FC2ブログ

チェコプラハのスメタナ博物館

チェコを代表する作曲家ベドルジハ・スメタナ
彼が作曲した名曲『わが祖国』は、彼の故郷であるチェコの歴史、風景などを描写した曲です。


そんな彼の祖国チェコのプラハにはスメタナ博物館があります。

この博物館は1926年「スメタナ協会」によって創立され、1928年に彼の遺品が買い上げられ、博物館にはたくさんのコレクションが並んでいるのだそうです。

そこを訪れた時のことを。


IMG_7207.jpg
この写真の右端にある建物がスメタナ博物館です。
モルダウ川のすぐそばにあります。



IMG_6909.jpg
入口から入るとスメタナの像が迎えてくれます。
入場料は学生だと1人30チェココルナで、日本円だと約150円というものすごい安さ!
さすがチェコだなあ。
受付では日本語の解説ももらえます!


IMG_6910.jpg
まずはスメタナの両親の肖像画。
この2人から大作曲家が生まれたのですね。


IMG_6929.jpg
部屋の中にはスメタナに関する資料がたっくさん!
スメタナの手紙や成績表、生徒たちに関するもの、コンサートのチラシや、曲目をメモしたものも。


IMG_6919.jpg
中には、スメタナの眼鏡や彼の妻カテジナのアクセサリーなどが飾られています。


IMG_6913.jpg
こんな風に、スメタナの生涯をパネルで年代ごとにまとめてあってとてもわかりやすい!


IMG_6916.jpg
この楽譜は『ルイサのポルカ』という曲で、スメタナの作品の完全な形で残っている中で一番古い曲です。
彼が従姉妹のルイサと恋愛関係になったときに、その情熱を表現した曲です。


IMG_6941.jpg
1874年3月27日、スメタナの5番目のオペラ『二人のやもめ』がプラハの仮劇場で初演されました。
この指揮棒は、舞台の後スメタナの支援者たちが彼に送ったものです。
とってもゴージャスな指揮棒でした。


IMG_6940.jpg
そしてこちらが、スメタナが実際に使っていたピアノです。
しっかりしたグランドピアノでした。



そして、この博物館の中で面白いのが、指揮者気分を味わえる場所があること!

IMG_6945.jpg
この指揮台には指揮棒が置いてあって、スメタナが作曲した作品の名前が書かれています。


IMG_6946.jpg
この指揮棒を持って譜面台の方に指揮棒を向けると、スメタナの曲が流れるのです!

スメタナの聴きたい曲が聴けるし、他の見学者もそれを聴きながら見学することができるようになっています。



こんな感じでこのスメタナ博物館には、スメタナに関するものがとてもたくさん置いてあって、スメタナが生きていたころを感じることができます。
国を代表する作曲家として、チェコ国民は彼を大事にしているのですね(^-^)


スメタナ博物館(Musée Bedřich Smetana)
住所→ Novotného lávka 201/1, 110 00 Staré Město, Tchéquie
開館時間→水~月曜10:00~17:00、火曜休み


こちらもどうぞ
☆変わり者の天才フランス作曲家、サティが住んでいたアルクイユの家へ
☆作曲家ダリウス・ミヨーが住んだ家とお墓を訪れて
☆ラヴェルが『ボレロ』を書いた家♪モンフォール=ラモーリーのラヴェル博物館
☆今も受け継がれるヴェルディの情熱。ミラノの音楽家憩いの家
☆『カルメン』が誕生したパリで、ビゼーゆかりの地をめぐる
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索