FC2ブログ

スリだ!!!

昨日の夜、日本食レストランでバイト中のことです。


入口に1番近いカウンターの席に、1組のカップル(おそらくパリ旅行中)が座って食べていました。

そこへ1人の男の人が入ってきて、ちょうどその2人の隣のカウンター席が1人分空いていたので、彼をその席へ案内しました。


その時間は店が込み始める時間で、わたしたちは料理を運んだりオーダーをとったり、どんどん入ってくるお客さんの相手をするのに精一杯。

少しして、さっき1人で来た男の人が席にいないことに気づきました。
あれ?トイレかな?

なんて思っていた次の瞬間。



キャア!!!!!

という声が。



その声は、先ほどカウンター席に座ったカップルの女の人からでした。

話を聞くと、椅子のしたのかごに入れていた女の人のバッグがないということでした。

わたしたちは最初は状況が読めませんでしたが、すぐに、あの隣に1人で座っていたあの男の人が盗んだんだなということがわかりました。


盗まれたのはシャネルのバッグ
中にはiPhone7が2つに、財布、パスポートが入っていたのだそうです。

そりゃ狙われるでしょ笑


女の人は泣き叫びます。
まあ、それだけ一気にとられたら泣き叫ぶよな、、


そのカップルは英語だったので、スタッフフランス語と英語ができる子が、状況を聞いて警察に連絡。


警察の話だと、なんと今日同じくらいの時間にこの店のすぐ前で、車の中の宝石が盗まれるという事件も起きていたそうなのです。
おそらく同一犯。

そういえば営業中に外がガヤガヤしてて、パトカーがたくさん停まってたなあ。


土曜日で人がごった返すオペラ近くは、やっぱり泥棒さんたちにとって良い獲物の狙い場所だったようですね。


実はこの店では過去に2回ほど、同じように入口の近くの席でスリがありました。

警察の人は
「スリっていうのは、まず店に入ってメニューで顔を隠しながら狙うことが多いから、そういう人には気をつけて。」

なんて言っていたようですが、接客で忙しい時間にそんなところまで見ていられない!っていうのが本音です。

ということで、自分のものは自分で守ってほしいですよね(> <)


パリでは日本人を狙ったスリが多く、駅の放送では「スリには気をつけましょう。」っていう放送だけ日本語も流れるし、トラムの窓に貼ってある「スリがあなたを狙っています。」なんて注意書きは、フランス語→英語→日本語の順で書いてあったりするほど日本人はスリに狙われやすいのです。


観光客が増えるこの季節は特に、スリにはお気をつけください!!

スポンサーサイト

コメント

Yozakura

日本人は矢張り「葱を背負った鴨」なのかも----
クラリネット奏者様
 この記事を拝見し、他でも見かけた「日本人在住者の犯罪被害報告記事」を思い出しました。
 その方は、フリーランス・ジャーナリストで、ドイツ在住の日本人男性。妻帯し、子供一人を設けてベルリン市内に居住されているそうです。
 で、彼のブログに拠れば、同氏は2016年5月に家族とベルリン市内へ買い物に出かけた最中に、なんと2度も「置き引き」に遭遇!何やかや鞄丸ごと、貴重品や金銭をゴッソリと盗まれたそうです。海外在住者のブログを更に検索すれば、犯罪被害の体験談なぞ、幾らでも発掘できるのやも知れません。

 上記の事件「パリ市内のレストランで発生した置き引き」とは、犯罪が発生した場所や状況も違いますが、その種のプロの特殊技能犯罪者から診れば「日本人とは、真に美味しい鴨葱だ。やり放題だ!」なのかも知れません。クラリネットさんに直接には被害が無くて、一先ずは良かったですね。私も気を付けます。
 お元気で。 

YukihaCL

Re: 日本人は矢張り「葱を背負った鴨」なのかも----
Yozakura様、コメントありがとうございます。
そうなのですね、ベルリンも大都市というだけあってスリなどの犯罪が多いのですね。

はい、ありがとうございます。
怖いですがこれからも気をつけたいと思います。

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索