FC2ブログ

サティが生まれた家へ~オンフルールの素敵な港を見ながら

IMG_0484.jpg
オンフルールは、フランスのノルマンディー地方にある港町です。
観光地としても人気なこの素敵な町で生まれた作曲家といえば、、


エリック・サティ!!

サティは「音楽界の異端児」とも言われとても変わった人でしたが、自由な作風で数々の名曲を生み出しました。

後にドビュッシーやラヴェルなど印象主義の作曲家に影響を与えることになる、この偉大な作曲家が生まれた家を訪れてきました。


わたしがここを訪れたのは2016年。
この年はサティ生誕150周年だったのです!

IMG_0496.jpg
こんなに派手にお家が飾りつけられていました。



IMG_0494.jpg
反対側には傘をさしたサティ。
サティは傘のコレクターだったそうで、100本近く持っていたそうです。


中は博物館になっていて、チケットを買って入場します。
オーディオガイドをもらえて、サティの音楽を聴きながら見学できます。

IMG_0506.jpg
入口にあるのはサティの象徴でもある大きな梨。

サティは、当時ドビュッシーに「形式にこだわった作品を書きなさい」と忠告を受け、あの有名な《梨の形をした3つの小品》を書きました。
この「梨」には「まぬけ、うすのろ」という意味もあり、ドビュッシーに対して裏に皮肉の意味もこめて作ったそうです。


壁には、有名な作曲家たちがサティについて言った言葉が書いてあります。

IMG_0502.jpg
「サティは今の時代で道に迷った、中世の音楽家である。」ドビュッシー
「現代作曲家の3つのSはストラヴィンスキー、シェーンベルク、サティだ。」ミヨー


IMG_0503_20181025071600dbf.jpg
「彼は賢い人だった。賢くて、わざと優しくしない。」ストラヴィンスキー


IMG_0504_20180427040526c03.jpg
「Esoterik Satie(一般人には理解できないサティ)」アルフォンス・アレ


IMG_0505_20181025071632a51.jpg
「サティが正しいかどうかは大事ではなくて、サティは不可欠な人だ。」ジョン・ケージ
「サティは、それぞれが自由に跡をつけられる真っ白な道を示した。」ジャン・コクトー




上へ上るとサティの部屋が。

IMG_0509_20180427040608a70.jpg

IMG_0510_20181025071722a6f.jpg

IMG_0511.jpg
壁にはたくさんの絵が書かれ、仕掛けもたくさんありました。


サティの言葉。
IMG_0508.jpg
「部屋に机が13、ピアノが5台あるのは、同じパイプをいつも吸うと良くないように、いつも同じものを使うことは健康に悪く意味がないからだ。」サティ


IMG_0516.jpg
一番上の白い部屋に白いピアノが置いてあります。
自動演奏で音楽が流れます。


IMG_0521.jpg
こんなものが貼ってありました。

フルート→恐怖
ティンパニ→幻
アコーディオン→制圧
コントラバス→不安

何を意味しているんだろう?


IMG_0518_201804270406446af.jpg
自転車みたいにこいで動かすメリーゴーランドみたいなやつ。


IMG_0524.jpg
鍵盤を押すと、ボールが動く。



どれも不思議なものばかりで、理解できない世界。
当時サティがおかしな人なんて言われていた理由がわかった気がします。

でも、だからこそ誰にも真似できないような素敵な音楽を作り上げることができたんだろうなあ。


この家を訪ねてから、もっとサティのことが知りたくなってしまいました(*’U`*)
>>パリの郊外にある、サティが住んでいたアルクイユの家も訪ねてきました!



こちらもどうぞ
☆パリに今も残る。作曲家のプレートのありかを探って
☆ショパンのパリ時代に思いをはせて~ショパンが住んだ家をたどる
☆『カルメン』が誕生したパリで、ビゼーゆかりの地をめぐる
☆作曲家ダリウス・ミヨーが住んだ家とお墓を訪れて
☆ラヴェルが『ボレロ』を書いた家♪モンフォール=ラモーリーのラヴェル博物館

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索