FC2ブログ

『カルメン』が誕生したパリで、ビゼーゆかりの地をめぐる

『カルメン』や『アルルの女』の作曲者として知られるジョルジュ・ビゼー。
彼が住んでいたのはほとんどが、当時の芸術家やインテリが住んだパリの「ヌーヴェル・アテネ」地区の中でした。


■26 rue de la Tour d`Auvergne
■Notre-Dame-de-Lrette
■Rue P,Fontaine
■18 rue Victor Masse
■22 rue de Douai(Duperré)
■Saint Trinite教会
■5 rue Y.Tourguéniev 78380 Bougival
■Opéra Comique



☆26 rue de la Tour d`Auvergne
IMG_6655.jpg

IMG_6657.jpg
オペラとモンマルトルのにぎやかな場所に挟まれたちょうど間あたり。ビゼーは1838年、声楽教師の父親とピアニストの母親の間にここで生まれました。



☆Notre-Dame-de-Lrette教会
IMG_6649.jpg
この教会で洗礼を受けました。
最初はアレクサンドル=セザール=レオポール・ビゼー(Alexandre-César-Léopold Bizet)とつけられていましたが、洗礼時にジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet)に改名されました。



☆Rue P.Fontaine
IMG_6659.jpg

IMG_6674.jpg
そして、ビゼー家はこの通りに引っ越します。
ビゼーに関するものは何も見つけられませんでした。

ビゼーは幼いころから音楽に親しんでいて、記憶力が抜群だったそうです。



☆18 rue Victor Masse
IMG_6660.jpg
さらに引っ越します。
こちらも何もなくて残念、、


ビゼーは9歳でパリ音楽院に入学し、 ピアノの腕をリストやベルリオーズに賞賛されました。

初めての交響曲を17歳のときに作曲し、18歳でオッフェンバック主催のコンクールで大賞をとります。そして19歳でローマ大賞を得て、奨学生として1858年1月からローマに滞在し幸せな時間を過ごします。

しかし1960年9月、母親の病気を知ってパリに戻り、その翌年に母親は亡くなります。


1863年に初のオペラ『真珠採り』、1866年『美しきパースの娘』が上演されます。

1865年セレスト・ヴェナールと出会い、彼女の家はビゼーの別荘の隣であったので、1866年から1867年の初めにかけて彼女の家で作曲しました。高級娼婦兼歌手としてセレスト・モガドールの名前で有名だった彼女はカルメンのモデルだと考えられています。

そして29歳のとき、18歳のジュヌヴィエーヴ・アレヴィに結婚を申し込み、最初はアレヴィ家から断られてしまいますが2年後ようやく認められ、1869年2人は9区の区役所で結婚式を挙げます。



☆22 rue de Douai(Duperré)
IMG_6665.jpg

IMG_6671.jpg
結婚後はここに住みます。

周りにカフェなどがたくさんあり、にぎわっているところにありました。

1872年二人の間にジャックが生まれますが、二人の関係は次第に悪くなり1874年には3ヶ月間別居しました。

1872年ドーデの戯曲「アルルの女」の劇音楽を依頼され作曲しますが、評判は良くなく。
一方で、管弦楽用に編成し直した交響組曲「アルルの女」(第1組曲) の方では大成功を収めます。



☆Opéra Comique(オペラ・コミック座)
IMG_7277.jpg
1873年からオペラ・コミックに依頼されて『カルメン』を書き1875年3月にここで初演されますが、保守的な劇場の観衆にはスキャンダラスに映り、最終幕では拍手もなかったと言われます。



☆5 rue Y.Tourguéniev 78380 Bougival
失意のビゼーはブージヴァルの家に静養に行きます。
そして1875年6月3日、敗血症のため36歳でこの家で亡くなります。
『カルメン』初演の約3ヵ月後でした。

ブージヴァル家はまだ訪れていませんが、また後ほど行く予定です!



☆Saint Trinite教会
IMG_6686.jpg
葬儀はSaint Trinite教会で行われました。
大通りの前に聳え立つ、素敵な教会でした。



ビゼーが生きている間はなかなか認められなかった『カルメン』も、彼が亡くなって数ヵ月後にウィーンで初演されると、ワーグナーやブラームスが熱狂したのだそうです。
そして今では世界中で愛され、演奏される作品となりました。



こちらもどうぞ
☆パリに今も残る。作曲家のプレートのありかを探って
☆変わり者の天才フランス作曲家、サティが住んでいたアルクイユの家へ
☆ラヴェルが『ボレロ』を書いた家♪モンフォール=ラモーリーのラヴェル博物館
☆作曲家ダリウス・ミヨーが住んだ家とお墓を訪れて
☆ショパンのパリ時代に思いをはせて~ショパンが住んだ家をたどる
☆鉄道オタクの作曲家!プラハのドヴォルザーク博物館を訪ねて

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索