サティが生まれた家へ~オンフルールの素敵な港を見ながら

IMG_0480.jpg
オンフルールは、フランスのノルマンディー地方にある港町です。
観光地としても人気なこの素敵な町で生まれた作曲家といえば、、


エリック・サティ!!

サティは「音楽界の異端児」とも言われとても変わった人でしたが、自由な作風で数々の名曲を生み出しました。

後にドビュッシーやラヴェルなど印象主義の作曲家に影響を与えることになる、この偉大な作曲家が生まれた家を訪れてきました。


わたしがここを訪れたのは2016年。
この年はサティ生誕150周年だったのです!

IMG_0496.jpg
こんなに派手にお家が飾りつけられていました。



IMG_0494.jpg
反対側には傘をさしたサティ。
サティは傘のコレクターだったそうで、100本近く持っていたそうです。


中は博物館になっていて、チケットを買って入場します。
オーディオガイドをもらえて、サティの音楽を聴きながら見学できます。

IMG_0506.jpg
入口にあるのはサティの象徴でもある大きな梨。

サティは、当時ドビュッシーに「形式にこだわった作品を書きなさい」と忠告を受け、あの有名な《梨の形をした3つの小品》を書きました。
この「梨」には「まぬけ、うすのろ」という意味もあり、ドビュッシーに対して裏に皮肉の意味もこめて作ったそうです。


壁には、有名な作曲家たちがサティについて言った言葉が書いてあります。

IMG_0502.jpg
「サティは今の時代で道に迷った、中世の音楽家である。」ドビュッシー
「現代作曲家の3つのSはストラヴィンスキー、シェーンベルク、サティだ。」ミヨー


IMG_0503.jpg
「彼は賢い人だった。賢くて、わざと優しくしない。」ストラヴィンスキー


IMG_0504_20180427040526c03.jpg
「Esoterik Satie(一般人には理解できないサティ)」アルフォンス・アレ


IMG_0505.jpg
「サティが正しいかどうかは大事ではなくて、サティは不可欠な人だ。」ジョン・ケージ
「サティは、それぞれが自由に跡をつけられる真っ白な道を示した。」ジャン・コクトー




上へ上るとサティの部屋が。

IMG_0509_20180427040608a70.jpg

IMG_0510.jpg

IMG_0511.jpg
壁にはたくさんの絵が書かれ、仕掛けもたくさんありました。


サティの言葉。
IMG_0508.jpg
「部屋に机が13、ピアノが5台あるのは、同じパイプをいつも吸うと良くないように、いつも同じものを使うことは健康に悪く意味がないからだ。」サティ


IMG_0516.jpg
一番上の白い部屋に白いピアノが置いてあります。
自動演奏で音楽が流れます。


IMG_0521.jpg
こんなものが貼ってありました。

フルート→恐怖
ティンパニ→幻
アコーディオン→制圧
コントラバス→不安

何を意味しているんだろう?


IMG_0518_201804270406446af.jpg
自転車みたいにこいで動かすメリーゴーランドみたいなやつ。


IMG_0524.jpg
鍵盤を押すと、ボールが動く。



どれも不思議なものばかりで、理解できない世界。
当時サティがおかしな人なんて言われていた理由がわかった気がします。

でも、だからこそ誰にも真似できないような素敵な音楽を作り上げることができたんだろうなあ。


この家を訪ねてから、もっとサティのことが知りたくなってしまいました(*’U`*)
>>パリの郊外にある、サティが住んでいたアルクイユの家も訪ねてきました!



こちらもどうぞ
☆パリに今も残る。作曲家のプレートのありかを探って
☆ショパンのパリ時代に思いをはせて~ショパンが住んだ家をたどる
☆『カルメン』が誕生したパリで、ビゼーゆかりの地をめぐる
☆作曲家ダリウス・ミヨーが住んだ家とお墓を訪れて
☆ラヴェルが『ボレロ』を書いた家♪モンフォール=ラモーリーのラヴェル博物館

日本からの贈り物

日本から荷物が届きました。

送り主は、わたしが何年か前にクラリネットを教えていた人です。
この方は、学校の先生を定年退職された後すぐにクラリネットを始めました。

今は違う先生が教えているのですが、今もずっと楽しくクラリネットを続けていらっしゃいます。


そして、フランスで暮らしているわたしのために、半年に1回くらい日本のものを送ってくださるのです!
日本の食べものなど、フランスで買うと高いものを箱に詰めてくれます。


今回送ってくれた荷物の中身は、、


IMG_2577.jpg
こちら!!!

お茶漬けやのり、味噌汁、春雨、しじみの乾燥したものなど。

少し前に、
「欲しいものは?」と聞かれ、
わたしが「ごま!!」
と答えたので、ごまをたくさん入れてくださいました。

金、白、黒の3種類もあります。
しかも、ごますり器まで!!

ごまは何にでもかけられるし、日持ちするし、健康にも良いので、あると結構便利です。

フランスで買うと高くてなかなか買えないので、送ってもらえて良かった。



日本から海外への荷物は、送れないものも結構あるので、送る前に大丈夫なのか要確認です。

そして送るときは、中に入っているものの名前と、大体の値段を書き出さなくてはいけないなどと色々大変なようです。


荷物は途中で投げられたりするので、到着したときにはダンボールはボロボロ、、、

でも荷物が届いたときは、フランスまでよく無事に着いてくれたねっていう喜びと、開けるときのわくわくと。


さあ、今日はご飯と一緒に何を食べようかなあ( ^ω^ )



こちらもどうぞ
☆日本からフランスに持ってきて良かったものランキング

え、ピアノそこなの??

