パリ管のコンサート♪

Orchestre de Paris(パリ管弦楽団)のコンサートに行ってきました!

パリ管はフランスの中でもトップのオーケストラです。
最近コンサートに行けなかったから久しぶりに聴けて嬉しい!



今日のプログラムは、エドワード・エルガー作曲の『ゲロンティアスの夢』
休憩なしで2時間弱の演奏です。


チケットはもちろん当日券を買いました。
早めに行って、残って安くなった席を狙うんです。
貧乏学生がコンサートを聴くにはこうするしかない笑



開演は20:30。
わたしは会場に18:50に到着。
すでに7人が列をつくって待っていました。

入口が開くまでドアの前で待ちます。
今日はドアを開けるのに時間がかかり19:30に開きました。


中に入ってセキュリティチェックを受けて、また列をつくってチケットを順番に購入します。

いくらのチケットが何枚残っているかは日によって違います。
なので、時には高いチケットしか残っていなくて値段を聞いてあきらめて帰ることも、、


IMG_8928[1]
今日は10ユーロでゲット!!!
前から6番目の席。

IMG_8927[1]
入口のラックに置いてある、1年間のコンサートプログラムです。
これを常にチェックしてコンサートに行っています。


IMG_8925[1]
ホールに入れるのは開演の30分前。
それまではロビーで待ちます。



IMG_8931[1]
今日の舞台は紫色の照明!
上にあるオルガンのパイプがきれいに照らされています。


IMG_8937[1]
今日のプログラムです。
指揮者はDaniel HARDING。



今日のクラリネット1番はパスカル・モラゲスでした。
パスカル・モラゲスは8歳でクラリネットを始め、18歳でパリ管のスーパーソリストに任命された天才クラリネッティスト!!

歌の間に聞こえてくるクラリネットの美しすぎる音ときたら、もうなんていうか、すごすぎる、、、
この音を忘れないように明日からも練習頑張らなくては!



IMG_8945[1]

IMG_8943[1]
ソリストも歌もオーケストラもみんなキラキラしてて素敵でした☆


聴きにきて良かったあ(* ´ ▽ ` *)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索