オーケストラ練習の参加率は、、

今日はオーケストラの練習で学校に行きました。

先週先生に「来週と再来週の水曜日空いてるなら、オーケストラにのってよ」と言われ、急遽やることに。


IMG_2522.jpg
もらった楽譜はベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番の1楽章。

どんなコンサートかも、誰がソロを弾くのかも、どんなオーケストラなのかも全くわからずとりあえず今日練習に行きました。


部屋に着くと、指揮者の先生がいてソリストにも会いました。
ソリストはすごく上手なピアニストなので演奏を聴くのが楽しみ!

そして周りを見ると、弦楽器ばっかりでなんかみんな若い!
小学生か中学生くらい


結局管楽器はわたしの他にクラリネットの子が1人でおしまい。
え!フルート、オーボエ、ファゴット、ホルンは???
みんな当日リハーサルのみ参加のようです。


そして、練習が始まる前のチューニングは、先生が生徒たちの楽器をとりあげて1人ずつの楽器をチューングし始めます。


大体理解してきました。
この演奏会は子供メインだな。

そして練習が始まると、なんとか最後まで通るっていう感じで、ピアニストのやりたいテンポでやるのは子供たちには難しそう。


コンサートマスターは、小学校高学年か中学生くらいで化粧して髪の毛もかっこよくして、青春を満喫してる感じの女の子。

先生に「プロフェッショナルならこうするよ。君もプロフェッショナルになりたいでしょ?」って聞かれて、
「ん~別に。」って笑


この学校ではいつもこんな感じなのです。

練習に行ってみないとどんな感じかわからない。
クラリネットの先生ですらどんなコンサートなのか知らないのです。

先生と一緒に演奏するときもあれば、こんな感じで子供と演奏するときもある。


来週の本番はどうなるのやら、、
でも、ピアノの演奏はすごく楽しみだなあ♪



こちらもどうぞ
☆天使のような歌声を聴きながら
☆『レクイエム』のコンサート2日目

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


プロフィール

YukihaCL

Author:YukihaCL
2015年9月からフランスで音楽留学してます。
趣味は旅行!
フランスでの生活、文化など現地からの情報を少しでもお伝えできたらと思います。

最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリー
お客様
検索
リンク