FC2ブログ

公現祭の日に食べるガレットデロワ

今日1月6日は公現祭
フランスではépiphanie(エピファニー)と言われます。

公現祭とは、東方の三博士がキリストを礼拝したことを祝う日。
クリスマスから数えて12日目の1月6日とする宗派と、1月の第一日曜日とする宗派があるそうです。


この日にフランスでは、フェーヴという小さな人形が隠されたガレットデロワを食べます。

フェーヴが当たった人はその一年幸福に過ごせるといわれています。
そして王冠をかぶり王(女王)となり、女王(王)を指名します。


そんな楽しくておいしいガレットデロワ。
この時期はパン屋さんやスーパーなど、いたるところで売られています。

大きさもいろいろあって、一緒にやる人数によって決めます。
もちろん一人用もあります。


IMG_9791[1]
今年は Eric Kayser(エリック・カイザー)で小さめのガレットデロワを購入。
Eric Kayserはパリでも人気のパン、ケーキ屋さんです。

これで4人用くらい。19ユーロでした。
王冠もちゃんとついてる♪


IMG_4138.jpg
中に入っていたフェーヴはこんなかわいいい!

IMG_4139.jpg
裏はEric Kayserのマーク。


このかわいいフェーヴを集めたくて、この時期にガレットデロワをたくさん食べる人もいるんだとか。



IMG_9964[1]
ちなみにこの写真の上の段にあるのが南フランスのガレットデロワ。ブリオッシュデロワとも呼ばれます。
地方によってだいぶ違うのですね。

IMG_9966[1]
小さいのを食べてみました。

中に干しブドウが入っていて、上にのってるカラフルなのはりんごかな。
ブリオッシュデロワは、カラフルにドライフルーツが飾られるのです。


ガレットデロワはめちゃおしいくて大好き!
この時期の食べすぎには注意ですね笑


こちらもどうぞ
☆フランスでクレープを食べる日!2月2日はla Chandeleur(シャンドルール)
☆ピカルディー名物【ガトーバチュ】を知っていますか?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索