パリ6区の音楽院でレッスン♪

今日はパリ6区の音楽院でレッスンでした。

Olivier先生はムードン音楽院の他に、この6区の音楽院で小さい子たちのレッスンもしているのですが、わたしは試験が近いということで、先生の空いている時間にこの音楽院の部屋でレッスンしてもらえることになりました!


IMG_2036[1]
音楽院の近くにはサン・シュルピス教会があります。


IMG_2043[1]
この右側が入口です。



IMG_2044[1]

このパリ6区の音楽院の正式名称はConservatoire Municipal Jean-Philippe Rameau(ジャン=フィリップ・ラモー音楽院)。
ジャン=フィリップ・ラモーっていうのはフランスバロック音楽の作曲家です。

パリの各区に1ずつある音楽院には、こうやって作曲家の名前がついているんです♪



今日レッスンしてもらったのはトマジ作曲の『クラリネット協奏曲』。
この曲は初めて人前で演奏することになるので今からとても緊張しています。

今日はカデンツァを中心にやって、言われたことは「楽譜をもっとよく見て!

楽譜を見てるつもりでも、強弱記号やアクセントにテヌートに、、楽譜に書いてある細かい指示を正確にできてない。
楽器を吹く前に楽譜をちゃんと読んでから練習することがとても大事なのだそうです。


来週はいよいよピアニストとの合わせです!

前回のレッスンのお話はこちらから>>
<<次回のレッスンのお話はこちらから
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索