大事な試験の日。

今日は1年に一度のクラリネットの実技試験でした!

わたしが今やっているPerfectionnementという課程は2年間で、わたしは今年この課程の1年目なので今回は1年の区切りの試験でした。


今回のPerfectionnementの試験は2曲。

1曲は課題曲でドヴィエンヌ作曲の『クラリネットソナタ第1番』1楽章、もう一曲は10分ほどの自由曲です。
わたしは自由曲を、トマジ作曲の『クラリネット協奏曲』1楽章にしました。


今回試験を受けたのは10人弱。
Perfectionnementは3人で全員日本人。他は楽器を始めたての子供や中学生くらいの子です。

試験を聴いていたのは、ムードン音楽院の学長、クラリネットのOlivier先生、他の音楽院のクラリネットの先生が1人と、クラリネットの先生になりたくて勉強中のお兄さんが1人でした。


午後から試験が始まって、Perfectionnementの試験は15時から。
演奏の順番はじゃんけんで決めます笑

IMG_2085[1]
試験前は部屋を借りて少し音出しします。
この時くらいが一番緊張するんだよなあ、、

いつもは音楽院のホールで試験が行われるのですが、今回は何かとかぶったようでホールが使えず、少し大きめの教室でやることに。

いつもより試験官が近い、、


今日の演奏のできは、まあまあだったかなあ。
大きな失敗はなかったけど、ちょこちょこやらかしたところがあったり、音色を上手く作れなかったりしたところがあったり。

全員終わった後は部屋に集まって、先生の講評を聞きます。
先生たちはちゃんとメモを取ってくれているので、一人一人にアドヴァイスをくれます。


わたしが先生たちに言われたことは、まさにその通りです!っていう感じで、しっかり聴いていてくれて嬉しい。
悪いところを、これからちゃんと直していかないとなあ。

ひとまず試験は終わって一安心!

でもレッスンは7月頭まであるし、今月は学校のコンサートもいくつかあるのでのんびりはしていられませんね(> <)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索