パリでデモ。マックなど放火、約100人を逮捕!?

2018年5月1日、メーデー。
パリでは大きなデモが行われました。

場所はAusterlitz駅の辺り。
わたしが住んでいるところから歩いて15分くらいのところです。

どうなったのかというと、、


IMG_2020[1]
マック放火。(写真:Paris Dépêchesより)


IMG_2023[1]
車炎上。(写真:The Local.frより)


IMG_2024[1]
黒い服にマスクをつけた人たち。(写真:The Local.frより)


ひぇwwww
近くでこんなことが行われていたなんて、こわっ!


結局、約1200人がデモに参加し、約200人が取り押さえられ、約100人が逮捕されました。
軽いけが人が数人で済んだことがまだ良かった。



では、どうしてこうなったかというと、

マクロン大統領の労働改革が気に食わないから。
4月から始まっているSNCFのストライキも無視されてるし。


そんなマクロン大統領。このデモが行われていたとき何をしていたのかというと、、、


オーストラリアでヴァカンス!!!

素敵な休日を過ごされていたのですね。



これから、フランスの政治が上手くいってくれると良いのですが。
でも、いつ何が起こるかわからないので注意が必要ですね( ノД`)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索