ロンドンのヘンデル博物館

バロック音楽の重要な作曲家ヘンデル。
彼はドイツで生まれ、イギリスに帰化し亡くなるまでロンドンで暮らしました。

そんな彼が住んでいた家が、博物館としてロンドンに残っているんです♪

IMG_4620.jpg
こちらがその博物館で、ヘンデルが住んでいた家です。
家の表にはプレートがありますが、入るのは裏側の入口からになっています。


IMG_4621.jpg
ヘンデルは1723年から亡くなる1759年までの間、ここに住んでいました。
ここで『水上の音楽』、『メサイア』などの名曲が誕生しました。


この博物館はHandel & Hendrix in London(ヘンデル&ヘンドリックス博物館)といいい、18世紀の大作曲家ヘンデルが住んでいた家の隣に、後にアメリカのギタリスト、ジミ・ヘンドリクスも住むことになります。

時代を超えて、こんなに近くに2人の偉大なミュージシャンが暮らしていたのですね。


ヘンデルの家とジミ・ヘンドリクスの家、両方を見学することもできるのですが、時間がなかったのでこの時はヘンデルの家のみを見学しました。

日本語の解説をもらえるので安心!


IMG_4622.jpg
まずはオペラに関しての部屋があります。

ヘンデルはオペラをたくさん書き、この時代のオペラを盛り上げました。
しかしオペラは最初のうちのみで、1741年の作品を最後に、その後はオラトリオを書くようになります。


そして音楽の部屋へ。

IMG_4626.jpg
壁には、大きなヘンデルの肖像画を始め、彼に深く関わった人々の肖像画がが掛けられています。


IMG_4624.jpg

ヘンデルはオペラとオラトリオのシーズン開始前に、この部屋に出演者を集めて、少人数の友人やパトロンを招待し、リハーサルをさせました。
彼はドイツ語、イタリア語、フランス語、英語が喋れたようで、リハーサルではさまざまな国の言葉が使われたのだそうです。


IMG_4627.jpg


IMG_4628.jpg
この部屋では現在も、ヘンデルがやっていたように定期的にバロックのコンサートを行っているそうです。


最後は寝室へ。

IMG_4632.jpg
こちらがヘンデルが寝ていたベッドなのですが、大人が寝るには小さすぎる!

これはなぜかというと、ヘンデルは座って寝ていたから。

18世紀の人々は消化に良いと信じて座って寝ており、特にヘンデルは美食家で大食漢であったので、医師からそうするよう勧められていたのだそうです。

IMG_4634.jpg
生涯独身で一人でいることが好きだったヘンデルにとって、寝室は引きこもるための大事な場所で、この部屋で入浴をしたり用を足したりもしていました。

IMG_4633.jpg

ヘンデルはこの家を、作曲活動、リハーサル、演奏活動、教えることに使っていて、音楽活動で大忙しな生活を送っていました。



見学をしていると、博物館の人が声を掛けてくれて、質問はないかと聞いてくれました。
いろいろな話を聞かせてくれるので、質問を用意していくと良いかもです!


ヘンデルが生活していたころを感じることができるこの博物館。
興味がある方は是非行ってみてください(* ´ ▽ ` *)


Handel & Hendrix in London
住所→ 25 Brook St, Mayfair, London W1K 4HB, Royaume-Uni
時間→月~土曜11:00~18:00、日曜休み


こちらもぞうぞ
☆パリに今も残る。作曲家のプレートのありかを探って
☆ショパンのパリ時代に思いをはせて~ショパンが住んだ家をたどる
☆『カルメン』が誕生したパリで、ビゼーゆかりの地をめぐる
☆『惑星』の作曲者ホルストの生家を訪れる。イギリスのチェルトナムへ
☆作曲家ダリウス・ミヨーが住んだ家とお墓を訪れて

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索