FC2ブログ

パリで伝説が残る通り『釣りをするネコ通り』

IMG_3494.jpg
ノートルダム大聖堂の近くに、とっても狭くて暗い通りがあります。
この通りの名前はRue du chat qui pêche
日本語だと『釣りをするネコ通り』と言います。

ここは昔からの伝説が残る通りなんです!

その伝説とは、、


昔々、錬金術師と呼ばれた人がここに住んでいて、彼はネコを飼っていました。
そのネコはセーヌ川で釣りをしていたのだそうです。

人々は、「釣りをするネコなんて悪魔に違いない!」と言って、そのネコをセーヌ川に沈めてしまいます。
するとそのネコを飼っていた錬金術師も亡くなってしまったのだそうです。



伝説なので、少しずつ違ったいろんな話があるそうですがこんな感じの話です。


ではなぜそんな伝説ができたのかというと、
フランス語のことわざにAller voir pêcher les chats(簡単に騙される)というのがあって、このことわざを看板にしたお店が昔この通りにありました。

すると、この通りについてのお話をいろいろな人が小説に書くようになり、そこから伝説が作られていったのだそうです。


この辺りは観光客でにぎわっているのに、この通りだけ暗くて人が全然通っていなくて、不思議な感じでした。
作り話だとしても、色々考えながら通りを通ってみるのは面白いですよね!

釣りをするネコ通り
住所→Rue du chat qui pêche 75005 paris
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索