凍えながら始まったクリスマスイヴ

コルマールで楽しい時間を過ごして、パリに帰ろうとしたら帰りのバスがキャンセルに!!


コルマールでの楽しかった思い出はこちらから↓
まるでおとぎの国!コルマールとリクヴィルへ



パリへ行く終電もない。
ホテルに泊まれるようなお金もない。


うわああ、どうしよう??



そんな時わたしたちが考えたのは。

まず、今日最後の電車に乗りました。
9ユーロで近くのMulhouseという街に行きます。


0:20Mulhouse到着。
パリ行きの始発は5:22。

Mulhouseで5時間待ちです。
この方法が一番安くて早くパリに帰れる手段でした。


まあ、5時間なんてすぐでしょ!その辺ふらふら歩いて時間つぶせばいいんだから♪
なあんて、このときは思っていました。



駅は0:30〜4:00は閉まってしまうので、夜道を歩いて時間がたつのを待ちました。


夜のMulhouseを観光。
IMG_9395[1]
大聖堂に観覧車。


IMG_9392[1]
クリスマスマーケットをやった後で、テントの中では打ち上げパーティーが開かれていました。


道をウロウロしていると、たまに酔っ払いの叫び声が聞こえたり、若い子たちが騒ぎながら歩いていたり、ポリスが横を通ったり。

わたしたちは凍えながら、同じ道を何度も歩き回りました。街が小さいので、見るものもそんなになくて。
こういうときは全然時間がたたないもので、数分おきに時計を見て、、



1時間が過ぎたあたりで、
もう寒すぎてどこでもいいから入りたい!!ってなって、ネットで開いてるお店を調べました。

しかしバーはどこも1:30まで。3:00まで開いてるのはクラブだけ。

ああー、日本だったらコンビニでもカラオケでも満喫でも、24時間開いてるところなんていくらでもあるのに、、



もうすぐ閉まるっていうアラブ人がやってるお店を見つけて、コーヒーを1杯ずつ買ってカイロ代わりにしました。



寒い寒い寒い。。。
眠い眠い眠い。。。



凍えながら何とか耐えて4:00!
すぐに駅に入り込みました。

駅の中はホームレスばっかり。
充電マシーンをこいで携帯に電気をためます。


そして電車に乗れたときの幸せさといったら!!
温かい!寝れる!!!

TERという普通の電車で1人42ユーロで4時間半かけて帰りました。
無事にパリに着いたときはほっとしました。



いろいろあって始まったクリスマスイヴでしたが、夜はお家でちゃんとお祝いできました。

IMG_9482[1]

IMG_9481[1]

ブッシュ・ド・ノエルを作って、フォアグラにサーモンに、コルマールで買ったソーセージを食べながらキラキラ光るツリーを見て。


家でお祝いできるのってなんて幸せなんだあ!!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索