IMG_2116[1]
今日は音楽院で、吹奏楽とオーケストラの小さなコンサートでした。

今回わたしが参加したのはオーケストラで、曲はベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番1楽章。


オーケストラは子供と少しの先生が混ざっていて、ピアニストはこの学校の学生。

クラリネットが足りなかったので、わたしとフランス人の男の子が先生に頼まれて参加しました。



先週1回リハーサルして、今日の午後にリハーサルをしてから夜本番という感じでした。
>>先週のリハーサルの様子はこちらから

この音楽院のホールはそんなに大きくないのにどこにピアノを置くんだろう?と思いながら、舞台のセッティングが終わると、

IMG_2126[1]
こんな感じに。

え?伴奏者??
なんて思うような隅っこにピアノは置かれました。

ピアノが主役のはずなのに、、


ピアニスト本人以外そんなことは気にせず、リハーサルが始まります。

協奏曲のリハーサルをやるときは、普通ならソリストとオーケストラとのバランスを見たり、お互いのタイミングを合わせたりするはずなのに、今回のオーケストラは子供ばかりなのでピアニストがいるのに、オーケストラのみの練習がメイン


ピアノが始まると先生が、「そこは大丈夫だから次に行こう。」
なんて言って、オーケストラが大事なところばかりの練習でした。


オーケストラができてないのは確かだけど、それなら先に別でもっと練習しとくべきだよな。

オーケストラは小学生くらいの子たちばかりなのに、先週の練習に半分くらいの人しか来なくて、今日のリハーサルだけに参加した人ばかりとか、みんなプロじゃん笑



そして本番。
ピアニストは素敵な演奏を聴かせてくれました!
ブラボー!!

ここからまたおかしなことが起こります。


ピアニストが一回お辞儀して、そのまま客席に降ります。

そして、指揮者の先生はオーケストラにお辞儀させ、ファゴットのちっちゃな男の子を指揮者の隣に呼んで大きな拍手をもらいます。

ファゴットは目立つのに良く頑張ったねって。

ピアニストは客席から拍手。
それでコンサート終了。


え!!ソリスト呼ばないの?
普通ならソリストを呼んでもう一回拍手もらうでしょ!
ピアノ協奏曲なんだから、主役はピアニスト。

まさかのファゴットコンサートになって終わりました。


指揮者の先生がちょっと変わった人だったので、こんなコンサートになりました。

まあ、子供の親たちが喜んだから良かったのかな、、



こちらもどうぞ
☆素敵なホールで室内楽のコンサート♪
☆学校で行われたセレモニーで演奏♪
☆学内コンサート♪
☆楽器始めたてのちっちゃい子から、親も先生も、学長まで参加しちゃったコンサート

イチジク入りのチーズがおいしい

3ヶ月前にフランスに来た友達が、
「フランスに来て1番感動したことは、イチジク入りのチーズがおいしかったこと!」

なんて言っていたので、まだ食べたことがなかったイチジク入りのチーズを食べてみることに。


IMG_2547.jpg
こちらはイチジクとクルミが入ったチーズで、パンなどに塗って食べるタイプです。



IMG_2554.jpg
開けてみると中はこんな感じ。


これをパンに塗っていただきます!

お味の方は、、

ほんのり甘くて、なめらかなチーズとがクルミがとても良く合う!
そして、イチジクの種のプチプチした食感が口に広がるのがまた良いんです。

クリームチーズのようなので、日本人の口にも合うと思います。


IMG_2086[1]
スーパーにはこんな一口タイプのも売っています。



イチジクは昔から人々に愛され、メソポタミアではなんと6千年以上前から栽培されていたのだそうです。

そして古代ローマでは、メジャーな果物として食卓に並べられ、日本には江戸時代初期に長崎に伝来しました。


そんな歴史ある果物イチジク。
なかなかそのまま食べることは多くないですが、チーズに入っているととても食べやすい!

フランス人はチーズと一緒にフルーツを食べたり、ジャムをのせて食べることも多いので、チーズとイチジクが良く合うことはわかっているようですね(*’U`*)

試験後すぐのレッスン

クラリネットのレッスンを受けに学校へ。
この日はストライキで、RER A線は本数が少なくて満員電車に押し込まれます。

楽器のリュックが電車のドアにはさまれそうになるくらいギリギリでしたが、なんとか電車に乗り込めました。


IMG_2111[1]
エッフェル塔を横目に見ながら、学校まで歩きます。


2日前に試験が終わったばかりで、今日のレッスンまでに新しい曲を練習できる時間があまりなかったので、エチュード(練習曲)を2曲見てもらいました。

IMG_2560.jpg

小さい音でスタッカート(短い音)が続いたときに、響く音で吹くのがなかなかできなくて苦戦。


来週は月曜日が祝日でレッスンはお休みなので、次は2週間後。
2週間あるので、エチュードの課題がたくさんと、新しい曲を練習することになりました。


それにしても5月は祝日が多いよなあ、、


前回のレッスンのお話はこちらから>>
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



↑↑このブログを気に入ってくださったら、こちらから応援お願いします!


プロフィール

YukihaCL

Author:YukihaCL
2015年9月からフランスで音楽留学してます。
趣味は旅行!
フランスでの生活、文化など現地からの情報を少しでもお伝えできたらと思います。

最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリー
お客様
検索
リンク