FC2ブログ

フランスの風がホールに響く!レ・ヴァン・フランセのコンサート

レ・ヴァン・フランセ(Les vents français)のコンサートを聴きに、シャンゼリゼ劇場へ。

レ・ヴァン・フランセはフランスの各楽器のスターたちが集まったグループです。

フルートEmmanuel Pahud
オーボエFrançois Leleux
クラリネットPaul Meyer
バソンGilbert Audin
ホルンRadovan Vlatković

いつもはここにピアノのEric Le Sage が入るのですが今日はピアノなしの木管五重奏でした。


スターたちはそれぞれ忙しいのでなかなかコンサートはありません。
なので今日は久しぶりにその演奏を聴けるのが楽しみすぎて♪

レ・ヴァン・フランセは日本でももちろん大人気で、前に名古屋でコンサートがあったときはチケットはすぐ売り切れてしまいました。

でもパリでは、当日でもまだ席が余ってる!こういう時、フランスに来て良かったなあと思います。


IMG_9832[1]
シャンゼリゼ劇場は、高級ブランド店や5つ星ホテルに囲まれた場所にあります。


IMG_9835[1]
開演の15分前に中に入るともうすでにたくさんの人が座っています。今日は自由席。



今日のプログラムです。

IMG_0504.jpg

スターたちが登場すると、大きな拍手で迎えられます。
演奏が始まるともうそのすごさにうっとり、、
神の音に聞きほれてしまいます。

まだ1曲目の1楽章が終わったところなのに、もうすでに大拍手とともにブラボーが叫ばれます。


本当にすごすぎる!!!
同じ楽器を吹いているとは思えないな。


そして驚いたのが、フルートのEmmanuel PahudはiPadで楽譜を見てる
足元にボタンがあって、それを踏むとページがめくれるようです。

時代は進化してるなあ。



気づいたらため息が出てしまうすごさ。
ああ、、聴きにきて良かったなあ



IMG_9837[1]
6曲全部終わると、割れんばかりの拍手。
何度も舞台に呼び戻され、アンコールとして1曲目に演奏したイベールの1楽章を演奏しました。


IMG_9839[1]
ロビーではCDの販売が行われ、サイン会の準備がされていました。
スターたちは大変だあ。

わたしはサインにはあまり興味がないのでそのまま帰りました。




のんびり過ごしていたヴァカンスも今日でおしまい。明日から学校だあ!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YukihaCL

2015年9月からフランス音楽留学をしています。
趣味は旅行!ヨーロッパにある作曲家ゆかりの地巡りもしています。

フランスでの生活、文化など、現地からの情報をお伝えしていきたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


検索