え、ピアノそこなの??

IMG_2116[1]
今日は音楽院で、吹奏楽とオーケストラの小さなコンサートでした。

今回わたしが参加したのはオーケストラで、曲はベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番1楽章。


オーケストラは子供と少しの先生が混ざっていて、ピアニストはこの学校の学生。

クラリネットが足りなかったので、わたしとフランス人の男の子が先生に頼まれて参加しました。



先週1回リハーサルして、今日の午後にリハーサルをしてから夜本番という感じでした。
>>先週のリハーサルの様子はこちらから

この音楽院のホールはそんなに大きくないのにどこにピアノを置くんだろう?と思いながら、舞台のセッティングが終わると、

IMG_2126[1]
こんな感じに。

え?伴奏者??
なんて思うような隅っこにピアノは置かれました。

ピアノが主役のはずなのに、、


ピアニスト本人以外そんなことは気にせず、リハーサルが始まります。

協奏曲のリハーサルをやるときは、普通ならソリストとオーケストラとのバランスを見たり、お互いのタイミングを合わせたりするはずなのに、今回のオーケストラは子供ばかりなのでピアニストがいるのに、オーケストラのみの練習がメイン


ピアノが始まると先生が、「そこは大丈夫だから次に行こう。」
なんて言って、オーケストラが大事なところばかりの練習でした。


オーケストラができてないのは確かだけど、それなら先に別でもっと練習しとくべきだよな。

オーケストラは小学生くらいの子たちばかりなのに、先週の練習に半分くらいの人しか来なくて、今日のリハーサルだけに参加した人ばかりとか、みんなプロじゃん笑



そして本番。
ピアニストは素敵な演奏を聴かせてくれました!
ブラボー!!

ここからまたおかしなことが起こります。


ピアニストが一回お辞儀して、そのまま客席に降ります。

そして、指揮者の先生はオーケストラにお辞儀させ、ファゴットのちっちゃな男の子を指揮者の隣に呼んで大きな拍手をもらいます。

ファゴットは目立つのに良く頑張ったねって。

ピアニストは客席から拍手。
それでコンサート終了。


え!!ソリスト呼ばないの?
普通ならソリストを呼んでもう一回拍手もらうでしょ!
ピアノ協奏曲なんだから、主役はピアニスト。

まさかのファゴットコンサートになって終わりました。


指揮者の先生がちょっと変わった人だったので、こんなコンサートになりました。

まあ、子供の親たちが喜んだから良かったのかな、、



こちらもどうぞ
☆素敵なホールで室内楽のコンサート♪
☆学校で行われたセレモニーで演奏♪
☆学内コンサート♪
☆楽器始めたてのちっちゃい子から、親も先生も、学長まで参加しちゃったコンサート

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


プロフィール

YukihaCL

Author:YukihaCL
2015年9月からフランスで音楽留学してます。
趣味は旅行!
フランスでの生活、文化など現地からの情報を少しでもお伝えできたらと思います。

最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリー
お客様
検索
リンク