学校始まりました!

2週間のヴァカンスが終わり学校再開!

すぐにレッスンが始まります。
12日に試験があるので、そのために今は2曲を練習しています。


IMG_2482.jpg
そのうちの1曲、フランソワ・ドヴィエンヌ(François Devienne)作曲の『クラリネットソナタ1番』の1楽章をレッスンしてもらいました。

ドヴィエンヌは18世紀のフランスの作曲家で、パリ音楽院のフルート教授でした。
フルート専門でしたが他の木管楽器も演奏できたようで、彼の作曲した作品はほとんどが管楽器のための作品でした。

フルート協奏曲は10曲も書いたようで、フルートが羨ましいですね。


このクラリネットソナタは、とってもシンプルできれいな曲です。
シンプルなので逆にボロもでやすく、きれいに演奏するのはとても難しく、コンクールでもよく課題曲となる曲です。


さあ、レッスン開始!
この日のレッスンはまず全体を演奏して、その後でめちゃゆっくりのテンポで細かいニュアンスを確認しながらやるというもの。

ゆっくりのテンポでやると、早いテンポではできていたように思えたことが本当はできていなくて、そんなところが本番に緊張するとできなくなってしまう、、


今日言われたことは、スタッカート(短い音)をゆっくり演奏した時にどうしても口が動いてしまって音色が変わってしまうのがわたしのいけないところ。
次回までには直せるよう頑張ろう!




学校からの帰りは、すぐ近くのMeudon駅に着いた瞬間に電車が出発してしまい、次の電車はなんと40分後!!
今日はストライキじゃないはずなのになんで??

IMG_1989[1]
仕方なく、20分ほど歩いたところにあるトラムのMeudon sur-Seine駅から満員のトラムに乗って帰りました。

電車内ではもめてる人がたくさんいるし、La Défense駅に着いたら何かの犯人が警察に取り押さえられて叫んでるし。


学校に通うだけで一苦労、、

前回のレッスンのお話はこちらから>>
<<次回のレッスンのお話はこちらから

先生が、マックのハンバーガーでお腹を壊しながらのレッスン

今日もまたストライキの日。
少し遠回りをして学校へ。

今日はレッスンの日だったので、早めに家を出てレッスン前に学校の練習室で練習していました。
ストライキのためなのか学校は静かでした。


すると、練習室のドアが開いてクラリネットの先生が入ってきました。

先生は、
「今日は僕、体調が悪いんだ。昨日マックを食べた後お腹が痛くなって、昨日はずっと痛くて一睡もできなかった。多分あのときのハンバーガーちゃんと焼けてなかったと思うんだよね。」

「今日は生徒1人も体調悪くてレッスン休みだから、今からレッスンを2時間やろう。」

びっくりしたあ、今日はレッスンなしとか言われるのかと思った。


ということで、先生がお腹をおさえながらのレッスンが始まりました。


今日のレッスンは5月の試験のための曲、トマジの『クラリネット協奏曲』のレッスンでした。
特にアーティキュレーションのつけ方を細かく教えてもらいました。
アクセントの付け具合や音の長さなど、2時間あったので少しずつ細かく。

やりたいことを実際に楽器で表現するのは本当に難しいなあ。

「練習はよく自分の音を聴きながら、ゆっくり細かくやってね。」と何度も言われました。



先生は時々すごく痛い波がくるようで、そのときは楽器に寄りかかってめちゃ痛そうにしていました。

しかも明日、先生がこの学校で教えた一番最初のお弟子さんがフランスにくるので、一緒にご飯を食べる約束をしているそうで、

「くそぉ、このままじゃ明日ご飯が食べられない。いたたた、、」
と残念がっていました。


フランスのマックには気をつけなきゃ。

前回のレッスンのお話はこちらから>>
<<次回のレッスンのお話はこちらから

クラリネットクラス発表会♪

今日は学校でクラリネットのクラス発表会。


わたしが演奏したのはショーソン作曲の『アンダンテとアレグロ』

14時半からピアノとの合わせリハーサルがありました。
本番のホールを使えたので、響きの確認やリード選びをします。


そして、本番前の16時半ごろ。
練習室で練習していると、先生にレッスンの部屋に呼ばれて、発表会の曲とは全然違う曲のレッスンが始まりました。
レッスンを受けた曲は、トマジ作曲の『クラリネット協奏曲』。

ああ~、ヴァカンス中にちょっとさらっといて良かったあ。



わたしは本番直前に練習しすぎると、本番に疲れて集中できなくなってしまうタイプなので、大体確認したら練習はやめてスーパーでおやつを買ってリフレッシュ!


