意味不明な請求

先日一通の手紙が届きました。

そこには、
「あなたの家にはテレビがあるので138ユーロ、たくさんお給料をもらっているので307ユーロ、合計445ユーロを納めなさい。」
と書いてありました。


???


まず、わたしの家にはテレビはない。
つなぐためのケーブルの穴さえないんだから見ることなんてできないし。

そして給料は、わたしは学生ビザなんだから月に600ユーロまでしか働けないしそんなにたくさん稼げるわけがない。



意味わからん、、

それで抗議をするためにCentre des finances publiquesという、お金に関する役所のようなところに行ってきました。



メトロ6番と8番のDaumesnilから歩いて10分くらいのところ。
Centre des finances publiques

Centre des finances publiques の時間
午後は13時からだと思っていたのですが、プレートを見たら13時半からでした。
13時5分過ぎくらいに着いたらもう2.3人待っていました。




入口が開いたのが13時35分。
こういうちゃんとした役所でも時間通りには始まらないところがフランス。


中には、2つカウンターがあって順番に話を聞いてくれます。
お金の話ばかりなので一人一人が長い!



壁には色々注意書きが貼ってあるのですが、その中で
「殴ってはいけません」
ってのがありました。

お金の話になると、思うようにいかなくて殴ってしまう人もいるのかあ、、
怖いわ~




わたしは3番目だったのですぐに順番がきました。
一緒にきてくれたフランス人がフランス語で事情を説明してくれます。


テレビがない件は、紙に名前や住所などを書いてサインしたらすぐ終わり。
給料の件は、真っ白な紙を渡されて、これに給料はそんなにもらってないですっていう手紙をここで書きなさいって。


手紙を書く?

よくわからないけど、フランス人が丁寧なフランス語で書いてくれました。
今回は一緒に来てくれたから良かったけど、もしわたしひとりだったら今すぐ手紙をフランス語で書けとか絶対無理だった、、


その手紙を渡したら終了!!!
今度、家に支払額0ユーロっていう手紙が届くそうです。
良かったあ(-∀-)


Centre des finances publiques の中
たまたま早めに着いたから30分くらいで終われたけど、すごい行列ができてたので、もしちょっとでも遅かったらものすごい時間がかかるところでした。



トイレが道路に
帰り道、道路にトイレが落ちていました。
あー今日もフランスを感じます。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索