FC2ブログ

シューマンが身を投げたライン川を眺める。ドュッセルドルフのシューマンが住んだ家へ

IMG_1792_20180502214310a68.jpg
ドイツロマン派の作曲家、ロベルト・シューマン。
彼は素敵な作品を数多く生み出しますが、最後は精神の病に侵されてしまいます。

そんなシューマンが住んでいた、デュッセルドルフを訪れた時のことを。



IMG_1783.jpg
ここがシューマン夫妻が住んでいた家です。

この家に住んでいる間に、当時20歳だったブラームスが訪ねてきてシューマンを興奮させるという良いことがあった反面、シューマンが病により投身自殺を図るという悲しいこともありました。


IMG_1782.jpg
シューマンと妻のクララはここに1852年9月1日から1854年3月4日まで住んでいました。


IMG_1778.jpg



1850年9月、デュッセルドルフの音楽監督としてこの街にやってきたシューマン夫妻は歓迎を受け、最初のコンサートで成功を収めます。

創作力も旺盛で、『チェロ協奏曲』『ライン交響曲』などの名曲を作曲しました。

作曲のスピードもものすごく速くて、『チェロ協奏曲』、『交響曲第3番』、『ヴァイオリンソナタ第1番、第2番』、『ピアノ三重奏曲第3番』をどれも数日間で、『ヘルマンとドロテア』序曲はなんとわずか数時間で作曲してしまいます。


しかし最初のシーズンが終わると、地元の新聞がシューマンの指導力を批判する記事を掲載し、シューマンはしばしば指揮を落としたり、曲が終わったのに指揮を続けるなど、おかしな場面が多くなっていきます。

それでも1853年5月に開催された「低ライン音楽祭」では、改訂されたシューマンの交響曲第4番が初演され成功を収めます。

そして 5月17日には名ヴァイオリニストのヨアヒムと共演し、二人の交流から2曲のヴァイオリンソナタ、『ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲』、『ヴァイオリン協奏曲』が生まれました。



1853年9月30日、20歳のブラームスがヨアヒムの紹介でシューマン夫妻を訪れます。
ブラームスの作品を聴いたシューマンは深く感動し、『新音楽時報』に『新しき道』と題するエッセイを書きました。


しかし1854年2月10日の夜にシューマンは激しい耳の痛みに襲われます。4日後、レストランで手にしていた新聞を置いて「とてもこれ以上読んでいられない。A音が鳴りっぱなしで聞こえるんだ」と言ったそうです。

そして17日午後2時、精神障害から錯乱状態となったシューマンは、雨の中、スリッパのまま家を飛び出し、ライン川に投身自殺を図りました

IMG_1786.jpg
これがそのライン川。
彼が飛び降りたシフスブリュッケは、1895年に取り外されたので正確な場所はわかりませんが、家からすぐにライン川が流れています。

こんなところに飛び込んで助かったなんて、、と思うような大きな川でした。


3月3日にブラームスが駆け付け、精神的にも肉体的にも疲れてしまっていたクララを、物心両面で助けます。
そして3月4日、シューマンはボン近郊の精神病院に移送され、クララと離れ離れになってしまうのです。



こちらもどうぞ
☆チェコプラハのスメタナ博物館
☆ショパンのパリ時代に思いをはせて~ショパンが住んだ家をたどる
☆『カルメン』が誕生したパリで、ビゼーゆかりの地をめぐる
☆変わり者の天才フランス作曲家、サティが住んでいたアルクイユの家へ
☆作曲家ダリウス・ミヨーが住んだ家とお墓を訪れて
☆ラヴェルが『ボレロ』を書いた家♪モンフォール=ラモーリーのラヴェル博物館
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索