今日は10人の生徒の発表会。
Olivier先生のクラスが半分に分かれて、残りの人たちは先週に同じように発表会がありました。

IMG_1211.jpg
子供の親たちも聴きにくるので、事務所の人がちゃんとプログラムを作ってくれるんです。


生徒は、本当に楽器を始めたての7、8歳くらいの子から、数年やっている中学生くらいの子、そして専門で勉強しているわたしたちの年齢まで。

先生が良いからか、始めたてでもちゃんと音が出てるし、ピアノとあわせて曲をしっかり吹けるようになっちゃってるんです。
すごいよなあ。そんな小さいころからクラリネットと出会って吹いているのが羨ましい!


わたしは3番目に演奏しました。、

先生はちっちゃい子たちが吹く前に、楽器を始めて何年目かをみんなに言うのですがわたしが吹く前は、
「さあ次の人は、楽器を初めて3年目かな?4年目だったかな?」

とか冗談を言ってきました。落ち込むなあ、、
残念ながら楽器を始めて15年目になります。

年をとるのは本当に早いよなあ。


今日も昨日に引き続き雪がちらついていてめちゃ寒い。本番は寒さのおかげで音程がだいぶ下がってしまいました。

おまけに、寒さで楽器のトーンホール(穴)に水がたまってしまって音がプルプルってなってしまって、、


もっともっと楽器をちゃんと温めてから吹くべきだったのに、それをやらなかったのが失敗の原因だよな。

そして音色が音によってだいぶ変わってしまったので、全部の音を同じ音色で出せるようになるのがこれからの課題です。



色々反省することははありますが、これで今月の本番は全部終了!
次は5月のコントロール(試験のようなもの)に向けて頑張らないと。

ドアで指を挟む、なんとなく重い一日

今日のレッスンは先週に引き続き、来週のは発表会のためのピアノ合わせでした。
今日は本番と同じ、Auditriumという学校内のホールを借りて練習。


今日は朝起きたときから体が重くて、布団に吸いつけられるような感じでした。
最近急に温かくなって、体調不良の人が多いからそれも関係あるのかな、、


今日はせっかくピアノとやらせてもらえたのに、体がだるくて思うように吹けなかったのがすごく残念。
来週こそは上手くできるといいな。



レッスンの後は室内楽の合わせだったはずが、ピアノの子を待っても全然来ません。

IMG_1384[1]
待ってる間に貸してもらった練習室は、こんな楽器庫みたいなところでした。

結局合わせはなしに。
まあ、しょうがないかあ。



そして、今日の夜は不注意でドアで指を挟みました
3本一気に!痛かった、、

その後もジンジンと痛みます。
せっかく留学してるのに、指を怪我なんかしてたら本当もったいないよな。

気をつけなきゃ。



今日はなんとなく重い一日でした。
早くいつも通りに戻らないと(><)


前回のレッスンのお話はこちらから>>
<<次回のレッスンのお話はこちらから

モーツァルトの『レクイエム』のオーケストラ練習

今日は17時半~20時で、オーケストラの練習でした。
本番は来週の土日で、教会でコンサートがあります。


IMG_1357[1]
曲は三大レクイエムと言われる、モーツァルト作曲の『レクイエム』

この曲を作っている途中にモーツァルトは亡くなってしまったので、最後は弟子によって補筆完成されました。


1791年、苦しい生活を送っていたモーツァルトのところに見知らぬ男性が訪ねてきて、彼は匿名の依頼者からの『レクイエム』の作曲を依頼しました。
そして高額な報酬を一部払って帰っていきました。


このころモーツァルトは体調がどんどん悪化していたので、「彼は死の世界からの使者の依頼で自らのためにレクイエムを作曲していたのだ」という伝説が流れたそうです。

モーツァルトが完成させることができたのは第一曲だけで、第二曲、第三曲はほとんどはできていたもののモーツァルトはこの世を去ってしまいます。



ソプラノ・アルト・テノール・バスの独唱と合唱があって、楽器は弦楽器、バセットホルン2、ファゴット2、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ、オルガンという編成です。


バセットホルンという、普段使うB♭クラリネットより少し大きくて暗い音の出る楽器のために書かれているのですが、バセットホルンは学校にないので今回はB♭クラリネットを使っています。



バランスや吹き方などとても難しいですが、初めて演奏する機会をもらえてすごく勉強になっています!


指揮をしている学長は早口で、言っていることを聞き取るのは難しいけれど、この曲についてすごく大事なことを言っている気がします。

ああ、フランス語がもっとわかればいいのに、、なんてまた思いつつ、頭をフル回転させているつもりですがやっぱりちゃんと理解できない(;_;)



勉強しなきゃいけないことはまだまだたっっっくさんありますね。





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


プロフィール

YukihaCL

Author:YukihaCL
2015年9月からフランスで音楽留学してます。
趣味は旅行!
フランスでの生活、文化など現地からの情報を少しでもお伝えできたらと思います。

最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリー
お客様
検索
リンク