フランスの家庭のクリスマスツリーって?

11月ももう後半。
ヨーロッパの大イベント、クリスマスが近づいてきました!


日本ではどちらかというと、クリスマスよりお正月の方が大事にされますよね?
でもヨーロッパでは、もちろん宗教の関係もあってクリスマスは盛大に祝われます!

そんな盛大なクリスマスの模様はこれからクリスマスにかけて少しずつ書いていくことにして、今日は家にクリスマスツリーを飾ったのでそのお話を。





フランスの家庭では、みんな家にクリスマスツリーを飾るのは普通だそうです。
そして、クリスマスプレゼントはみんなツリーの下に
クリスマスの朝起きたら家族全員分のプレゼントがツリー下にあるんだそうです。

日本だとサンタクロースは枕元にプレゼントを置いていくっていうのが多いんじゃないですかね?




ツリーは本物の木を買って飾る家も多いそうで、クリスマスが近づくと色々なところでツリー用の木を売っているのを見かけます。
本物の木はだんだん木のくずが落ちてきてしまうので、下に新聞紙などをひいてから飾るそうです。


フランス人の子たちは、自分の家のツリーを写真にとって、

「ほらっ、今年のうちのツリーはこれだよ!きれいでしょ!」とか、
「この飾りは僕のお母さんの手作りなんだあ」とか
言っているのをたくさん聞きます。




うちのクリスマスツリー
去年買った、うちのクリスマスツリー☆
この木は作り物ですが、部屋のサイズにはぴったりな大きさです。

白いボールの飾りは、クリスマスに雪が降ったらいいねってことで白いものに。
パリではめったに雪が降ることがないので、ホワイトクリスマスにはなかなかなりませんが。



クリスマスに向けて来週くらいからMarché de Noël(クリスマスマーケット)が始まるので、そちらもまた載せていきます!


こちらもどうぞ
☆お昼のクリスマスマーケット
☆大人も楽しいCalendrier de l'Avent!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索