ベルギーとの国境のすぐ近く、活気あふれるフランスのリールを観光

IMG_4453.jpg

フランスの北の端っこ、ベルギーとの国境近くにあるリールという町。
素敵な建物がたくさんあって、たくさんの人でにぎわっています。

そんなリールを観光してきました!



目次
■シャングリラのチューリップ(les Tulipes de Shangri-la)
■Pl. Général de Gaulle(ド・ゴール広場)
■商工会議所の時計塔
■オペラ座
■サン・モーリス教会(Eglise Saint Maurice)
■PAUL本店
■MEERT



○シャングリラのチューリップ(les Tulipes de Shangri-la)
IMG_4458.jpg
Lille Europe駅の駅前にある、日本人芸術家の草間彌生の作品です。
2004年にリールがヨーロッパ文化都市として多くの芸術作品が街中に展示された時に造られました。

『シャングリラのチューリップ』という名前は、イギリスの作家ジェームズ・ヒルトンの小説『失われた地平線』に登場する理想郷のにちなんでつけられたそうです。



○Pl. Général de Gaulle(ド・ゴール広場)
IMG_4450.jpg
ユネスコ世界遺産にも指定された美しい広場です。グラン・プラスとも言われます。
リールはシャルル・ド・ゴールが生まれた場所であることから、この名前がつけられました。


IMG_4452.jpg
右端の女神像は、1792年のリール包囲戦の勝利を記念して建てられたものです。
元はパリの凱旋門の上に飾られる予定だったのですが、最終的にリールに寄贈されることになり、リールの歴史上大事な像としてここに飾られました。

そして、右端にあるのが旧証券取引所。

IMG_4456.jpg
旧証券取引所の真ん中では、ちょうどダンスパーティが行われていました。



○商工会議所の時計塔
IMG_4457.jpg
1924~1932年にかけて造られ、ユネスコ世界遺産に登録されました。
高さは104mあって、リールシンボル的存在です。



○オペラ座
IMG_4447.jpg
1907~1913年にかけて造られた新しい劇場です。



○サン・モーリス教会(Eglise Saint Maurice)
IMG_4411.jpg
古くて大きな教会です。



○PAUL本店
PAUL本店
パリにたくさんあるパン屋さん、PAULの本店がリールにあります。



○MEERT
MEERT
こちらはゴーフルで有名なサロン・ド・テMEERTです。
>>MEERTの詳しいお話はこちらから


リールは建物が素敵なので町を歩くだけでも楽しいし、ショップもたくさんあるので買い物も楽しめる町なんです(゚∀゚)



こちらもどうぞ
☆サッカー日本代表VSブラジル代表。国際親善試合を観戦しにリールへ!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索