちの前にプレートがあるという情報を聞いていて、おうちの前にたどり着くと、、


IMG_1246.jpg
なんと、プレートがない!!!
落ちそうだったので、壊れないようにはずしたんだそうです。残念、、


IMG_1248.jpg

IMG_1247.jpg
ミヨー家が住む前はここは宿として使われており、ミヨー家がここを買ってからこの立派なドアがつけられたのだそうです。



中に入ってみると受付に女の人がいました。
わたしたちがパリから来て、ミヨーについて知りたくてここに入ったんだと言うと、その人はすごく喜んでいました。

こでこは今、芸術の道に進みたい人のための相談を受けたりしている施設になっているようで、ミヨーのプレートを見に来る人は多いのだとか。


女の人が、ミヨーについてのビデオを見せてくれることになりました!
ビデオは15分くらいで、ミヨーの生涯や、ミヨーが活躍しているところ、ミヨーの言葉など色々なことが詰め込まれていました。


ミヨーは、『フランス組曲』『プロヴァンス組曲』など、自分が育ったところについての曲を書きながらも、さまざまな国行ってジャズやダンス音楽などに触れ、それを反映した曲もたくさん書いています。特にブラジル音楽にはたくさん影響を受けたようです。


この家は、何度も取り壊されそうになった危機を乗り越えてきました。

電車の線路が造られようとしたときは線路の方向を変えたり、このあたり一帯にカジノが造られそうになったときは、この家だけ残してもらったりと、エクス=アン=プロヴァンスの町に守られてきたんですね。

IMG_1249.jpg
ミヨーの肖像画。

IMG_1250.jpg
入口にはピアノが飾られていました。



そしてその後、サンピエール墓地にミヨーのお墓参りに行ってきました。

IMG_1275.jpg
ユダヤ人の地帯の入口から入ってすぐ、手前から2番目です。

IMG_1273.jpg
奥さんと一緒に安らかに眠っています。

とても静かで、山に囲まれた素敵な場所でした。





ミヨーが住んだ家
住所→2 place Barthélémy-Niollon ; 2 rue Joseph-Villevieille 13100 Aix-en-Provence - France

サンピエール墓地
住所→Avenue des Déportés de la Résistance Aixoise, 13100 Aix-en-Provence



こちらの記事もどうぞ

○作曲家ゆかりの地めぐり
☆パリに今も残る。作曲家のプレートのありかを探って
☆変わり者の天才フランス作曲家、サティが住んでいたアルクイユの家へ
☆作曲家オッフェンバックのプレートを発見!
☆『カルメン』が誕生したパリで、ビゼーゆかりの地をめぐる
☆ショパンのパリ時代に思いをはせて~ショパンが住んだ家をたどる

○エクス=アン=プロヴァンス観光
☆太陽がキラキラ眩しい!南フランスのエクス=アン=プロヴァンス
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索